注目キーワード
  1. 仮想通貨(暗号資産)
  2. NFT
  3. GameFi

Coinbase(コインベース)とは?米の大手暗号資産(仮想通貨)取引所が日本上陸

こんにちは、マオーです。

今回は、米国の最大手暗号資産(仮想通貨)取引所【coinbase(コインベース)】について解説します。

  • 日本版コインベースで投資できる仮想通貨の数は?
  • コインベースという仮想通貨取引所って何?
  • コインベースが日本へ本格参入っていうけど特徴を教えて!

この記事では、上記のことでお悩みのあなたに向けて書きました。

ついに、世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所の「コインベース」が、日本へ本格参入です。

2021年8月19日より、日本での仮想通貨交換サービスが開始されました。

コインベースの下記ツイートをご覧ください。

日本でコインベースが、どのように事業展開をしていくのか楽しみですね。

この記事では、大注目のコインベースの特徴を詳しく解説します。

/スポンサーリンク \

【日本上陸】 coinbase (コインベース)「2021年8月19日」日本へ本格参入!

出展元:コインベース公式サイト

2021年8月19日より、米の最大手暗号資産(仮想通貨)取引所「coinbase(コインベース)」が、本格的に日本へ参入しました。

コインベースは仮想通貨サービスを提供しています。

  • 2012年アメリカ・サンフランシスコで創業
  • 2021年4月に日本のナスダックへ上場
  • 世界100各国でサービス展開
  • 登録ユーザー数6800万人

という経歴を持っているコインベースが、どのようにして日本での事業展開をするのか、まさに見ものと言えるでしょう。

コインベースCEOの「ブライアン・アームストロング」氏は、

「日本は仮想通貨をいちはやく取り入れた国」

「取引量も世界最大級だ」

と発言しており、日本の仮想通貨市場への参入に意欲的です。

日本はまだまだ仮想通貨市場が未開拓であり、仮想通貨のビジネスチャンスが転がっています。

その点を見抜いている「ブライアン氏」さすがと言えますね。

coinbase(コインベース)の基本情報

coinbase(コインベース)の基本情報を、下記の表にまとめました。

coinbase(コインベース)基本情報
社名コインベース
設立2012年6月
日本法人設立2016年1月
CEO(創業者)ブライアン・アームストロング
取扱い暗号資産(仮想通貨)数83
ユーザー数6800万人
事業暗号資産(仮想通貨)交換業
強み一度もハッキング被害がない

コインベースは、海外含む暗号資産(仮想通貨)取引所の中でも、大きな会社のひとつです。

最大手の「バイナンス」に次ぐ人気があります。

仮想通貨の取り扱い数は「83」です。

仮想通貨業界最大手のコインベースの日本上陸によって、日本の仮想通貨業界がどう変わるのか気になるところですね。

日本版coinbase(コインベース)の特徴を6つご紹介

日本版coinbase(コインベース)の特徴を、下記の6つご紹介します。

  • 取り扱い暗号資産(仮想通貨)数は5つ「アメリカ版は83」
  • 暗号資産教育サービス「コインベース・アーン」
  • 口座開設に必要な本人確認書類は「運転免許証」
  • 国内最大手銀行の三菱UFJ銀行とパートナシップ
  • 暗号資産取引所の通貨販売方式は「販売所方式」
  • 暗号資産の売買にかかる手数料は「1.99%」

