注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

ADA/Cardano(エイダコイン/カルダノ)とは?将来性や特徴を解説「オンラインカジノで使える仮想通貨」

こんにちは、マオーです。

今回は【ADA/Cardano(エイダコイン/カルダノ)】という仮想通貨の解説記事です。

 
マオー
エイダコインについて詳しく知りたいーー!!!!!

あなたはこのように考えていないでしょうか?

エイダコインは、時価総額ランキング「3位」と超注目の仮想通貨(暗号資産)です。

仮想通貨に注目している人にとって、気になる通貨と言えます。

この記事はエイダコインの、

  • 基本情報
  • 将来性
  • 特徴

などについて詳しく解説します。

チェックポイント

①エイダコインはオンラインカジノで利用される仮想通貨

②有名仮想通貨イーサリアムの開発者が参加

③国内ではビットポイントで8月25日から投資可能

\ エイダコインはビットポイントで投資できるようになる /

BITPOINT

>>BITPOINT<<

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

ADA/Cardano(エイダコイン/カルダノ)の基本情報

ADA/cardano(エイダコイン/カルダノ)の基本情報を、下記の表にまとめました。

ADA/cardano(エイダコイン/カルダノ)の基本情報
通貨(トークン)名エイダコイン
プラットフォーム名かルダノ
シンボルADA
発行団体カルダノ財団
公式サイト公式サイトはこちら

エイダコインは、「カルダノ」と呼ばれるプラットフォーム上で使用される仮想通貨です。

当初の用途は、オンラインカジノの通貨としてのみ使われる予定でした。

しかし、今では多くの仕組みをもった仮想通貨として開発者されています。

仮想通貨の第一人者である、「チャールズ・ホスキンソン」が開発にたずさわったことで有名です。

また、「カルダノ」とは、オンラインカジノのプラットフォームのことを指します。

ADA(エイダコイン)の特徴

ADA(エイダコイン)の特徴を、下記の5つの項目から見ていきましょう。

  • オンラインカジノで利用できる仮想通貨
  • 独自のスマートコントラクト「ブルータス」を搭載
  • 有名な仮想通貨イーサリアムを作った人が開発に関わる
  • コンセンサスアルゴリズム「POS(プルーフオブステーク)」
  • 海外では知名度の高い仮想通貨

