【実は日本人もいる!】天才の集結するプリンストン高等研究所とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
プリンストン高等研究所とは?

科学を勉強している人なら、一回は聞いたことがあるプリンストン高等研究所。

実は日本人もいたことがあります。

では、プリンストン高等研究所とは一体なんなのか?

この記事では、プリンストン高等研究所について、詳しく解説します。

目次

プリンストン高等研究所とは?

プリンストン高等研究所 有名研究者

プリンストン高等研究所は、1930年代にニューアークデパートで成功した、ハンバーガー兄弟が設立。

アメリカのニュージャージー州プリンストン市にある研究所です。

  • 自然科学
  • 数学
  • 社会科学
  • 歴史学

上記の4部門が存在しています。

プリンストン高等研究所は、世界でもトップの研究機関だと言われています。

中心となっているのは、27名の教授陣で、いずれもかなりの頭の持ち主。

教授たちは、自分の受け持つ研究だけでなく、毎年各地から選ばれる190名の研究者たち選抜するもの仕事。

ちなみに、正式な名前は、プリンストン高等研究所で、学校ではなく研究機関です。

プリンストン高等研究所の目的は何?

プリンストン高等研究所の目的は、所長のエイブラハムが、こう言っています。

『研究所は自由でなければいけなく、研究者が研究に集中することのできる環境を作るべきであり、いかなる物からも圧力を受けず、研究者に学問の自由を与え学者の楽園の研究所を作ると。そして人間の知識の限界を超えてることを目指す。それをできる研究者を集めることを約束します。』

この目的をもとに行動していった結果、アインシュタインも在籍するようになりました。

現在では、最高峰の研究機関となっており、信頼と実績をあわせ持っていると言えるでしょう。

プリストン高等研究所に在籍した有名天才研究者たち

プリンストン高等研究所に在籍した有名天才研究所たちを紹介しましょう。

  • ロバート・オッペンハイマー
  • ジョン・フォイ・ノイマン
  • アルバート・アインシュタイン
  • クルト・ゲーテル
  • ホーマー・トンプソン
  • クリフォート・ギアツ
  • ヘルマン・ワイル

あなたも名前を聞いたことのある人物が、たくさんいたのではないでしょうか?

このように、超有名な研究者たちが在籍したのが、プリンストン高等研究所でした。

日本人の研究者もプリンストン高等研究所に存在

プリンストン高等研究所には、日本人の研究者も在籍していました。

これは、とても誇らしいことですね。

何人か紹介していきます。

  • 湯川秀樹:ノーベル賞受賞
  • 岩澤健吉:コール賞受賞
  • 伊藤清:ガウス賞受賞
  • 木下東一郎:サクライ賞
  • 中西襄:京都大学名誉教授
  • 楠川幸子:ケンブリッジ大学名誉教授

これほど多くの日本人が、プリンストン高等研究所に在籍していました。

まとめ:天才の集まるプリンストン高等研究所とは?日本人も存在!?

プリンストン高等研究所について解説しました。

天才たちの集結する研究所。

まさに人類の叡智が、そこにあると言っても過言ではないでしょう。

実は日本人も在籍していたのも誇らしいですね。

マオーのブログ - にほんブログ村
プリンストン高等研究所とは?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次