注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

IOST(アイオーエスティー)とは?仮想通貨IOSTの将来性や特徴を徹底解説

こんにちは、マオーです。

今回は【IOST(アイオーエスティー)とは?】について書きました。

あなたは、下記のことでお悩みではないですか?

  • IOST(アイオーエスティー)という仮想通貨について知りたい
  • IOSTに投資予定だけど今後の将来性を教えて

じつは、この記事を読むと、その悩みが解決します。

この記事を読み終えると、下記のことが分かります。

記事を読んでわかること

IOSTとは?「基本情報」

IOSTは何ができるのか

将来性と値動き

記事を読み終えると、悩みは一切なくなります。

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

【基本情報】IOST(アイオーエスティー)とは?

出展元:IOST公式サイト

IOST(アイオーエスティー)の基本情報を、下記の表にまとめした。

IOST(アイオーエスティー)の基本情報
通貨名IOST(アイオーエスティー)
シンボルIOST
開発元IOST財団
設立年月日2018年1月
国内取引所コインチェック
IOST公式サイト公式サイトはこちら

IOST(アイオーエスティー)とは、新しいコンセンサスアルゴリズムである「proof of Believability」を基盤としています。

※コンセンサスアルゴリズムとは?
IOST含め仮想通貨はブロックチェーン技術で作られいる。このブロックチェーン技術は、分散型台帳技術と呼ばれ、複数のノード(コンピュータ)が同じデータを保存している。その時、どのコンピュータが作ったブロックを正とみなして、次のブロックにつなげるかを決める合意形成方法をコンセンサスアルゴリズムと言います。

「proof of Believability」は、IOST独自のコンセンサスアルゴリズムであり、平等で高速な処理能力(スケーラビリティ)&非中央集権制を可能にします。

クレジットカードが利用されるのと同じレベルで、ブロックチェーン技術がおおくのサービスで使われることを目指して作成されました。

IOSTは日本でも、再生可能エネルギー電力の取引システムの実証実験に利用されています。

また、精密医療や患者のケアのデータ管理をするブロックチェーンテクノロジー研究開発も行われているのです。

外国で使われていた仮想通貨でしたが、国内でも2020年9月にコインチェックが取扱いをはじめました。

国内の仮想通貨取引所では、「コインチェック」のみが扱っています。

\IOSTを買えるのはコインチェック/

コインチェック

「IOST」で格闘家の朝倉未来さんが億り人になったことでも有名

「IOST(アイオーエスティー)」は、格闘家の「朝倉未来」さんが投資し億り人になったことでも有名です。

朝倉未来さんは、「格闘技イベントRIZIN」で活躍中の有名な格闘家であり、&ユーチューバーとしても成功されています。

その朝倉未来さんが「IOST」を保有していることで、Twitterでバズりました。

【朝倉未来さんのIOSTを保有して億り人になったツイート⇩】

IOSTのポイント『何ができるのか』

IOST(アイオーエスティー)のポイントは、下記4つです。

  • IOST独自の合意形成アルゴリズムを採用 
  • JavaScriptでスマートコントラクトを開発することができる 誰でも開発できる
  • IOSTはシャーディング技術によりスケーラビリティ問題を解決
  • マイクロステート・ブロックを使用することでノードのストレージを削減 ノードの負担を削減

それぞれ詳しく見ていきましょう。

IOST独自の合意形成アルゴリズム「PoB」を採用

IOST(アイオーエスティー)は、先ほども解説したとおり、新しいコンセンサスアルゴリズムの「proof of Believability(PoB)」を採用しています。

