注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

NFTアートとは?特徴や始め方を仕組みも含めて解説

NFT NFTアート 始め方 特徴

こんにちは、マオーです。

 
マオー
NFTアートって何?!詳しく教えて!
 
マオー
NFTアートを始めたいから始め方とか知りたい。

上記のことでお悩みの「あなたへ」むけて書きました。

NFTアートは、絵・イラストなどのデジタルコンテンツのアート作品を、NFT化させたモノです。

NFT化させたアート作品は、この世で唯一のモノとなります。

この世で唯一のモノとなったNFTアート作品は、資産的な価値を持ち、高額で売買されています。

すでに、

  • Twitterのツイートが数億円で落札
  • 8歳の夏休み作品が「約240万円」で落札

ということまで起きました。

NFT市場は、これからもさらに伸びることは間違いないでしょう。

この記事では、NFTアートについて知りたいあなたへ向けて、詳しく解説します。

目次
コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

NFTアートとは?

NFTアートとは、デジタルデータの絵・イラスト(アート)と「NFT技術」を掛け合わせモノです。

NFTとは?
NFTは、非代替トークンを意味する。デジタルデータに唯一無二の価値を与える技術。たとえば、イチローのサイン色紙に唯一無二の価値があるように、データにイチローのサイン色紙と同じの価値を与えられる。ブロックチェーン技術を用いて改ざん不可能な仕組みを実現している。NFTの詳しい解説はこちら➡NFTとは?

NFT技術は、デジタルデータに付与することで、データに唯一無二の価値を与えることができます。

今まで、ネット上に公開された「アート作品」は、コピーがいくらでも可能であるという問題がありました。

しかし、デジタルデータのアート作品に、NFT技術を掛け合わせることで、この問題は解決されます。

NFTによって、データ上に存在する「絵(アート)」に、この世に一つしかない権利性を持たらしたのです。

つまり、NFTアートとは、現実の世界の「モナ・リザ」の同じような、「この世に一つしかないデジタルデータのアート作品」を意味します。

もっとカンタンに言えば、NFTアート=NFTと考えてもらって大丈夫です。

次の項から、さらに詳しくNFTアートについて解説します。

NFTアートの特徴

NFTアートの特報は、下記7つの特徴があります。

  • 投資的な価値を保有している
  • NFTアートは誰でも作成できる
  • NFTから生まれたデジタルアート
  • 買うためには公式マーケットに登録が必要
  • NFTアート内にいろんな情報を記録できる
  • NFT化したデジタルアートは改ざん不可能
  • データ上の絵に唯一無二の価値を証明可能

