5000円分の仮想通貨をもらえる裏ワザはこちら

【パンケーキスワップ版】DeFiの始め方 5ステップで解説

パンケーキスワップ DeFi 始め方

こんにちは、マオーです。

まおー
まおー

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でDeFiを始めたい!

DeFiは、日本の銀行よりも年利がよくて稼げるらしい!でもやり方よくわからないな。

誰かパンケーキスワップでのDeFiのやり方を教えて!

この記事は、上記のことでお悩みの「あなた」に向けて書かれています。

DeFi初心者に、よくオススメされている「パンケーキスワップ」ですが、外国のサイトということもあって難しいイメージがありますよね。

めちゃくちゃ分かります。

わたしも始める前は、「よく分からないし難しいから」という理由で、後回しにしてました。

しかし、「銀行よりもお金をくれる」というじゃないですか!

結果、重い腰を上げて始めることにしたのです。

現在では、DeFiを使って年利10%ほどで、手堅く確実に資産を増やしています。

日本の銀行が、たったの年利0.001%なので、銀行に資産を入れるよりも資産は増えてますね。

というわけで今回は、パンケーキスワップを使ったDeFiの始め方を紹介します。

わたしの経験もつかって、初心者でも分かりやすく解説しました。

今回の内容

①PancakeSwap(パンケーキスワップ)でDeFiを始める方法

②パンケーキスワップでDeFiをするときの注意点

③パンケーキスワップのDeFiは稼げるのか?

この記事を書いているわたしは、じっさいにパンケーキスワップで資産運用しています。

その経験をもとに書いたので、信頼してもらって大丈夫です。

ちなみに、パンケーキスワップで「DeFi」を始めるには、仮想通貨取引所の口座は必須です。

パンケーキスワップでDeFiを始める準備のために、仮想通貨を1000円ほどで買え、各種手数料もタダの「GMOコイン」の無料登録して、BTCなどを買っておきましょう。

無料でGMOコインの口座を作る

>>GMOコインは最短10分で口座開設完了<<

目次
【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でDeFiを始める方法

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のDeFiの始め方を、下記5ステップで解説します。

  1. 海外と国内の仮想通貨取引所の口座を作成
  2. メタマスクのアカウント作成
  3. パンケーキスワップにログイン
  4. ファーミングする仮想通貨(トークン)を用意
  5. パンケーキスワップでファーミング開始

それぞれチェックしていきましょう!

海外と国内の仮想通貨取引所の口座を作成

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のDeFiを始めるために、仮想通貨取引所の口座開設が必要です。

理由は、DeFiをするために仮想通貨がいるから。

また今回、パンケーキスワップの「ファーミング」という方法で、DeFiを行います。

その際に、LPトークンと呼ばれる、2種類の仮想通貨を組み合わせたトークンを作ります。

つまり、この2種類のトークンを用意するために、「仮想通貨取引所が入る」ということですね。

オススメの仮想通貨取引所は、下記の2つです。

  • 国内:GMOコイン
  • 海外:バイナンス

この2つを作っておけば間違いありません。

わたしも上記の取引所を使ってDeFiを始めました。

ちなみに仮想通貨取引所は、口座を作るまでに「1日〜1週間」ほどかかることがあります

後まわしにすると、「すぐに始めたい」という時に行動できません。

機会損失しないためにも、取引所だけは、今つくることをオススメします。

無料でGMOコインの口座を作る

>>GMOコインは最短10分で口座開設完了<<

GMOコインの口座をつくる方法は、下記の記事でくわしく解説してます。

>>【最短10分】GMOコインの口座開設方法を5ステップで解説 / GMOコインアカウント登録方法

まおー
まおー

GMOコインなら最短10分で口座開設完了します。GMOコインは総合力No.1の仮想通貨取引所です。オリコン1位にも選ばれ、大企業のGMOインターネットが運営しています。送金手数料など各種手数料もタダ。損なく仮想通貨トレードできます。

無料でアカウント登録できる

>>最短10分でバイナンスの口座開設<<

バイナンスのアカウント登録方法は、下記の記事でくわしく解説してます。

>>【初心者でもできる!】binance(バイナンス)の口座開設方法を3ステップで解説

まおー
まおー

バイナンスは、世界最大級の仮想通貨取引所です。上記から登録すると「5%手数料OFF」になります。口座開設も最短10分程度で完了します。

メタマスクのアカウント作成

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のDeFiを始めるために、仮想通貨ウォレットのメタマスクのアカウント登録が必要です。

なぜなら、メタマスクがないとパンケーキスワップにログインできないからです。

※メタマスク以外の仮想通貨ウォレットでもパンケーキスワップにログインできます。ここでは、もっともユーザー数が多く使いやすいメタマスクで解説します。

メタマスクのアカウント登録方法は、下記の記事でくわしく解説しています。

>>MetaMask(メタマスク)の登録方法を7つのステップで解説/画像を15枚使って徹底解説

サクッと10分でアカウントを作れます!