「proof of Believability(PoB)」は、IOST独自のコンセンサスアルゴリズムであり、非中央集権制を可能にするシステムです。

PoBは、ノード(コンピュータ)が持っているIOSトークンの、

  • 評判
  • ノードのふるまい
  • SERVIと呼ばれるネットワークへの貢献度

などの、おおくの要素を使用して合意形成を行います。

ネットワーク自体の情報処理スピードが上がり、1つのブロックの対応確率を上昇させることができるのです。

これにより、ブロック形成をするノードの独占化をふせぎ、すべてのノードに報酬の機会を与えられます。

※ブロックとは?
ブロックチェーンのブロックの1つ。仮想通貨(この場合はIOST)取引が承認されるとブロックチェーンにブロックが追加される。ブロックを追加したノードには、報酬が支払われる仕組み。

また、PoBは「DeFi」にも大きな影響を与えており、今後も注目されるアルゴリズムですね。

JavaScriptを用いてスマートコントラクトを誰でも開発できる

IOST(アイオーエスティー)のスマートコントラクトに使われているプラグミング言語は、「JavaScript」です。

※スマートコントラクトとは?
ブロックチェーン上の概念。あらかじめ設定されたルールに従い、ブロックチェーン上の取引や情報をトリガーにして実行さるプログラムのこと。ここでの「スマート」は自動的に実行されるという意味。

そのため、「JavaScript」をわかっていれば、スマートコントラクトを誰でも開発できる利点があります。

「JavaScript」は、サイトやゲーム開発にも使われているプログラミング言語です。

たくさんの人が使える「JavaScript」ならば、ゲームアプリをリリースする「Dapps開発」への参入障壁が下がります。

※Dappsとは?
自立分散型アプリケーションのこと。中央管理者が存在せず、不特定多数のひとたちが自律的に行動した結果、全体のシステムが機能するシステム。主にビットコインやイーサリアムが代表例。ゲームアプリに主に利用される。

IOSTはシャーディング技術によりスケーラビリティ問題を解決

IOST(アイオーエスティー)は、スケーラビリティ問題を解決するため「効率分散型シャーディング(EDS)」という技術を用いています

※スケーラビリティ問題とは?
ブロックのデータ容量が多すぎて送金スピードが遅くなること。つまり、仮想通貨のトランザクション(取引)にかかる時間や手数料のこと。

シャーディング技術によって、トランザクションの作業を分割や並行することができ、ネットワークの作業速度を上昇させました。

データ処理能力が上昇したため、国をまたぐような送金もスムーズにできます。

マイクロステート・ブロックを使用しノードの負担を削減 

IOST(アイオーエスティー)は、ノード(コンピュータ)の負担を軽くすることができます。

本来、ノードになる際は過去のブロックデータをすべてブロックチェーンに保存しなくてはなりません。

そのため、ストレージコストが積み重なりサーバー側に負荷がかかるので、システムのパフォーマンスが低下する可能性があります、

この場合、コストや時間がとられるので、新たなノードに参加がむずかしくなるのです。

しかし、IOSTはマイクロステートブロックと呼ばれるチェックポイントを設定しています。

マイクロステート・ブロックにより、設定した場所から最新のブロックを保存できるようになるのです。

これによって、ノードの負担が少なるすることが可能になります、

IOSTの現在の価格動向

IOST(アイオーエスティー)の週足チャートから、現在の価格の動きを見ていきましょう。

出展元:コインチェック公式サイト

2020年までは価格が下がっていました。

日本国内でも取り扱いがなかったため、通貨の価値が下がっていたのが原因と考えられます。

しかし、2020年9月から「コインチェック」に上場されることで、価格が上昇しました。

国内でも仮想通貨取引所として人気な、コインチェックへの上場だったからこそ、ここまで価値が上がったと考えられています。

IOSTの今後の見通しは?『将来性や価格上昇の要因』

IOSTの将来性や価格上昇の要因として、下記4つがあげられます。

  • DeFiの参加者の増加が重要
  • エアドロップイベントが行われると価格が上昇する
  • 医療分野で実証実験が行われている
  • NFT(非代替性トークン)の分野での利用