それぞれ詳しく見ていきましょう。

投資的な価値を保有している

NFTアートには、投資的な価値があります。

なぜなら、NFT化させたことで、唯一無二の価値を持つからです。

たとえば、最古のNFTとも呼ばれる「クリプト・パンクス」は、日本円で「3000万円以上」の価値を持ちます。

他にも様々なNFTアート作品で、

  • 高額で売買
  • 公開後に価値が上昇していく
  • 買った作品を二次転売したら買った値段よりも高額で売れた

という現象が起きています。

上記のことから、NFTアートには「株・仮想通貨」のような投資的価値を持つと言えます。

NFTアートは誰でも作成できる

NFTアートは、誰でも作成できます。

今までのデジタルデータ作品の作り方と、ほぼ同じ方法で作れるからです。

「Photoshop」などを使えば、わたしでもあなたでも、誰でもNFTアートを作れます。

最終的に、デジタルデータを公式マーケットからNFT化させて公開すれば、NFTアートの出来上がりです。

NFTから生まれたデジタルアート

NFTアートは、NFT技術から生まれたデジタルアートです。

今まで、ネット上に公開されていた「絵(アート)」の権利性を、証明することは難しい状況でした。

しかし、NFT技術をデジタルコンテンツに付与することで、データに権利性を与えるようになります。

そこから生まれたのが「NFTアート」です。

権利性のなかった「絵(アート)」にNFT技術を付与し、唯一無二の価値を持たせることに成功しました。

これによって、従来のデジタルデータとNFT技術が書け合わさった、「NFTアート」が生まれました。

買うためには公式マーケットに登録が必要

NFTアートを買うには、さまざなNFTが売買されている公式マーケットの登録への必要です。

基本的にNFTアートは、公式マーケットで売買されています。

そのため、NFTアートを手に入れるために、公式マーケットへの登録がいるのです。

もっとも有名なのが、「OpenSea」ですね。

また、NFTの公式マーケットは、NFTアートだけでなく、さまざまな種類のNFTが売買されています。

NFTアートのデータ上にいろんな情報を記録できる

NFTアートは、そのデータ上に色んな情報を記録できます。

これは、ブロックチェーン技術が使われているからです。

ブロックチェーン技術とは?
仮想通貨から生まれた技術。取引履歴のデータを1個のブロックごとに暗号技術をほどこして記録し、前と後ろのブロックを、それぞれ1本の鎖(チェーン)のようにつなげて、データを保管する技術。つまり、ブロックチェーンとは情報の入ったブロックを複数連結したモノを意味する。注目すべきは、データの改ざんなどハッキングに対する強固さ。あるブロックを改ざんするために、その他のブロックも改ざんする必要のあるシステムのため、「事実上ハッキング不可能」になっている。

ブロックチェーン技術を使うことで、さまざな情報を付け加えられます。

たとえば、

  • NFTアートの作成を記録し作品が本物だと証明
  • NFTアート購入者を記録し所有権を明確にする

などです。

上記の情報は、ブロックチェーン技術によって、不正や改ざんができません。

NFT化したデジタルアートは改ざん不可能

NFTアートは、改ざんできません。

なぜなら、先述した「ブロックチェーン技術」を使用しているからです。

ブロックチェーン技術により、取引履歴が全て管理されています。

これによって、不正な改ざんをカンタンに見つけられえるのです。

データ上の絵(アート)に唯一無二の価値を証明可能

NFTアートは、データ上に存在している絵(アート)です。

このアートに、唯一無二の価値を、証明できます。

ブロックチェーン技術によって、唯一無二の価値を証明するプログラムが、組まれているからです。

NFTアートはデータですが、ブロックチェーン上に作られることで、コピー不可能となります。

これによって、データ上の絵(アート)に唯一無二の価値を証明できるのです。

NFTアートの例をご紹介

NFTアートの例を、下記3つご紹介します.。

  • 香取慎吾さんのNFTアートチャリティープロジェクト
  • Beepleのデジタルアート作品
  • クリプトパンクスのピクセルアート

それぞれ詳しく見ていきましょう。

香取慎吾さんのNFTアートチャリティープロジェクト

「元SMAP」の香取慎吾さんは、2021年9月6日にNFTアートのプロジェクトを発表しました。

「香取慎吾NFTアートチャリティープロジェクト」というモノです。

これは、

  • 参加費3900円
  • 参加者へ「i enjoy!」をテーマにしたNFTアートを付与

というプロジェクトです。

プロジェクト開始「1日」で、参加者「1万人」という数字を達成しています。

香取慎吾さんほどの有名人がNFTアートプロジェクトを行ったことで、日本の中のNFTに関する知名度が上昇したと言えるでしょう。

Beepleのデジタルアート作品

Beeple(ビープル)のNFTアートは、海外だけでなく日本でも有名です。

とくに有名なのが「Everydays-The First 5000 Days」になります。

作品はスケッチを集めてコラージュしたものです。

2021年3月11日に開催されてオークションで、「約6900万ドル(約75億円)」で落札されました。

NFTアート作品の史上最高額として有名です。

クリプトパンクスのピクセルアート

クリプトパンクスは、最古のNFTアートも呼ばれています。

「Matt Hall氏」と「John Watkinson氏」が設立した、「Larva Labs」から生まれました。

特徴は、

  • 限定10000万点のみの販売
  • 24×24のピクセルのデジタルキャラクター

です。

それぞれのキャラクターは、ユニークなデザインで作成され、同じモノは存在しません。

NFTアートを売買できるマーケット

NFTアートを、売買できる公式マーケット下記「4つ」ご紹介します。

  • OpenSea(オープンシー)
  • Rarible(ラリブル)
  • コインチェックNFT「β版」
  • Adam By GMO

それぞれのカンタンに、特徴を解説します。

OpenSea(オープンシー)