PancakeSwap(パンケーキスワップ)にログイン

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でDeFiを始めるために、「ログイン作業」に入りましょう。

なぜなら、パンケーキスワップのサイトにログインしないと、DeFiの機能を使えないからです。

ログイン作業では、下記の3つの作業も含まれます。

  • BNBをメタマスクに入金
  • 各種作業に必要な手数料(ガス代)用のBNBを用意
  • メタマスクにバイナンススマートチェーン(BSC)を追加

難しく感じるかもしれませんが、安心してくださいね。

下記の記事を読めば、仮想通貨初心者さんでもサクッとできます!

初心者向けにカンタンに、パンケーキスワップのログイン方法を解説しました。

>>【徹底解説】PancakeSwapの始め方 9ステップで解説

こちらの記事は、5分程度でカンタンに読めますよ!

ファーミングする仮想通貨(トークン)を用意

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で、DeFiを始めるの必要な仮想通貨(トークン)を用意します。

今回はファーミングという方法で、DeFiを始めます。

ファーミングをするために、2つのトークンを使って、LPトークンと呼ばれるモノを作り出さないといけません。

難しいように感じると思います。

ここでは深く考えずに、2つの仮想通貨を用意して、「指定の場所に入れたらファーミング(DeFi)を始められる」と思ってください。

ファーミングに必要なトークンを用意しましょう。

まずは、パンケーキスワップに移動します。

>>パンケーキスワップへGo

メタマスクとパンケーキスワップを接続します。

「Connect Wallet」をクリック。

「Metamask」をクリック。

画面右上の指定場所に、あなたのメタマスクのウォレットアドレスが、表示されたらログイン完了です。

ファーミングを行うためのトークンを用意します。

まずは、どの通貨同士でLPを組むか決めましょう

ファーミングページに移動して、LPを組む仮想通貨を選択します。

画面左上の「Earn」にカーソルを合わせて、「Farms」をクリックです。

「Farms」ページに移動します。

下記画像のように、通貨のペア一覧が表示されてると思います。

この一覧が、ファーミングできるペアになります。

もっともリスク低めなのは、ドルステーブルコインの「USDT/BUSD」などのペアですね。

なぜなら米ドルに価格が連動するトークンなので、価格変動リスクが低いからです。

初心者さんは、ドルステーブルコインのペアにすることをオススメします。

※ドルステーブルコインとは、アメリカの通貨である「米ドル」と連動したトークンのことです。ドルステーブルコインには、BUSD・USDT・USDCなど、さまざまな種類があります。それぞれ発行している運営が違います。

ちなみに、今回は「BNB-BUSD」でのペアで解説しています。

では、じっさいに自分の好みのペアを見つけてみましょう。

下記画像の指定部分にある検索窓に、「USDT」と入力します。

すると、USDTに対応した、ファーミングのプランが表示されました。

こんな感じで、あなたの組みたいファーミングのペアを探せます。

USDT-BUSDのペアを選ぶなら、下記の画像して部分をクリックすればOKです。

ファーミングは、2つの仮想通貨を「1:1の割合」にして行います。

そのため上記の場合だと、「USDT:BUSD=1:1」に通貨の量を調整しないといけません。

つまり、USDTが10枚なら、対となるBUSDも10枚用意するというですね。

では、ファーミングするペアを用意していきましょう。

今回は「BNB-BUSD」を作ります

※交換するときにBNBをすべて交換するのはNGです。パンケーキスワップでは、BNBを手数料(ガス代)として利用するので、少しだけ(0.1BNBくらい)残しましょう。

パンケーキスワップの画面左上の「Trade」にカーソルを合わせて、「swap」をクリックです。

swap画面に移動します。

通貨の両替に入りましょう。

メタマスクに入金されているBNBをBUSDに交換します。

BNBを1万円分なら、BUSDも1万円分に調節して交換します。

※このとき、すべてのBNBを交換してはいけません。BNBはペアと手数料に使う分を残しましょう。

「BNB→BUSD」に交換します。

「CAKE」をクリック。

検索窓に「BUSD」と入力し、BUSDをクリックです。

BUSDの項に、あなたがほしい分の枚数を入力しましょう。(例:10)

枚数を入力したら「スワップ」をクリック。

「スワップの確定」をクリックです。

メタマスクが表れて、ガス代の請求等されるので、アナウンスに従ってください。

BNBは、もともとあるものを使うので、「BNB:BUSDペア」の用意完了です!

もう一度、注意しておきます。

この後の作業でも「ガス代(手数料)としてBNB」を利用しますので、必ず残しておきましょう。

パンケーキスワップでファーミング開始

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で、DeFiを始める手順の最後です。

パンケーキスワップでファーミングを開始しましょう。

ここでは、「BNB-BUSD」でのファーミング方法で解説します。

もちろん、通貨のペアについては、あなたの好きなモノにしていただいてOKですよ!

