注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)とは?仮想通貨のコスモスを徹底解説!

こんにちは、マオーです。

今回は仮想通貨の【COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)とは?】について書きました。

あなたは下記のことでお悩みではないですか?

  • COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)ってどんな仮想通貨なの?
  • GMOコインにCOSMOS上場されたから詳しく知りたい
  • COSMOSに投資したいから内容を解説して!

この記事を読むと、上記の悩みが解消されます。

じっさいに仮想通貨に投資をしているわたしが、詳しく解説記事を書きました。

記事を最後まで読むと、COSMOS/ATOMについての悩みが解決しますよ。

この記事を読むと、下記のことがわかります。

チェックポイント

COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)の基本情報

特徴や技術

将来性や価格の値動き

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

『基本情報』COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)とは?

出展元:コスモス/アトム公式サイト

COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)の基本情報は、下記になります。

COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)基本情報
通貨(トークン)名ATOM(アトム)
ブロックチェーン名COSMOS(コスモス)
シンボルATOM
開発者Jae Kwon(ジェ・クォン)
公式サイトCosmos: The Internet of Blockchains

COSMOS(コスモス)とは、「インターネット・オブ・ブロックチェーン」をコンセプトに掲げているプロジェクトです

また、ブロックチェーンの名称でもあります。

「インターネット・オブ・ブロックチェーン」によって、だれでもブロックチェーンをカンタンに開発・利用できる世界をつくること目標です。

COSMOS(コスモス)上で取引される仮想通貨(トークン)を、ATMO(アトム)と呼びます。

ここは、「ちょっと何を言ってるのかわからない??」

となると思います。

ここではカンタンに、コスモス=アトムと思ってもらって大丈夫ですよ。

Cosmos/ATOMの特徴を徹底解説

COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)の大きな特徴は3つです。

  • 両立できないブロックチェーン同士をつなげることができる
  • スケーラビリティ(処理速度)の問題を解決可能
  • ブロックチェーンアプリを使う&作るがカンタンにできる

それぞれ、くわしく解説します。

両立できないブロックチェーン同士をつなげることができる

COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)は、両立できないブロックチェーン同士をつなげることができます。

これは、COSMOSの言葉の意味である、「宇宙」や「秩序」に由来する機能です。

宇宙の星たちをつなぐように、ブロックチェーン同士をつなぐことができます。

たとえば、メジャーな仮想通貨であるビットコインやイーサリアムのブロックチェーン同士は、両立性がありません。

両立性がないため、ビットコインをイーサリアムに直接交換することができないのです。

そのため、今のところは取引所をつかって取引しなければなりません。

当然ですが、これには手間とコストがかかりますね。

くわえて、通貨以外のデータのやり取りできないです。

このような、問題を解決するために生まれたのが、COSMOSになります。

COSMOSは、「COSMOS Hub」という中継地点とそこに接続する「Zone」を作ります。

作成した「Zone」をつかって、各ブロックチェーンのアプリケーションをつなぐことが可能なのです。

各ブロックチェーンをつなぐことができれば、取引所をとおさずに通貨の交換ができます。

スケーラビリティ(処理速度)の問題を解決可能

COSMOSを用いることで、「スケーラビリティ問題(処理速度)」の問題を解決できます。

はじめに「スケーラビリティ問題」とは、ブロックチェーン上の利用者が増えすぎることで、起きる問題です。

おもに下記のような問題が生じます。

  • 手数料が高くなる
  • 処理の遅延(送金や取引)

この問題の例として、イーサリアムという仮想通貨をもとに考えてみましょう。

イーサリアムは、システムをつかってカンタンに、ブロックチェーン上でアプリケーションを開発できます。

カンタンに開発できるということは、「便利である」ということです。

便利であるがゆえに、利用者が集中してしまい、通信の渋滞が起きてしまいます。

よって、さまざまな処理(スケーラビリティ)の遅延が生じてしまうのです。

しかし、このような問題は「COSMOS」を用いることで解決できます。

COSMOSは、ブロックチェーン同士をつないてで相互運用することで、負荷を下げることが可能です。

負荷が下がることで、スケーラビリティ(処理速度)問題が解決できます。

ブロックチェーンアプリを使う&作るがカンタンにできる

COSMOS(コスモス)は、「Cosmos SDK」というブロックチェーンをつくための開発ツールがあります。

「Cosmos SDK」は、一般にひろく公開されているのです。

この開発ツールを用いれば、どんな人でもブロックチェーンを作ることできます。

加えて、つくったブロックチェーンをCosmos上で相互運用が可能です。

Cosmos/ATOMの歴史について

出展元:コスモス/アトム公式サイト

COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)の歴史は、下記のようになっています。

  • 2014年 開発元のTendermint社が設立
  • 2017年 ICOによって約1700万ドルの資金を調達
  • 2019年 海外の大手仮想通貨取引所のバイナンスへ上場
  • 2019年 BinanceDEXが上場

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

開発元のTendermint社が設立

COSMOS(コスモス)を開発し、運営元でもある「Tenderminto社」は、2014年にジェ・クォン氏が設立しました。

2016年には、COSMOSのホワイトペーパーを公開しています。

※ホワイトペーパーとは?
仮想通貨の報告書のこと。 ホワイトペーパーには、仮想通貨の企画や構想、どのような技術を採用しているのか等、その仮想通貨にまつわる情報が記述されている。

ICOによって約1700万ドルの資金を調達

COSMOS(コスモス)の開発元である、「Tendermint社」は、2017年にICOを行いました。

※ICOとは?
仮想通貨の新規発行をする時の資金調達方法のこと。取引所(例:GMOコイン)に上場する前に広告活動をおこない、他社からの支持を得られると、開発・運営のための資金が集められる。資金提供した支持者(例:私たち)は、仮想通貨の上場後に対象の通貨がもらえる。