OpenSea(オープン・シー)は、世界最大のNFTの売買ができるマーケットです。

NFTアートの販売や買取をするなら、登録必須のプラットフォームと言えます。

海外のNFTマーケットのため日本対応はしていません。

日本人には少しだけ使いにくいですね。

と言ってもすでに日本人で、オープン・シーを使用してNFTアートを売買している方もいらっしゃいます。

たとえば、

  • 村上隆氏
  • せきぐちあいみ氏
  • イケハヤ氏

などです。

Rarible(ラリブル)

Rarible(ラリブル)は、先述した「Open Sea」に次いで有名なNFT公式マーケットです。

ラリブルの特徴として、「ユーザーインターフェース」がシンプルな点があげられます。

独自トークン(通貨)の「RARI」が使える点も特徴と一つですね。

ただし、NFTの売買に必要な手数料(ガス代)が、高い点に注意してましょう。

思わぬうちに高い手数料を取られていた!

なんてことも起きえます。

コインチェックNFT「β版」

コインチェックNFT「β版」は、日本の仮想通貨取引所「コインチェック」が運営するNFT公式マーケットです。

2021年3月24日にコインチェックから、同取引所であつかう仮想通貨と交換可能な、「コインチェックβ版」の提供を開始が発表されました。

国内でも数少ないNFTマーケットで、日本語対応しています。

日本語対応しているので、外国のNFTマーケットよりも使いやすいですね。

また、国内初のNFTマーケットということで、大きく注目されました。

Adam by GMO

Adam by GMOは、日本の大企業「GMOインターネット」が運営している、NFT公式マーケットです。

先述した「コインチェック」と同じく、国内のNFTマーケットですね。

Adam By GMOは、NFTアートを仮想通貨のイーサリアムと日本円のどちらでも買えます。

仮想通貨を用意しないと買えないNFTアートを、日本円で買えるのはうれしい特徴です。

NFTアートの販売・出品方法

NFTアートの出品方法は、

  • 出品するNFT公式マーケットを決める
  • 仮想通貨ウォレット(メタマスクなど)を作る
  • 仮想通貨取引所の口座開設&必要な仮想通貨(イーサリアムなど)を買う
  • 仮想通貨ウォレットにNFTアートの売買の手数料に必要な仮想通貨を入金
  • NFT公式マーケットと仮想通貨ウォレットを連携させる
  • NFT公式マーケットで出品するNFTアートの販売条件を決める
  • 出品する予定の自分のNFTアートを公式マーケットにアップロード\

上記の順番です。

仮想通貨ウォレットは、「メタマスク」をオススメします。

メタマスクに入金する仮想通貨は、NFT公式マーケットのOpenSeaなどに対応している「イーサリアム」です。

NFT公式マーケットがイーサリアムを使っている理由は、

「OpenSeaなどのNFT公式マーケットが、イーサリアムのブロックチェーン上で運営されいるため」

です。

※OpenSeaでは、仮想通貨の「Matic/ポリゴン」も使用可能。

仮想通貨を必要とする理由は、NFTアート作品の出品に「手数料(ガス代)」が掛かるからです。

仮想通貨取引所は「コインチェック」が使いやすいですね。

コインチェック等を用意しておけば、

  • 必要な仮想通貨(イーサリアムなど)を買う
  • NFTアートが売れたときにもらえる仮想通貨を換金可能

などの行為が可能になります。

NFTアートを買い方

NFTアートの買い方は、

  • NFT公式マーケットのアカウント作成
  • 仮想通貨ウォレット(メタマスクなど)を作成
  • NFT公式マーケットと仮想通貨ウォレットを連携
  • 仮想通貨ウォレットにNFTアートの売買に必要な仮想通貨(イーサリアムなど)を入金
  • 自分の欲しいNFTアートを購入

