注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

FCT(ファクトム)とは?仮想通貨ファクトムの将来性や特徴をわかりやすく解説

こんにちは、マオーです。

今回は仮想通貨の【FCT(ファクトム)とは?】について書きました。

あなたは下記のことでお悩みではないですか?

  • FCT(ファクトム)ってどんな仮想通貨なの?
  • コインチェックで投資できるFCTについて知りたい
  • ファクトムに投資予定だから詳しく解説を教えて!

この記事を読むと、上記の悩みを解消できます。

じっさいに仮想通貨に投資をしているわたしが、詳しく解説記事をかきました。

記事を最後まで読むと、FCT(ファクトム)についての悩みが解決しますよ。

この記事を読むと、下記のことがわかります。

この記事を読んでわかること

FCT(ファクトム)の基本情報

特徴や技術

将来性や価格の値動き

\ ファクトムを取り扱っているのは国内ではコインチェックのみ / 

コインチェック

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

【基本情報】FCT(ファクトム)とは?

FCT(ファクトム)の基本情報は、下記になります。

FCT(ファクトム)の基本情報
通貨名FCT(ファクトム)
シンボルFCT
開発者Factom社
国内取扱い取引所コインチェック
公式サイトFactom | Blockchain Data Integrity (factomprotocol.org)