まずは、ファーミングページへ移動します。

画面右上の「Earn」にカーソルを合わせて、「Fams」をクリックです。

「BUSD-BNB」をクリックです。

いくつかの項目が表示されます。

「Get BUSD-BNB LP」をクリックです。

Add Liqudityページに移動します。

ここで、BUSD-BNBのLPトークンを作ります。

BUSDの部分に、数量を入力してください。

そうすると、「BNB」の方にもBUSDの枚数に合わせた数量が表示されます。

枚数の入力が終わったら、「Enable BUSD」をクリック。

同時にメタマスクが出てくるので、アナウンスに従って作業を完了させてください。

すこし時間をおくと、Supplyのボタンが押せるようになります。

「Supply」をクリックです。

「You will receive」の画面に移動します。

「Confirm Supply」をクリックです。

メタマスクが表示され、ガス代の請求等を行います。

アナウンスに従って、作業を完了させましょう。

下記の画面が表れたらOKです。

「Liquidity」に、あなたの作ったLPトークンがあることを確認してください。

BNB/BUSDのペアがあれば、最後の段階に入ります。

再度、「Farms」のページに移動しましょう。

Farmsページに移ったら、「BUSD-BNB」の項をクリックです。

Farmを有効化します。

「Stake LP」をクリックです。

「Stake Lp tokens」ページに行きます。

「Max→Confirm」の順でクリックです。

これで完了です。

画面右上にアナウンスが現れたOK!

これで、パンケーキスワップで、DeFiを始められましたね!

下記の画像の状態になっていれば、無事にファーミング完了しています。

  1. CAKE獲得:利益
  2. 収穫:利益をゲットできるボタン

※ちなみにパンケーキスワップは、CAKEという仮想通貨をゲットできます。

パンケーキスワップでDeFiをするときの注意点

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で、DeFiを始める際の注意点の紹介です。

下記3つにわけて解説しますね。

  1. 利益は税金の対象
  2. 偽サイトに気を付ける
  3. インパーマネントロス

それぞれチェックしていきましょう。

利益は税金の対象

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のDeFiで得た利益は、「税金」の対象になります。

ちゃんと申告しないと、問題になるので気をつけましょう。

この辺については、法律に触れるところなので、詳しく解説できません。

税理士さんか近くの税務署に、相談することをオススメします。

偽サイトに気を付ける

PancakeSwap(パンケーキスワップ)には、偽サイトが存在します。

もし偽サイトでDeFiを始めてしまうと、あなたの資産が奪われることもあるのです。

対策として、下記の内容は頭に入れておきましょう。

  • シードフレーズを入力しない
  • 公式Twitterから公式サイトに行く
  • Google検索上位の広告はクリック✖️
  • ブログから公式サイトへ行く(わたしのブログでもOK)

このように対策をとっておけば、安心してDeFiを始められます。

インパーマネントロス

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でDeFiを始める際に、インパーマネントロスに注意しておきましょう。

インパーマネントロスとは、仮想通貨の価格変動リスクのことです。

たとえば、BNBが10,000円だったときにDeFiを始めたけど、数日後に9000円になってたとします。

この時1000円の損失が出ています。

しかし、LPを組んでいると通貨を動かせないので、損切りもできず損失が膨らみ続けるのです。

逆もまたしかりで、利益が増えているのに、利益確定できません。

このような現象を、インパーマネントロスと言います。

と言ってもLPは解除可能です。

もし許容できない価格変動があれば、LPを解いて利益確定や損切りを行えば問題ありません。

また普通の仮想通貨ではなくて、「ドルステーブルコイン」のように変動リスクの少ないトークンを使って、ファーミングするのもありですね。

パンケーキスワップのDeFiは稼げるのか?

「PancakeSwap(パンケーキスワップ)でDeFiを始めて稼げるのか?」という疑問にお答えします。

結論から言って、「稼げます!」

なぜなら、じっさいにわたしも稼いでいるからです。

わたしは、「BNB-BUSD」のペアで、10万円分あずけています。

すでに1000円分くらい溜まってますね。

おそらく、銀行に10万円あずけても、これだけの利益はありません。

むしろ円を持ってるというだけで、マイナスになるでしょう。

早めにやっておけばやっておくだけ、プラスになると考えられます。

まとめ(パンケーキスワップでDeFIを始める方法)

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でDeFiを始める方法でした。

最後にまとめていきましょう。

  1. 海外と国内の仮想通貨取引所の口座を作成
  2. メタマスクのアカウント作成
  3. パンケーキスワップにログイン
  4. ファーミングする仮想通貨(トークン)を用意
  5. パンケーキスワップでファーミング開始

これで、パンケーキスワップでDeFiを始められましたね!

早く始めれば早く始めた分だけ利益をえられるので、この機会に運用してみましょう。

ちなみに、パンケーキスワップの運用実績報告記事も書いてます。

>>【DeFi】パンケーキスワップ運用実績報告 「数ヶ月運用した結果を公開」

参考にしてくださいね。

クリプトブレイズを始めるために必要な仮想通貨を、スムーズに用意するためにも、今のうちに仮想通貨取引所だけでも作っておきましょう。

オススメは最短当日に仮想通貨を買える「GMOコインとバイナンス」です。

口座の開設はタダなので、サクッと作って、スムーズにゲームのプレイを出来るようにしましょう。

無料でGMOコインのアカウントを作る

>>最短10分で口座開設完了<<

無料でアカウント登録できる

>>最短10分でバイナンスの口座開設<<

【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所
パンケーキスワップ DeFi 始め方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次