です。

NFT公式マーケットは、「OpenSea」などがオススメですね。

NFTアートの購入に必要な仮想通貨は、国内の仮想通貨取引所で用意しましょう。

注意点として、NFTアート購入の際に、「手数料(ガス代)」が必要になることがあります。

「ガス代は払ったらNFTアートが買えない」

ということも起こりえるので、注意しておきましょう。

NFTアートの購入に必要なのは仮想通貨?

結論から言って、NFTアートの購入には、仮想通貨が必要です。

これは、OpenSeaなどのNFT公式マーケットが、「イーサリアムなどのブロックチェーン上で運営されているから」と言えます。

イーサリアムのブロックチェーン上では、仮想通貨のイーサリアム(ETH)が通貨として機能しているのです。

「日本では日本円」「米国では米ドル」

というように、国ごとの決められた通貨がありますよね?

これと考え方は同じと言えます。

つまり、ネット上のイーサリアムという国では、ETHという決められた通貨が必要とイメージしてくださいね。

また、ほとんどのNFT公式マーケットでは、イーサリアム(ETH)が通貨として使用されています。

NFTアートの問題点・課題

NFTアートの問題点・課題は、下記3つです。

  • 法整備の進捗
  • NFTアートの販売で必要な手数料が高い
  • コピー商品の販売などの問題が起きている

それぞれ詳しく見ていきましょう。

法整備の進捗

NFTアートだけでなく、NFT業界自体の「法整備」が進んでいません。

なぜこのようなことが起きるかと言うと、サービスが世に出てきて間もないからです。

仮想通貨もそうでしたが、サービス開始初期は、どうしてもこのようなことが起きます。

現在、法整備が追い付いていないことを良いことに、「贋作」を転売する方もいるのです。

あきらかな著作権侵害作品もあるので、かなり問題になっています。

今後、法律の整備が行われていけば、問題の解決も進んで進んでいくでしょう。

NFTアートの販売などに必要な手数料が高い

NFTアートだけでなく、さまざまななNFT作品の出品には、ガス代と呼ばれる手数料がかかります。

この手数料が、めちゃくちゃ高いのです。

NFT作品を出品するだけで、「5000円」かかることもあります。

手数料が高くなる理由は、

  1. NFTマーケットはイーサリアムのブロックチェーンを使用している
  2. イーサリアムのブロックチェーン上では仮想通貨ETHが通貨になる
  3. イーサリアムは取引量が増加すると手数料も高くなる
  4. 今のところイーサリアムの取引量は膨大になっている
  5. イーサリアムを使っているNFTマーケットの手数料が高騰

