注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

会社をパワハラでやめて得たメリットはこちら|パワハラされた会社を退職してよかった件

こんにちは、マオーです。

今回はわたしが会社員時代にパワハラを受けた会社を辞めて得られたメリット】をお話します。

最初にカンタンに説明しておくと、わたしは新卒で入った会社で2年間ほどパワーハラスメント(パワハラ)をされた経験があります。

それが原因でたった2年で退職しました。

その後は色々あってブロガーときどき仮想通貨投資家やってますが、そのことは今回は関係ないので飛ばしますね(笑)

正直、今では会社をやめてよかったと心から思います。

なぜなら、やめて得られたメリットが大きかったからです。

もしあなたが、パワハラなどに悩まされているのであれば、この記事を読んでみてください。

わたしが体験した、会社を辞めて得られるメリットがわかりますよ。

この記事では下記のことが分かります。

【パワハラを受けた会社を辞めて得られるメリット】

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

パワハラを受けた会社を辞めて得たメリットは5つ

それでは本題に入っていきましょう。

さっそくですが、パワハラを受けた会社を辞めて得られたメリットは5つあります。

それは、

  1. ストレスフリーになり心の不調が減った
  2. 大量のニキビが2ヶ月で消える
  3. 言葉で心を傷つかない生活を獲得
  4. パワハラを我慢するバカらしさを理解できた
  5. 致命傷になる前に逃げられた

上記の5つがパワハラを受けた会社を辞めて得たメリットでした。

ほかにもあるのですが、多くなりすぎるのでもっとも大きなメリットに厳選しました。

わたしの中では、つらく苦しい日々を耐えて起きるデメリットよりも、絶えずに退職したことで得られたプラス面のほうがでかい印象です。

ただ注意させてほしいのが、あなたが必ずしもパワハラを受けたから、すぐに退職することをすすめているわけではありません。

退職せずとも打てる手段は、存在していますから。

しかし、わたしとしてはやめて正解だったと思っています。

何が言いたいかと言うと、一つの参考としてこの記事を読んでもらえると嬉しいということです。

パワハラに耐え続けるよりもやめたほうが、自分にとって良いときもあるということを知ってもらえるといいかなと思います。

それでは、それぞれの項の詳しい内容に入っていきましょう。

ストレスフリーになり心の不調が減った

一つ目の会社を辞めて得たメリットは、

【ストレスフリーになって心の不調が減った】

です。

マジで、こころの不調が減りました。

会社を辞める前は、

「毎日毎日、明日も会社かヤだな…」

「やらなくていい雑用を押し付けられたり、ひどいことを言われるんだろうな…」

と思い、胸が苦しくなったり、眠れなかったりしていました。

とくにひどかったのが、

「独り言が信じられないくらいに多くなった」

ことでした。

家に帰ると、毎日ひとりごと気づいたら言ってました。

「辛い、会社辞めたい、もう嫌だ」

って毎日言ってましたね…(笑)

しかも独り言を言ってることに気づかないというね…

どうやって気づいたかというと、実家に帰ったときに親に言われてです。

完全にヤバいやつですよね(;’∀’)

あっこれやばい状態なんだなと認識しました。。

じられないくりのストレスがたまっていたということですね。

もちろん、会社を辞めて一カ月ほどで独り言はほとんどなくなりましたのご安心を!

大量のニキビが2ヶ月で消える

2つ目の会社を辞めて得たメリットは、

【大量のニキビが2ヶ月で消える】

です。

当時わたしの顔には、信じられないくらいのニキビができていたのです。

顔中いたるところにありました。

ホントにつらかったですね…

おそらく前項のストレスが原因なのでしょう。

「ストレスニキビ」

というやつです。

とくにひどかったのが、

  • ニキビの中にニキビができる
  • でかいニキビばかりができる

などでした。

赤くて大きいのが大量にできるし、ニキビの中にニキビできるしで辛いことこのうえないです。

しかも、まったく治らないんですよ!

会社を辞めるまでの2年間ニキビが一度も全部なくなりませんでした。

ですが、会社を辞めるとあら不思議…

「2ヶ月でニキビがすべて治る」

というね。

パワハラのストレスが原因だったんだなあ…

とホントに思います。

言葉で心が傷つかない生活を獲得

3つ目の会社を辞めて得たメリットは、

「言葉で心が傷つかない生活を獲得」

です。

これは、パワハラを受けている人はわかるかもしれません。

言葉でね、相手の心を傷つける人が世の中にはいます。

たとえば、

「バカ、アホ、カス」

などのひどい言葉です。

私は実際に、ひどい言葉でののしられ、人格を否定されたことがあります。

アタマを脳震盪が起こるくらいにたたかれた経験もありました。

正直なはなし、毎日のように心が傷ついていました

今でもたまにパワハラで受けたことの数々を、思い出すこともあるくらいです。

しかし、辞めたことで自分の心を傷つける言葉を言われることもなくなりました!

辞めたときに思ったのが、

「もう自分を否定されることはないんだ」

「うれしすぎる!」

でした。

言葉は本当に「鋭利な刃物」です。

ひどい言葉は、あたりまえに人を傷つけます。

わたしは会社を辞めることで、自分の心を守ることができました。

パワハラを我慢するバカらしさを理解できた

4つ目の会社を辞めて得たメリットは、

【パワハラを我慢するバカらしさを理解できた】

です。

おそらく多くの人が、パワハラを我慢しているのではないでしょうか?