FCT(ファクトム)は、あなたが想像する仮想通貨(デジタル通貨)とは少々ちがいます。

その点を、ファクトムの誕生からふまえて、カンタンに解説しておきましょう。

ファクトムは、2015年にアメリカにあるFactom社が開発しました。

さまざまな電子データ(ドキュメントや書類)を記録・保管できる、分散管理型プラットフォームです。

つまり、ファクトムとは「分散管理型プラットフォーム」をさします

ファクトムは、住民票や登記簿などを管理・追跡・監査を行うことができ、第三者機関なしで証明することが可能です。

ここまで、ファクトムは仮想通貨(デジタル通貨)とは、すこし違うというお話をしました。

しかし、あなたの中では、ファクトム=仮想通貨と覚えてもらってかまいません

投資する際には、大きな違いはないですから。

さらに詳しい解説は、次の項から見ていきましょう。

FCT(ファクトム)の特徴を徹底解説

仮想通貨のFCT(ファクトム)の特徴は、下記の6つです。

ファクトムの特徴は6つ

第三者の管理がいらないデータ管理プラットフォームを実現

『dLocプロジェクト』「個人の医療記録の管理・観覧をよりカンタンに」

『ファクトムハーモニー』プロジェクト「世界中の住宅ローン業界の莫大な情報を一括管理」

Factom,Inc.(ファクトム開発企業)の解散によるプロジェクトの停止

FCT(ファクトム)には2つのトークンが存在する

ビットコインやイーサリアムの記録をシェアできる

それぞれ、詳しく解説していきましょう。

第三者の管理がいらないデータ管理プラットフォームを実現

仮想通貨のFCT(ファクトム)は、書類や電子情報データとして、記録・分散管理できるプラットフォームです。

このシステムを活用すれば、

  • 住民票
  • 登記簿謄本
  • 印鑑証明

などを作るために、市役所や法務局に行く時間を削減できるのです。

ファクトムは、住民票や登記簿謄本などの重要書類を、管理・追跡・監査できる機能を持ちます。

この機能を使うことで、第三者機関なしで重要書類の証明が可能です。

また、この機能はブロックチェーン技術による、「取引履歴の改ざんが非常にむずかしい」という特徴を活かしています。

ファクトムはこの特徴を活かして、書類や記録を安全かつ確実に管理することを目指すプロジェクトです。

『dLocプロジェクト』「個人の医療記録の管理・観覧をよりカンタンに」

FCT(ファクトム)は、『dLoc』というプロジェクトを行っていました。

dLocは、「SMARTRAC(スマートロック)」という会社と、共同開発しているプロジェクトです。

「dLocステッカー」というバーコード・QRコードのようなモノを読み込むことで、Webから書類情報を引き出せます。

「dLoc」は、紙(オフライン)で保管されている過去の医療履歴・アレルギーなど、カルテ情報をブロックチェーン上に記録します。

ブロックチェーン上に記録されたカルテ情報は、医療機関でオンライン共有ができるのです。

記録されたカルテ情報は「dLocステッカー」を読み込めば、今すぐにでも情報を引き出せます。

これなら出先で急病にかかった時でも、すぐに自分のカルテ情報を出せるので、適格な診断を受けられるでしょう。

つまり医療分野での活用が、期待されているプロジェクトですね。

さらに、下記のようなメリットもあります。

  • 書類保管のコスト削減
  • 作業の効率化

※Factom,Inc.(ファクトム開発企業)の解散によって、プロジェクトは停止中。

『ファクトムハーモニー』プロジェクト「世界中の住宅ローン業界の莫大な情報を一括管理」

FCT(ファクトム)は、2017年4月から「ファクトムハーモニー(Factom)」というプロジェクトを行っていました。

ファクトムハーモニーは、アメリカの住宅ローンデータを、「ファクトム」をつかって効率的に管理するのが目的です。

じつは、世界中の土地建物など不動産の登記情報や住宅ローンの情報(データ)は毎年5兆ページも増えています。

5兆って…とんでもない数字ですよね(笑)

これに加えて、過去の40兆分のデータが何らかの形で保存されています。

正直なはなし、これほど膨大なデータの管理は、むずかしいと言えるでしょう。

「ファクトムハーモニー」は、たくさんの不動産関連データを、ブロックチェーン上に保存・管理できます。

ブロックチェーン上に保存・管理することで、管理コストを「約5兆円」削減できると考えられています。

また、下記のようなメリットもあります。

  • 人件費削減
  • 事務のコストの削減
  • 各種手数料が安くなる
  • 改ざんやリークのリスクも減らせる(安全な情報管理)