COSMOS/ATOMは、ICOでつよい人気を得られ、開始30分で販売が終了しました。

たったの30分で約1700万ドル(日本円で18億円)の資金を調達しています。

海外の大手仮想通貨取引所バイナンスへ上場

COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)は、2019年4月に海外(中国)の最大手取引所「バイナンス(Binance)」に上場しました。

バイナンスへの上場が発表されたときには、価格が急騰しています。

BinanceDEXが上場

「BinanceDEX」とは、海外(中国)の最大手仮想通貨取引所のバイナンスが運営する、分散型取引所(DEX)です。

分散型取引所(DEX)とは?
仲介業者のいない取引所のこと。今までの取引所では、仲介業者(例:GMOコインなど)が仮想通貨を管理していた。しかし、分散型取引所では、プログラムが自立的に管理・機能する。これにより、仲介業者を介さずに参加者が自分で管理し、参加者同士で直接取引が行える。

BinanceDEXでは、独自のブロックチェーンが使われています。

この開発には、COMOS(コスモス)の技術が活用されているのです。

Cosmos/ATOMの価格と値動き

出展元:コインチェック公式サイト

COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)のチャートから、価格と値動きを見ていきましょう。

まずは、上記の画像をご覧ください。

2020年の値段の上昇からはじまって、2021年からさらに急騰しています。

この理由は、

  • 2020年にDeFiが注目された
  • 仮想通貨全体の熱量が上がった

などが考えられます。

※DeFiとは?
金融の仲介をなくことを目的としてブロックチェーン上の金融アプリケーションのこと。分散型取引所(DEX)もDeFiアプリケーションのひとつ。

・2020年にDeFiが注目

2020年はDeFiという新たな仮想通貨の分野が、大ブームを巻き起こしました。

これによって、DeFiのアプリケーションのひとつの分散型取引所(DEX)に関係のあるCOSMOSに注目が集まったのです。

また、COSMOSのトークンであるATOMも注目さらました。

・仮想通貨全体の熱量が上がった

2020年10月から、ビットコインをを含めた主要な仮想通貨のほとんど値上がりしました。

この流れにのって、COMOS/ATOMも急騰しています。

Cosmos/ATOMの将来性・値動き

COSMOD/ATOM(コスモス/アトム)の将来性・値動きを見極めるポイントは、下記2つです。

  • 大手企業の注目を受けることができるか
  • その他の類似プロジェクトとの差別化&上回ることが可能か

それぞれ詳しく見ていきましょう。

大手企業の注目を受けることができるか

COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)の技術は、海外の大手仮想通貨取引所のバイナンス・OKEXなどが手掛けるブロックチェーンに使われています。

※OKEXとは?
さまざまな仮想通貨(暗号通貨)を取引するためのプラットフォームを提供する仮想通貨取引所。

また、2020年3月に日本の大手企業である「TOYOTA」は、COSMOSのブロックチェーンを使う実験を始めました

実験では、中古車販売に関するデータ連携にブロックチェーンを活用する予定です。

このように、COSMOSのブロックチェーン技術は、たくさんの海外や日本の企業に注目されています。

今後も、多くの企業に注目さら活用されれば、COSMOSの将来性も確かなものになると言えるでしょう。

その他の類似プロジェクトとの差別化&上回ることが可能

次は、COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)が行う、ブロックチェーンをつなぐプロジェクトです。

じつは、COSMOSと同様のプロジェクトは、いくつか存在しています。

同様のプロジェクトの中でも、特に注目したいのが「Polkadot(ポルカドット)」という仮想通貨です。

ポルカドットは2020年8月に上場と、COSMOSよりも後に上場しています。

しかし、仮想通貨の人気度を示す「時価総額」は、上場後すぐに6位となりました。

COSMOSは、後から上場したポルカドットに、一瞬で追い抜かれたのです。

また、今後も同じようなプロジェクトが立ち上がる可能性はあるでしょう。

COSMOSは、その中で差別化を図るか技術面などで上回ることで、ゆるぎない地位を作らなくてはなりません。

国内でCosmos/ATOMに投資するならGMOコイン

出展元:GMOコイン公式サイト

COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)に、国内で投資するなら「GMOコイン」がオススメです。

GMOコインの特長をカンタンに解説しますね。

下記の表をご覧ください。

GMOコイン
会社名GMOコイン株式会社
親会社GMOインターネット
取扱い仮想通貨14種類(COSMOS/ATOM含む)
各種手数料無料

GMOコインの大きな特徴は、親会社が大企業の「GMOインターネット」である点です。

大企業が運営しているので、変な仮想通貨取引所よりも信頼と安心感があります。

COSMOSを国内で取り扱っているのは、GMOコインのみです。

つまり、日本の仮想通貨取引所でCOSMODに投資するなら、GMOコインの口座を開設しなければなりません。。

下記からGMOコインの口座を無料で開設できるのでご利用くださいね。

\GMOコインの口座を無料で作る⇩/

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン (z.com)

まとめ(Cosmos/ATOMとは?特徴や将来性)

仮想通貨の「COSMOS/ATOM(コスモス/アトム)」について解説しました。

COSMOSは、「インターネット・オブ・ブロックチェーン」というプロジェクトを掲げています。

このプロジェクトで運用されるトークンが「ATOM」です。

投資をするあなたの中では、COSMOS=ATOMと思ってもらってかまいません。

COSMOSはブロックチェーン同士をつなぐことができる、とても魅力的な仮想通貨です。

今後の値動きを注目したい、アルトコインだと言えますね。

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
COSMOS ATOM とは 仮想通貨
最新情報をチェックしよう!