もしかしたら、この記事をここまで読んでいるあなたもそうなのではないですか?

ちなみにわたしは、2年間ほどパワハラ我慢しました。

パワハラを我慢した理由は、

  • 自分を育てるための指導だと無理やり思い込んでいた
  • 日本の会社は縦社会だから我慢するしかない
  • わたしがダメだから仕事ができないからだ

という、自分が悪いから、これが普通だからと思いこもうとしていたからでした。

実際のところ、パワハラを我慢する理由は、このパターンが多いのではないかと個人的に思いますね。

日本の会社は、指導とパワハラがごっちゃになることが多いように感じます。

「昔から後輩を育てるときにはこんな風にやってきた!」

という人がわたしの会社には多かったですし、ほかの会社でも同じなのではないでしょうか。

そのため、パワハラを受けている被害者も「これはパワハラではなくて指導なんだ!」と思いこもうとしているのではないかなと考えます。

実際は、あきらかにパワハラでしかないものばかりなのにね…

わたしはパワハラをパワハラと認識するまでに、1年以上かかりました。

あと一歩で、手遅れになるところだったと思います。

会社を退職したあとに、冷静かつ客観的に指導(パワハラ)を思い出してみると、、

「あきらかにパワハラでしかないなこれ」

「なんでギリギリまで我慢していたんだろう…」

という結論に至りました。

「こんなこと言われるのはおかしいよね…ひどいよね」

と感じたことがあったのですが、その時に

「これはパワハラだ」

「我慢しちゃダメだ」

とならなくてはいけなかったと後悔しています。

この経験からパワハラを我慢すると、とてもひどいことになるということが分かりました。

パワハラを我慢することで起きるデメリットは、信じられないくらいに大きいです!

だからこそ、パワハラを我慢することはバカらしい声を大にして言いたいと思います。

この記事を読んでいるあなたも、パワハラを我慢せずに早めに対策をたてましょう。

致命傷になる前に逃げられた

5つ目の会社を辞めて得たメリットは、

【致命傷になる前に逃げられた】

です。

これを最後にしたのには理由があります。

それは、とても重要なことだからです。

ホントにわたしは、致命傷になる前に会社を辞めてよかったと思っています。

なぜなら、当時のわたしは自殺することを考えていたからです。

わたしは、会社に行くのが辛くて辛くて仕方ありませんでした。

毎日のようにしんどくて、イヤで、心が折れていたと思います。

あのころには、死んでも戻りたくありません。

そして、死ななくてよかったと心から思います…

あのときパワハラを我慢して死んでいたら、それこそ死ぬほどの後悔をしていたでしょう。

自分の人生を、この先の未来があるはずだった人生を、自分から終えてしまう…

今なら断言できます。

イヤすぎると…

さらに言えば、家族にも悲しい思いをさせていたに違いありません。

会社を辞めるという選択肢を選ぶほうが死ぬほどマシだと、今なら断言できます!

また、ギリギリのところでPTSDなどの精神疾患にもならず、一生こころの傷をかかえずにすみました。

この記事を読んでいるあなたがもし、パワハラを受けていて致命傷になりそうなのであれば、すぐにでも逃げてほしいです。

いま、自分の人生を生きているのは自分ですよ!

だから逃げていいと思います。

というかパワハラを受けているなら、すぐにでも逃げていいんですよ!

自分の命が、人生が、心が終わることよりはよっぽどマシです!

まさに!にげるは恥だが役に立つ!です!

まとめ

この記事を読んでいるあなたがパワハラを受けていて、辛くて苦しくて仕方ないなら会社を辞めていいと思います。

わたしは、会社を辞めたことで多くのメリットがありました。

ホントにやめてよかったです。

あのまま、会社に勤めていたら…

間違いなく致命傷になっていたことでしょう。

自分の人生を生きているのはあなたなのです。

パワハラなんて我慢することはないんですよ。

世の中にはいろんな選択肢がありますから!

追伸:最後にパワハラを受けて退職を考えているあなたへ向けて

最後にパワハラを受けて退職を考えているあなたへ向けて、

  1. 転職エージェントサービス
  2. 退職代行サービス

の二つをご案内します。

面談とか登録だけなら無料なので、試してみたください。

相談するだけでも、すこしは心に余裕が生まれるので、登録だけするのもオススメです。

ちなみにわたしも、とりあえず登録だけはしてみようと思ってした経験があります。

退職する前に転職先を見つけたいあなたへ

パワハラを受けて退職するといっても、やはり次の仕事を見つけたいですよね。

転職先をみつけるのは、仕事しながらだとむずかしいことも多いので、転職エージェントを使うのがオススメです。

転職の相談や求人とかも見つけてくれますよ。

わたしのオススメする転職エージェントを下記リンクに置いておくので、登録してみてください。

【doda「NO.1転職エージェントサービス」無料相談できます】

退職を切り出すのが難しいあなたに

正直なところ、退職を切り出すのって勇気がいりますよね…

わたしは自分で退職の話を上司にしたのですが、胸が苦しくなり手が震えたりで、上手く話せなかった記憶があります。

しかし、今はとても良い時代で、退職代行サービスというものがあるのです。

マジで羨ましいですね…

自分で退職切り出さなくても、お金を出せば退職代行サービスが手続きをしてくれのですから!

【退職代行サービス「弁護士運営の退職代行」】

最後まで読んでくれてありがとうございます。

それでは、またね。

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
パワハラ 退職 得られた 5つメリット
最新情報をチェックしよう!