※Factom,Inc.(ファクトム開発企業)の解散によって、プロジェクトは停止中。

Factom,Inc.(ファクトム開発企業)の解散によるプロジェクトの停止

FCT(ファクトム)を開発した、「ファクトム開発企業」は解散しています。

これによって、各種類プロジェクトが停止している状態です。

FCT(ファクトム)には2つのトークンが存在する

FCT(ファクトム)には、二つのトークン(通貨)が存在します。

1つ目が、「ファクトイド(FCT)」、2つ目が「エントリークレジット(Entry Credit)」です。

「えっ、ファクトムというひとつの仮想通貨なのに二つの通貨ってわけわかないんですけど…」

と思われたでしょう。

カンタンに二つの通貨を合わせて、ファクトムであると考えてくださいね。

さて、解説に戻りましょう。

まず、「ファクトイド」という通貨のままでは「ファクトム」は使用できません。

もう一つの通貨「エントリークレジット」を利用料として支払うことで、「ファクトム」を使うことが可能です。

この「ファクトイド⇒エントリークレジット」の変換には、「Factoid Cain(ファクトイドチェーン)」という独自のブロックチェーン技術をつかいます。

ファクトムを使うために、なんでこんな面倒なことをしている思われたと思います。

この理由は、セキュリティ対策です。

2つ目の通貨であるエントリークレジットは、記録の入力と投票しかできません。

ハッキングされても、情報を見ることはできないですし、売却も不可能です。

つまり、ハッキングする意味のない通貨になります。

また、1つ目の通貨であるファクトイドは、保有する管理サーバーから、エントリークレジットを必要なだけ買えるのです。

これにより、ファクトイドの価格変動に影響されることなく、システムの利用が可能になります。

ビットコインやイーサリアムの記録をシェアできる

FCT(ファクトム)は、メジャーな仮想通貨のビットコインやイーサリアムと記録をシェアできます。

このシステムによって、ファクトム全体でひとつの取引情報をまとめることが可能です。

仮想通貨の中でも、人気の高いビットコインやイーサリアムは、大きな取引情報をもちます。

大きな取引情報により、通貨を構成するブロックチェーンに、つよい負荷がかかっているのです。

しかし、ファクトムによって記録をシェアすれば、ブロックチェーンの負担がかかりません。

記録をシェアすることで、仮想通貨の負荷を分散できるからです。

FCT(ファクトム)のこれまで価格の変動

出展元:コインチェック公式サイト

FCT(ファクトム)は、2020年に価格が減少しています。

その後、将来性を期待され価格が2021年2月に290円まで上昇しました。

しかし、現在は130円まで下落しています。

ファクトム含めて、アルトコインはビットコインと同じような値動きをします。

そのため、今後もビットコインの上昇に合わせて、価格が上がる可能性があるでしょう。

ビットコインの値段を、しっかりとチェックしなければなりません。

FCT(ファクトム)の将来性・価格上昇要因

FCT(ファクトム)の将来性や価格上昇要因として、下記3つがあげられます。

ファクトムの価格上層ポイント

FCT(ファクトム)の各種プロジェクトの進み具合

大手企業との連携が増えるかどうか

FCT(ファクトム)のビジネス手段の増加

それぞれ、解説していきましょう。

FCT(ファクトム)の各種プロジェクトの進み具合

FCT(ファクトム)は、下記のプラットフォームサービスを提供するプロジェクトが行われていました。

  • dLocプロジェクト
  • ファクトムハーモニー

このプロジェクトが進んでいくことで、市場での注目が集まるでしょう。

注目が集まることで、知名度や期待が高まり、価格の上昇が起きると考えられます。

大手企業との連携が増えるかどうか

FCT(ファクトム)の価格上昇のカギとして、大手企業との連携増加が考えられます。

今までにもファクトムは、企業との連携が発表されてきました。

たとえば、下記のような連携が発表されています。

  • 2017年6月 ビル&ゲイツ財団と米国の住宅ローン管理計画始動
  • 2018年11月 ソフトウェア大手企業の「Microsoft(マイクロソフト)」と技術提携

また、アメリカ不動産ローン会社「Equator社」は、自身のプラットフォーム「Equator PRO」と「ファクトムハーモニー」プロジェクトとの統合を発表しました。

「ファクトム」は、たくさんの企業から注目されていたプラットフォームです。

今のところ大きな動きのないファクトムですが、多くの企業との提携が起きれば、価格の上昇が起きると予測できます。

FCT(ファクトム)のビジネス手段の増加

FCT(ファクトム)は、重要書類(登記簿や住民票など)データを管理できる機能をもちます。

この機能は、ビジネスシーンで応用することが可能です。

たとえば、膨大な顧客データや契約情報などに使えるでしょう。

ファクトムをつかった、明確なプロジェクトが立ち上がり、進捗があれば投資価値を持つと考えられます。

国内でFCT(ファクトム)に投資できるのはコインチェック

コインチェック

FCT(ファクトム)に投資できる国内仮想取引所は、「コインチェック」のみです。

コインチェックの基本情報を、下記の表にまとめました。

コインチェック基本情報
運営会社コインチェック株式会社
親会社マネックスグループ
取扱い仮想通貨数16種類
資本金100百万円
各種手数料無料

コインチェックは、国内仮想通貨取引所のなかでも、NO.1の仮想通貨取扱い数をほこっています。

親会社は大手企業のマネックスグループです。

株など金融商品を扱ったノウハウを持つマネックスグループが、セキュリティ対策を万全にしています。

国内で、もっとも人気の仮想通貨取引所です。

また、ファクトムはコインチェックでしか投資できません。

ファクトムへ投資する場合は、コインチェックの口座を開設するのがオススメです。

   \アプリダウンロード数NO.1/

  コインチェック

まとめ(FCT(ファクトム)とは?将来性や特徴)

FCT(ファクトム)についての解説記事でした。

ファクトムは、分散管理型プラットフォームを展開する仮想通貨です。

「dLOC」や「ファクトムハーモニー」などのプロジェクトが行われていました。

現在は、運営元が解散してしまい、プロジェクトはストップしています。

プロジェクトが停止しているので、投資をするときは注意が必要です。

ビットコインやファクトムの値動きに注意しながら、投資をしましょう。

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
FCT ファクトム 仮想通貨
最新情報をチェックしよう!