オンラインカジノで利用できる仮想通貨

はじめに解説した通り、「ADA(エイダコイン)」はオンラインカジノのプラットフォーム「カルダノ」で使用する目的で開発されました。

カルダノは、従来のオンラインカジノのシステム上の問題を解決するために生み出されます。

現在、オンラインカジノのほとんどが不正操作によって、カジノの参加者が100%負ける設定することも可能でした。

この問題点を、オンラインカジノのにブロックチェーン技術を取り入れることで解決できます。

カルダノというプラットフォームでプレイ記録を、

  • 保存
  • 公開

することで、公平性を高くしています。

独自のスマートコントラクト「プルータス」を搭載

ADA(エイダコイン)は、「ブルータス」という独自のスマートコントラクトを搭載しています。

スマートコントとは?
契約のスムーズな「検証・執行・実行・交渉」を行うコンピュータのシステム。第三者をまたがずに信用を担保したトランザクション処理可能。

このスマートコントラクトは、

  • 税金のスキーム
  • コンプライアンス

など、デジタル通貨に必要な、複数の情報を入れた契約も可能です。

ブルータスの技術を応用して、「個人情報」や「利便性」の向上を目指し開発されています

有名な仮想通貨イーサリアムを作った人が開発に関わる

ADA(エイダコイン)は、仮想通貨業界の有名人「チャールズ・ホプキンソン」さんが開発に関わっています。

チャールズ・ホプキンソンさんは、イーサリアムという有名仮想通貨を作った開発者のひとりです。

暗号理論専攻の天才数学者にして、暗号通貨の巨人とも言われています。

コンセンサスアルゴリズム「PoS(プルーフオブステーク)」

ADA(エイダコイン)のコンセンサスアルゴリズムは、「PoS(プルーフオブステーク)」です。

そのアルゴリズムには、「ウロボロス」を使っています。

Pos方式で、マイナー選定のランダム性を高める効果がります。

つまり、公平なマイニングをサポートするシステムです。

海外では知名度の高い仮想通貨

ADA(エイダコイン)は、海外の知名度が高いです。

日本では取り扱っている仮想通貨取引所が存在していません。

そのため、国内ではマイナーな通貨と言えます。

しかし、海外の大手仮想通貨取引所ではエイダコインに投資できます。

また、世界的な知名度も高いです。

国内では、「ビットポイント」に2021年8月25日に取り扱われます。

ADA(エイダコイン)の将来性・今後の価値上昇ポイント

ADA(エイダコイン)の将来性・今後の価値上昇ポイントを、下記の4つから見ていきましょう。

  • プロジェクト(アップデート)の進捗
  • 大企業との協力・提携
  • 国内仮想通貨取引所への上場が増える
  • エイダコインが広まる

プロジェクト(アップデート)の進捗

ADA(エイダコイン)の将来性・価値上昇可能性として、プロジェクト(アップデート)の進捗があげられます。

エイダコインは、下記の「5つ」の段階でアップデート予定です。

  1. パイロン
  2. シェリー
  3. ゴーグエン
  4. バショウ
  5. ボルテール

ロードマップに従ったアップデートを行えば、サービスやパフォーマンスの向上につながります。

パフォーマンスなどが向上すれば、エイダコインの価値も上がる可能性があるでしょう。

大企業との協力・提携

ADA(エイダコイン)は、大手企業や大学と提携を結んでいます。

たとえば、

  • 東京理科大学インベストメントマネジメント
  • メタップスプラス(韓国大手モバイルサービス)

などです。

この先も、提携する企業や大学が増えれば、値上がりが期待できますね。

国内仮想通貨取引所への上場が増える

記事執筆時点(2021年8月18日)では、ADA(エイダコイン)を取り扱う国内仮想通貨取引所はありません。

8月25日から国内の仮想通貨取引所「ビットポイント」で、投資できるようになる予定です。

今までにもありましたが、国内で投資できるようになると対象の仮想通貨は値上がりします

今後、ビットポイント以外でも買えるようになれば、価値上場が起きるでしょう。

エイダコインが広まる

ADA(エイダコイン)は、オンラインカジノのプラットフォーム「カルダノ」で使用します。

他にもブロックチェーンやスマートコントラクトの技術開発も行われている通貨です。

加えて、「30億人の財布」となることを目標としています。

今後、さらなる普及が予想される仮想通貨と言えるでしょう。

ADA(エイダコイン)は国内取引所ビットポイントへ上場予定

ADA(エイダコイン)は、国内仮想通貨取引所の「ビットポイント」へ上場予定です。

ビットポイントへの上場日は、「2021年8月25日」を予定しています。

今までは、国内の仮想通貨取引所で、エイダコインに投資できませんでした。

しかし、今後は日本の取引所でカンタンに買うことが可能です。

あなたがエイダコインへ投資予定であれば、「ビットポイント」の口座開設することをオススメします。

まとめ(ADA/Cardanoの特徴や将来性)

「ADA/cardano(エイダコイン/カルダノ)」の特徴や将来性を解説しました。

エイダコインは、カルダノと呼ばれるオンラインカジノのプラットフォームで使われる仮想通貨です。

従来のオンラインカジノの不公平性を正すために生まれました。

イーサリアムという有名な仮想通貨を作った、 「チャールズ・ホスキンソン」が開発にたずさわったことで有名です。

時価総額ランキングも「3位」と注目の通貨ですね。

日本では、「ビットポイント」で取り扱っています。

エイダコインに投資したい場合は、ビットポイントの口座を開設しましょう。

\ ビットポイントならエイダコインに投資可能 /

BITPOINT

>>BITPOINT<<

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、またね。

コインチェック
BITPOINT
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
エイダコイン カルダノ 特徴 将来性 基本情報
最新情報をチェックしよう!