それぞれ詳しく見ていきましょう。

取り扱い暗号資産(仮想通貨)数は5つ「アメリカ版は83」

日本版コインベースの、取り扱い暗号資産(仮想通貨)数は「5つ」です。

  1. BTC(ビットコイン)
  2. BCH(ビットコインキャッシュ)
  3. ETH(イーサリアム)
  4. LTC(ライトコイン)
  5. XLM(ステラルーメン)

上記5つの仮想通貨に投資できます。

これだけだと、国内の仮想通貨取引所で買えるものばかりですね。

たとえば、「コインチェック」や「GMOコイン」、「ビットポイント」などでも買えます。

今後も取扱い仮想通貨数をふやす予定のようなので、期待したいところですね。

暗号資産(仮想通貨)教育サービス「コインベース・アーン」

コインベースは、暗号資産(仮想通貨)教育サービスがあります。

「コインベース・アーン(earn)」

と呼ばれるサービスです。

仮想通貨の仕組みを動画で学ぶことで、少額の報酬を得ることができます。

日本版でもすでに使われており、「XLM(ステラルーメン)」という仮想通貨を入手可能です。

口座開設に必要な本人確認書類は「運転免許証」

コインベースの口座を開設に必要なのは、

運転免許証」

です。

運転免許証しか使えないので、免許をもってない方は注意してくださいね。

今後は、運転免許証以外にも「マイナンバーカード」なども利用可能になる予定です。

国内最大手銀行の三菱UFJ銀行とパートナシップ

コインベースは、国内の最大手銀行「三菱UFJ銀行」とパートナーシップをむすびました。

日本の大手銀行との提携によって、仮想通貨事業における大きな後ろ盾を得たと言えるでしょう。

逆の見方をすれば、日本の大手銀行が仮想通貨事業に本腰を入れ始めたとも取れます。

またコインベースは、入出金の対応は「三菱UFJ」のみです。

この先、拡大予定とのこと。

手数料は、下記になります。

入金手数料0円
出金手数料(3万円未満)110円
出金手数料(3万円以上)330円

暗号資産(仮想通貨)取引所の通貨販売方式は「販売所方式」

コインベースの暗号資産(仮想通貨)通貨販売方式は、「販売所方式」です。

販売所方式は、ユーザー(わたしやあなた)と業者(コインベース)との仮想通貨売買を行います。

つまり、コインベースの用意した仮想通貨を、ユーザーが買うという方式です。

他にも取引所という方式もありますが、ここでは関係ないので省きます。

別記事にまとめているので、気になった場合は下記から確認してください。

取引所と販売所の違いとは?メリット・デメリットも含めて特徴をわかりやすく説明│マオーのブログ (maomaoooblog.com)

コインベースが販売所方式を取り入れた理由は、下記のツイートのとおりです。

「販売所方式」は、スプレッドという買いと売りの価格差によるスプレッド(手数料)が高いというデメリットがあります。

しかし、ユーザーの利便性が高く、仮想通貨の売買をしやすいメリットも存在します。

日本への初上場ということもあり、使いやすさを示すことで、日本ユーザーの獲得を目指すのでしょう。

暗号資産(仮想通貨)の売買にかかる手数料は「1.99%」

コインベースの暗号資産(仮想通貨)の売買にかかる手数料は、「1.99%」です。

また、2万円以下の取引の場合の手数料は、以下になります。

コインベースの売買手数料
1000円以下99円
1000~2000円149円
2500~5000円199円
5000~20000円299円

金額が大きくなるにつれて、手数料も高くなるので投資する額に気を付けましょう。

コインベースの日本での略歴

カンタンに、コインベースの日本での略歴をご紹介します。

  1. 2016年1月 コインベース日本法人設立
  2. 2020年3月 日本仮想通貨交換業協会に入会
  3. 2021年4月 ナスダックへ上場
  4. 2021年6月 金融庁への登録完了
  5. 2021年8月19日 日本での暗号資産(仮想通貨)交換業開始

まとめ(コインベース日本発上陸・基本情報や特徴)

日本版「coinbase(コインベース)」について解説しました。

2021年8月19日より米の最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースが、日本に本格参入しました。

これによって、国内でも仮想通貨業界の勢力図がおおきく変わる可能性があります。

仮想通貨投資をする投資家にとって、大注目ですね。

投資できる仮想通貨数は「5つ」と少ないです。

しかし、アメリカの大手仮想通貨取引所なので、取扱い仮想通貨数が増えるのは間違いないでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは、またね。

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
コインベースとは 特徴 日本上陸 仮想通貨取引所
最新情報をチェックしよう!