注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

NFTとは?仮想通貨から生まれたNFTの基本情報や仕組みなどを徹底解説!

NFT NFT 仮想通貨 

こんにちは、マオーです。

今回は【NFTとは?】についての疑問にお答えする記事になります

NFTは、代替不可能なトークンのことを意味します。

代替不可能なトークンというのは、唯一無二の価値を生み出せるトークンのことです。

この技術によって、

  • NFTアート
  • Twitterのツイート
  • 音声コンテンツ

などに所有権を付与することで、デジタルコンテンツに価値を与えることが可能になります。

この記事を読むと下記のことがわかります。

チェックポイント

「NFT」の基本情報

仕組みや特徴

リスクや問題点

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

NFTとは?(仮想通貨から生まれたNFT技術を解説)

NFT(Non-Fungible Token)とは、ブロックチェーン上に作られた代替不可能なトークンです。

※トークンとは?
トークンは法定通貨(日本円など)などの代わりとして、交換対象を限定した使われるデジタルマネーのこと。仮想通貨のプラットフォーム上で使われている。仮想通貨そのものを指すこともある。

仮想通貨のイーサリアムのブロックチェーン上で、主に発行されているのがほとんどです。

NFTは、代替不可能なトークンであるため、唯一無二の価値をもちます。

「代替不可能と可能なもののちがいがって何なのかよくわからない」

と思われた、あなたのためにビットコインを例にして解説しますね。

たとえば、あなたのもっている1ビットコインとわたしの1ビットコインは同等の価値があります。

同等の価値をもつビットコインは、あなたとわたしの間で交換が可能です。

交換することができるので、ビットコインは「代替可能」なものということになります。

一方で、「代替不可能」なものとは、世の中に同じものが存在しないモノと言うことです。

たとえば、サインが書かれた有名人の本は、この世にひとつしかありませんよね。

NFT技術は、デジタルデータに「この世にひとつしかないもの」という性質を与えることができます。

この技術は、「代替不可能」という性質を活かして下記のようなことに応用可能です。

  • 会員権
  • トレカ
  • デジタルアート
  • 音声配信データ
  • Twitterのツイート
  • 不動産の所有権証明
  • ゲーム内で独自の価値を持つキャラクター・アイテム

上記のように、さまざなことに活かせるので、世界中のあらゆるコンテンツのNFT化が期待されています。

NFTの仕組みや特徴って?

NFTの仕組みや特徴を、下記の3つから解説します。

チェックポイント

データに唯一無二の価値を与えることができる

Dapps(ブロックチェーン技術を用いたゲーム)でのアイテム移動を実現

NFTは誰でも作成可能

それぞれ詳しい見ていきましょう。

データに唯一無二の価値を与えることができる

NFTを使うことで、データに唯一無二の価値を与えることができます。

仮想通貨を作っているブロックチェーン技術を応用し、コピーできない代替不可能なデジタルアセットを作ることが可能です。

※デジタルアセットとは?英語
英語で財産・資産という意味。使用権のある文章やメディアすべてのアイテム、デジタル資産のこと。

NFTから作られたデジタルコンテンツは、それぞれを識別できる独自の価値をもちます。

たとえば、ネット上に存在するモナリザの画像はだれでもコピーできますよね?

しかし、この画像とNFTを結びつけることで、タダの画像データに価値をもたせることができます。

これによって、権利があいまいだったデジタルコンテンツに所有権が発生するのです。

デジタルコンテンツに価値が生まれることで、新しいビジネスチャンスができました。

現在、たくさんの企業がNFT市場に参加しています。

Dapps(ブロックチェーン技術を用いたゲーム)でのアイテム移動を実現

NFT技術と関連があるモノとして、「Dapps」があげられます。

Dapps(ダップスorディーアップス)は、分散型アプリケーションと呼ばれるモノです。

非中央集権化での、ゲームやサービスのことを指します。

ここでは、主にゲームアプリに焦点を当てた解説しますね。

DappsにNFT技術を絡ませることで、下記のようなことが実現できるのです。

  • アイテムの移動
  • キャラクター移動
  • コンテンツの移動

この技術を使えば、ある一つのゲーム内で使われていた「アイテムX」が、別のゲーム内も使用可能になります。

または、仮想通貨で取引も可能です。

1つのゲーム内での資産を、別ゲームに流用できるというのは、すごいことですよね。

ゲーム業界での素晴らしいイノベーションが起きるでしょう。

NFTは誰でも作成可能

NFTは、誰でも作成し市場にだすことができます。

「えっむずかしそうだし、作るのかムリでしょ?」

と思われたでしょう。

しかし、コンテンツのNFT化は技術的な知識がなくても可能です。

誰でもカンタンに作れるため、世界中であらゆるコンテンツがNFT化されています。

たとえば、

  • 音楽
  • トレカ
  • 電子書籍
  • Twitterのツイート
  • アートなどの絵画
  • ゲーム内のコンテンツ(アイテム、土地)

このようなコンテンツが、世界中で販売され、価格がどのようになるのか実験が行われています。

NFTのリスクや問題点は?

