注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

LTC(ライトコイン)とは?将来性や特徴を初心者向けにカンタン解説

こんにちは、マオーです。

今回は仮想通貨の【LTC(ライトコイン)】の書きました。

この記事では、

  • ライトコインの基本情報をしりたい
  • ライトコインの将来性や特徴を教えてほしい

という悩みをもったあなたに向けて解説しています。

記事を最後まで読めば、ライトコインに対するあなたの疑問が解消されますよ。

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

【基本情報】LTC(ライトコイン)とは?

LTC(ライトコイン)の基本情報を、下記の表にまとめました。

LTC(ライトコイン)の基本情報
通貨名ライトコイン
シンボルLTC
開発者チャーリー・リー
総発行枚数8400万枚
公式サイト公式サイトはこちら

ライトコインは、仮想通貨の中でもっとも有名なBTC(ビットコイン)から派生して作られた通貨です。

たくさんある「アルトコイン」の中でも、古い歴史を持っています。

アルトコインとは
ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼ぶ。ほとんどの仮想通貨は、ビットコインのプログラムをコピーして作られたため、アルト(代替)コインと呼ばれている。

2011年10月に元Googleのエンジニアである、「チャーリー・リー氏」によって発案されました。

ライトコインは、ビットコインの問題であるトランザクション(取引)速度の遅さを解決する目的で作られています。

ビットコインと比べると、

  • 送金スピード4倍まで上昇
  • 総発行枚数8400万枚

という違いがあります。

LTC(ライトコイン)の特徴をご紹介

LTC(ライトコイン)の特徴をご紹介します。

  • ビットコインの4倍の総発行枚数「8400万枚」
  • 生活の中の決済に使える仮想通貨
  • segwitという機能を取り入れている
  • ライトニングネットワークを搭載している
  • ライトコインを管理する組織は存在しない
  • ビットコインを上回るブロック生成スピード

ビットコインの4倍の総発行枚数「8400万枚」

LTC(ライトコイン)の総発行枚数は、ビットコインの4倍です。

その数、

「8400万枚」

です。

この枚数に設定されている理由は、ビットコインよりも、

  • 少額で利用
  • 日常的に使われる
  • 高速決済

という3つの目的があるからでsy。

生活の中の決済に使える仮想通貨

LTC(ライトコイン)は、生活の中での決済に使えます。

決済サービスに取りくんでおり、

  • 高速
  • 安全

に決済できることを目指しています。

ライトコインの将来性に目を付けた「ペイパル」は、決済手段として導入することを発表しました。

segwitという機能を取り入れている

LTC(ライトコイン)は、高速決済できます。

この高速化は、「segwit」という機能を導入することで可能としました。

ライトコインは、「ビットコインの取引や送金処理の遅延」を補うという目的で作られています。

segwitは、その目的を達成するための手段です。

ライトコインにsegwitを導入することで、取引のために使用する容量を節約でき、承認速度が上昇しました。

ライトコインを管理する組織は存在しない

LTC(ライトコイン)は、非中央集権的な仮想通貨です。

そのため、管理する組織や団体は存在しません。

仮想通貨業界では「ライトコイン財団」と呼ばれる、ライトコインの開発や啓もう活動を行っている団体が実権を握っていると噂されています。

ライトニングネットワークを搭載

LTC(ライトコイン)は、「segwit」を導入することで、ライトニングネットワークの搭載がカンタンになりました。

ライトニングネットワークは、仮想通貨のスケーラビリティ問題の解決を、期待される技術です。

スケーラビリティ問題とは
仮想通貨を構成するブロックチェーン技術における、一つのブロックの中に書き込める量が限られていることで起きる障害です。ブロックの容量が限られているため、書き込むデータ量が最大値を超えると処理速度の低下や送金遅延を引き起こす。

現在も開発が進められています。

ライトニングネットワークを搭載することで、

  • 少額決済
  • 複数決済

などでも手数料がほぼ発生しなくなります。

また、取引の高速処理も可能です。

今後、ライトコインへの搭載が本格化すれば、今までよりも利用しやすくなるでしょうね。

ビットコインを上回るブロック生成スピード

LTC(ライトコイン)のブロック生成速度は、ビットコインを上回ります。

比較すると、ビットコインの4倍のスピードです。

また、ビットコインは1ブロック生成に10分かかりますが、ライトコインは約2.5分で終わります。

LTC(ライトコイン)の将来性に関わること

LTC(ライトコイン)の将来性に関わることは、

  • ライトニングネットワークの導入完了
  • 送金&決済通貨として広く使われる
  • レンディングサービス(貸仮想通貨)の採用拡大

この3つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ライトニングネットワークの導入完了

LTC(ライトコイン)は、ライトニングネットワークの導入を進めています。

この仕組みが導入されれば、高速決済や取引コスト(手数料)の低下が可能になるのです。

今後、ライトニングネットワークの導入が完了すれば、値上がりするでしょう。

送金&決済通貨として広く使われる

LTC(ライトコイン)は、送金や決済手段として使えます。

この先、送金&決済手段として普及する可能性はあるでしょう。

すでに、米大手企業のペイパルで、決済手段として導入されています。

他の企業とも連携が増えていきば、価値の上昇が見込ますね。

レンディングサービス(貸仮想通貨)の採用拡大

LTC(ライトコイン)は、レンディングサービス(貸仮想通貨)サービスの対象コインです。

レンディングサービスは、自分のもっている仮想通貨を業者(仮想通貨取引所)に貸すことで利益をもらえるサービスです。

株の配当金のようなモノだと考えてくださいね。

国内では、

  • コインチェック
  • GMOコイン

の二つで利用できます。

レンディングサービスは、保有数以外の方法で利益をもらえるので、一定の需要があります。

使いたい人も多いので、この先ライトコインのレンディングサービスが広がれば、値上がりも規定できますね。

LTC(ライトコイン)のチャート・価格状況

ライトコインのチャートは、上の画像のとおりです。

4月から6月にかけて急激に上昇しました。

これは、DeFiという新たな仕様の活性化などによって、ビットコインの値上がりにつられたためです。

その後、反転し下落トレンドとなりました。

LTC(ライトコイン)に投資できる仮想通貨取引所

出展元:コインチェック公式サイト

ライトコインに投資できるオススメの取引所は、

「コインチェック」

です。

オススメする理由は、下記3つあります。

  • 資産を守るセキュリティレベルが高い
  • 17種類の仮想通貨へ投資可能
  • マネックスグループが運営している信頼性

とくに、証券会社最大手企業のマネックスグループが運営しているのは大きいです。

マネックスグループは、金融系の事業を長く取り組んでおり、ノウハウや知識も豊富にありますから。

変な取引所を使うよりも、安心と信頼感がちがうのは間違いありません。

\ コインチェックは仮想通貨取り扱い数NO.1 /

コインチェック

>>Coincheck<<

まとめ(ライトコインの将来性や特徴を解説)

LTC(ライトコイン)の将来性や特徴を解説しました。

ライトコインは、歴の長いアルトコインです。

ビットコインの処理速度の問題を解決するために生み出されました。

総発行枚数は、8400万枚とビットコインの4倍の発行枚数です。

決済手段として、「ペイパル」とも連携しており、普及される可能性もたかい仮想通貨と言えるでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、またね。

コインチェック
BITPOINT
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
ライトコイン 将来性 特徴
最新情報をチェックしよう!