です。

コピー商品の販売などの問題が起きている

NFTアートは、コピー商品の販売が起きています。

誰かの作品をコピーし、それを普通にNFTマーケットで売っているのです。

これは、著作権侵害であり、問題行為に当たります。

NFTアートの将来性・未来

NFTアートの将来性は下記の3つです。

  • NFT市場のさらなる拡大
  • NFTをさまざまな分野に応用する
  • NFTを使った新たなビジネスチャンスの到来

NFT市場のさらなる拡大

NFTアートの将来性として、「NFT市場」のさらなる拡大があげられます。

NFT市場は、まだまだ盛り上がる可能性があります。

というのも、NFT市場に参加している人は少ないのです。

特に日本は、外国と比べるとNFT市場の拡大が進んでいません。

NFT市場が日本で拡大すれば、さらにNFTは盛り上がります。

NFTがさまざまな分野に応用される

NFTは、さまざまな分野に応用される可能性があります。

たとえば、

  • 健康保険証
  • 運転免許証

などへの活用です。

現在カードとして存在してる、上記のカードを電子化させて管理する方法ですね。

NFT技術を使って、唯一性を証明した健康保険証などを発行すれば、カードとして保管せずデータとして保管できるのです。

今までであれば、ふつうのデータは本物と見分けることはできませんでした。

そのため、健康保険証などをデータとして扱うことは難しいかったのです。

しかし、NFT化することで、ブロックチェーン上にプログラムされた情報から、唯一性の証明が可能になります

管理もブロックチェーン上で行えるため、さまざまなコストの削減にもつながるでしょう。

つまり、健康保険証や運転免許証をNFT化させれば、プログラムされたブロックチェーン上で、管理や取扱いできます。

NFTを使った新たなビジネスチャンスの到来

NFTの登場によって、新たなビジネスチャンスが到来しました。

デジタルデータに権利性を付与できるNFTは、ビジネスとも相性が良いです。

たとえば、

  • NFT化の二次流通市場の確立
  • NFTを使ったコミュニティの実現
  • 人の誇示的欲求に応える限定販売高額NFT
  • NFTの第一人者となることでのポジション確率
  • 音楽・アート・ツイート・トレカなど様々なNFT作品の販売

などがあげられます。

NFTアートも含めて、多くのビジネスチャンスがNFTには存在しているのです。

NFTアートの評価・口コミ

NFTアートの評価・口コミをご紹介します。

NFTを実際に買ってみた方もいるようですね。

また、友達に教えたところ、あきらめたられた方もいらっしゃいます。

NFTアートの疑問に対する答え

NFTアートに対する、よくある「3つ」の疑問にお答えします。

  • NFTアートの作成や販売に年齢制限はあるのか
  • NFTアートの作成や販売に初期費用は掛かるのか
  • NFTアートから発生した収益に対して税金を取られるのか

NFTアートの作成や販売に年齢制限はあるのか

NFTアートの作成や販売自体は、年齢制限なく誰でも可能です。

ただし、未成年は親のサポートがないと、NFTアートの作成・販売ができません。

なぜなら、

  • NFTアートの販売・作成には仮想通貨が必要
  • 仮想通貨を買うには仮想通貨取引所の口座開設が必須
  • 仮想通貨取引所の口座開設は未成年では不可能

という理由があるからです。

NFTアートの作成や販売に初期費用は掛かるのか

NFTアートの作成や販売自体に、初期費用は必要ありません。

ただし、NFTアートの出品当をする際に、手数料(ガス代)がいります。

言ってみれば、このガス代が初期費用とも言えるでしょう。

ガス代は時期によっても違いますが、高額になることもあるので気を付けましょう。

NFTアートから発生した収益に対して税金を取られるのか

NFTアートの販売などから発生した収益は、「税金」を取られます。

仮想通貨の売買益と同じく、「雑所得」に分類されます。

他の投資収益・副業等と合わせて、「20万円以上の収益」が出ると、確定申告の必要があるので注意しましょう。

よくわからない方は、税理士さんに相談することをオススメします。

まとめ(NFTアートとは?)

NFTアートについて解説しました。

NFTアートは、ネット上に公開された得「絵・イラスト(アート)」をNFT化させたモノです。

ネット上に公開されているデジタルデータに、NFT技術によって権利性を付与できます。

権利性を与えられたデジタルデータは、「この世で唯一のモノ」となるのです。

これによって、ネット上に公開されていたアート作品は、モナ・リザなどと同じような価値を持ちます。

NFTアートを出品するには、

  • 仮想通貨取引所の口座開設「コインチェックなど」
  • 公式マーケットの登録「OpenSeaなど」
  • 手数料(ガス代)に必要な仮想通貨「イーサリアムなど」

が必要です。

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
NFTアート 始め方 特徴
最新情報をチェックしよう!