さまざま用途で期待されるNFTですが、問題やリスクもあります。

NFTの問題・リスクは、下記の3つです。

チェックポイント

著作権における問題

手数料代が高い(ガス代)

利用価値の持続性

それぞれ詳しく解説しますね。

著作権における問題

NFTでデジタルコンテンツを保有しても、著作権を保有することにはなりません。

著作権とブロックチェーン上での所有権は、まったく別物なのです。

今後、NFT業界でも問題になると言われています。

なぜなら、NFTでは自分がコンテンツの著作権をもっていなくても販売が可能なのです。

海外のNFTマーケットでは、著作権侵害をしていると思われるNFTコンテンツも流通しています。

手数料代が高い(ガス代)

NFTコンテンツは、ほとんどイーサリアムのブロックチェーン上で取引されています。

じつは、イーサリアムでは取引に発生する手数料(ガス代)が高くなっているのです。

※イーサリアム上の取引手数料はガス代とあらわされている。

イーサリアム上ベースでは負担がたかいでので、各プラットフォームが手数料を低くする方法を考えています。

たとえば、オフチェーンという仕組みを利用して、トランザクション手数料が発生しない形をとるプラットフォームがあります。

※トランザクションとは?
取引という意味。

今後、手数料が低くなることで、利用者も増える可能性があるので、期待したいですね。

利用価値の持続性

NFTには、所有権がのこったとしても、データが使い物にならなくなる可能性があります。

たてえば、ゲーム内でNFT化されたアイテムが販売されたとしましょう。

この時に、ブロックチェーン上にあるのはアイテムのアドレスとメタデータのみです。

アイテムのイラストやゲーム環境は、ゲーム会社のサーバ内に保管されています。

問題は、ゲームのサービスが停止したときに、アイテムが利用できなくなる可能性があるのです。

これでは、NFTの利用価値はなくなってしまいますね。

NFTコンテンツ販売の実例(TwitterのツイートやNFTアートなど)

NFT化されたコンテンツが売買された実例として、下記の2つがあります。

  • NFTアート
  • Twitterのツイート

NFTアートでは、デジタルアーティストのBeepleがNifty Gatewayで合計350万ドル(約3億7300万円)以上の売り上げを記録しました。

また、Twitterの共同創業者でCEOのJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は、最初のツイートNFTを291万ドル(約3億1500万円)で販売しました。

NFTによって、絵画だけでなくTwitterのツイートすらも販売できるのです。

デジタルコンテンツの多様化に今後も目が離せませんね。

NFTに関係する仮想通貨(国内の取引所で投資可能)

NFTに関係する仮想通貨を、主に国内の取引所で投資できる通貨にしぼってご紹介します。

NFT関連の仮想通貨は、下記の3つです。

  • イーサリアム
  • エンジンコイン
  • IOST(アイオーエスティー)

この3つはどれも、NFTに関係のある仮想通貨です。

今後のNFTの盛り上がりによって、価格の上昇が見込めるでしょう。

また、NFT関連銘柄に投資するなら、「コインチェック」がオススメです。

紹介した仮想通貨すべてを買うことができます。

\ コインチェックでNFT関連通貨を買う /

コインチェック

国内でNFTをはじめるならコインチェックがオススメ

国内で「NFT」をはじめるならコインチェックがオススメです。

コインチェックでは、2021年3月24日から「NFTマーケットβ版」はじまっています。

安全な国内取引所でかつ、本格的にNFTコンテンツが取引できるのがポイントですね。

コインチェックの口座をもっていれば、誰でも参加できるので、試してみてはいかがでしょうか?

コインチェックは金融庁にも認められている、安全な取引所なので、安心してNFTを使えますよ。

まとめ(NFTとは?)

NFTについての解説記事でした。

NFTは、デジタルコンテンツに所有権を付与できる画期的なサービスです。

デジタルアートやTwitterのツイートなど、さまざな用途に用いることができます。

今後の市場規模の拡大に期待が持てるサービスと言えるでしょう。

NFTだけでなく、関連する仮想通貨の値動きにも期待したいですね。

また、NFTに触れてみるなら国内だと「コインチェック」をオススメします。

下記からコインチェックの口座を5分で作れるので、この機会に登録してみてくださいね。

コインチェック

最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは、またね。

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
NFT 仮想通貨 
最新情報をチェックしよう!