※IOSTの購入を進めているわけではありません。

DeFiの参加者の増加が重要

IOST(アイオーエスティー)の価格が上昇する要因のひとつとして、「DeFi」の参加者増加があります。

※DeFiとは?
分散型金融のこと

じつは、IOSTは2019年から「DeFi」市場に加わっているのです。

スマートコントラクトやブロックチェーン技術をはじめとして、たくさんの技術がDeFiに適していると言われています。

ブロックチェーンの技術に関しては、金融事業・資産に対してセキュリティ対策面で大きな担保になるのです。

これが、IOSTが積極的に導入される理由と言えます。

また、セキュリティ対策の担保があることで、DeFiの参加者が増えており、その効果でIOSTの値段も上がっているのです。

DeFIが盛り上がれば盛り上がった分だけ、価格の上層が期待できると言えるでしょう。

エアドロップイベントが行われると価格が上昇する

「エアドロップ」とは、マーケティングキャンペーンのひとつです。

参加するユーザーに無料でトークンが配布されるイベントのことを言います。

無料のトークンをもらうためには、特定の通貨を保有しておくが条件です。

じつは、ビットコインキャッシュもビットコインのハードフォーク時にエアドロップによって配布されています。

※ハードフォークとは?
ブロックチェーンの分岐のこと。 ビットコインのハードフォークでは、取引スピードが遅延するなどのスケーラビリティ問題を解決するために起こった。

基本的にもっている仮想通貨と同じ量のエアドロップが行われます。

もってるだけで、通貨がもらえる点がメリットですね。

IOSTは定期的にエアドロップが行われており、実施時に価格の上昇が起きています。

短期的な価格の伸びも大事ですが、もっとも重要なのはイベントによってIOSTの認知度が上がることと言えるでしょう。

通貨の認知度が上がることで、投資をする人が増え、価格のさらなる上昇が期待できるのです。

医療分野でIOSTの技術を使った実証実験が行われている

IOST(アイオーエスティー)は、医療分野で実証実験が行われています。

この実験の成功次第では、おおきく価格を上昇させる可能性があるのです。

医療分野で使われる目的として、精密医療やヘルスケアに関係したデータになります。

IOSTのスマートコントラクトの技術により、医療関係のデータをひとまとめにできることから注目されているのです。

金融分野以外にも応用できる可能性があるの点が、ポイント言えるでしょう。

とくに医療分野で使えるとわかれば、社会的な影響力が増すため、買い注文が入ることがありえます。

NFT(非代替性トークン)の分野での利用

IOSTは、NFT(非代替性トークン)の分野で利用されるようです。

ゲームアプリとして、「プラチナエッグ」という会社が、「CROSS LINK」というロールプレイングゲームをIOSTをつかって開発しています。

このゲームアクセサリを、IOSTトークンをつかって購入が可能になりました。

国内取引所ではコインチェックのみの取扱い

コインチェック

IOST(アイオーエスティー)を国内取引所で買えるのは、「コインチェック」のみです。

よって、IOSTへ投資したい場合は、コインチェックの口座開設が必要になります。

海外でも買うことは可能ですが、日本の取引所と比べて使いにくいので、オススメしません。

コインチェックは、金融庁の認定も受けているので、安心して仮想通貨を投資できます。

IOSTへ投資するなら、コインチェックで行いましょう。

\IOSTへの投資はコインチェック/

コインチェック

>>Coincheck<<

まとめ(IOSTの特徴や将来性)

【IOST】という仮想通貨についての解説でした。

今後も「DeFI」や「NFT」という技術が盛んになるなかで、IOSTにも注目が集まるでしょう。

また、送金スピードの速さや医療分野への応用などに期待できる仮想通貨と言えます。

新たなコンセンサスアルゴリズムも導入しているのも魅力です。

これからの動向に期待したいアルトコインですね。

また、IOSTへの投資はコインチェックでしかできません。

コインチェックの口座を開設しておけば、IOSTにいつでも投資できますよ。

下記から口座開設できるので、この機会に口座を作ってと便利です。

\5分でコインチェックの口座を作る/

コインチェック

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
IOSTとは 仮想通貨 特徴 将来性 
最新情報をチェックしよう!