5000円分の仮想通貨をもらえる裏ワザはこちら

OpenSeaでNFTアートを販売する方法 /NFTの出品のやり方を解説

こんにちは、マオーです。

OpneSeaでNFTを販売するやり方を教えてほしい!

上記のことでお悩みの「あなた」に向けて書きました。

じっさいにNFTクリエイターとして、NFTアートを売っているわたしが解説します。

記事を最後まで読めばあなたの悩みは解決し、NFTを販売することができますよ。

OpneSeaから「NFT」を販売する方法を、初心者向けにわかりやすく説明しますね。

目次
【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所

OpenSeaとNFTについてカンタンに解説

NFTの販売方法の解説のまえに、OpenSeaとNFTについてカンタンに解説しますね。

「すでに理解している」

という場合は、スキップしていただいて大丈夫です

まずは、「OpenSea」の説明をします。

【OpenSeaとは?】

OpneSeaはNFTの売買ができる、公式マーケットプレイスです。

世界最大級のNFTマーケットで、ほとんどのNFTアーテイストとコレクターがNFTを売買しています。

NFTの流通総額は2021年10月時点で「3650億円」です。

次にNFTの説明です。

【NFTとは?】

NFTは、「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略です。

シリアルナンバーの入った、画像データをイメージしてください。

データをNFT化することで、たくさんのコピーされた画像などの中から、ある一つの画像データが本物であることを証明できます。

さらにNFTの詳しい解説はこちら>>>NFTとは?仮想通貨から生まれたNFTの基本情報や仕組みなどを徹底解説!

【はじめに】OpenSeaでNFTを販売するための準備物

NFTをOpenSeaで販売する前に、準備するモノを紹介します。

※すでに準備完了している方は、この項をスキップして大丈夫です。

  1. 国内の仮想通貨(暗号資産)取引所
  2. 仮想通貨のイーサリアム(ETH)
  3. 仮想通貨ウォレットのメタマスク
  4. OpneSeaとメタマスクの連携
  5. メタマスクにポリゴンネットワークを接続する

上記の「5つ」を用意しておきましょう。

それぞれのくわしい解説は、下記の記事を参考にしてくださいね。

>>>【NFTの始め方まとめ】NFTのやり方・売買方法・儲ける方法

また、今回はイーサリアムチェーンでのNFTを出品する方法です。

ポリゴンチェーンでの販売方法は、下記の別記事で解説しています。

>>>【OpenSea版】ポリゴンを用いてNFTを無料で販売する方法

NFTをOpenSeaから販売する方法「7つの手順で解説」

NFTをOpeaSeaから販売する方法です

下記の「7つ」の手順から解説しますね。

  1. OpenSeaのトップページに行く
  2. OpneSeaにメタマスク(仮想通貨ウォレット)でログイン
  3. OpneSeaのコレクションを作成する
  4. コレクションの情報を入力しよう
  5. OpneSeaに自分のNFTにしたい作品を登録
  6. 作成したNFTの値段を決めよう
  7. OpneSeaにNFTを発行

それぞれ詳しく見ていきましょう。

OpenSeaのトップページに行く

NFTをOpeaSeaから販売するために、OpenSeaのトップページに行きましょう。

下記からOpneSeaの公式サイトに飛べます。

>>>OpenSaa公式サイトへ行く

OpenSeaには、偽サイトがあるので注意してください。

※上記のリンクは安全です。

Googleの検索上位に「広告枠」で、「偽の詐欺サイト」があります。

偽サイトに登録してしまうと、あなたの資産をうばわれるので気を付けましょう。

また、OpneSeaのアカウント登録がまだの方は、この機会に登録しておきましょう。

登録方法を下記の記事で、くわしく解説しています。

>>>【初心者向け】OpenSeaの始め方/登録方法やプロフィール設定まで解説

OpneSeaにメタマスク(仮想通貨ウォレット)を使ってログイン

NFTをOpeaSeaから販売するために、仮想通貨ウォレットの「メタマスク」でログインしましょう。

※OpenSea指定の仮想通貨ウォレットならどれでもメタマスクでなくても「OK」。ここではメタマスクを使ったログイン方法を紹介。

OpneSeaトップページにある、「人形」のアイコンをクリックです。

人形のアイコンをクリックすると、「Connect your wallet.」の画面が表示されます。

一番うえの「MetaMask」をクリックしましょう。

パスワードを入力して、「ロック解除」をクリックです。

これで、OpenSeaにログインできます。

メタマスクのアカウント作成が終わってない方は、この機会に作っておきましょう。

アカウント作成方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

>>>MetaMask(メタマスク)の登録方法を7つのステップで解説/画像を15枚使って徹底解説

メタマスクを開いたらやっておくこと

メタマスクを開いたら、NFTを販売(発行)する予定の「チェーン」に変えておきましょう。

と言っても、「ちょっと意味がわからない」となる方もいると思います。

この辺を少しだけ解説しますね。

※理解している方はスキップしていただいて大丈夫です。

OpneSeaはNFTを売る際に、2つのチェーン(ネットワーク)のどちらかを選ばないといけません。

この2つのチェーンとは「イーサリアム」と「ポリゴン(マティック)」です。

「イーサリアム上」でNFTを販売する際には、メタマスクのメインネットを「イーサリアムメインネットワーク」に変更しましょう。

「ポリゴン(マティック)」上でNFTを販売する際には、メタマスクのメインネットを「マティックメインネットワーク」に変えます。

※ポリゴンを使う場合は、メタマスクにポリゴンネットワークを接続しないといけません。方法は下記の記事で解説しています

>>>MetaMask(メタマスク)にPolygon(Matic)ネットワークを接続する方法

ちなみに、ポリゴンだとガス代と呼ばれる手数料がタダです。ただし、状況によって手数料がかかることもあります。

OpneSeaのコレクションを作成する

NFTをOpeaSeaから販売するために、あなたのNFTコレクションを作成しましょう。

コレクションは、自分のNFTコレクションを並べる、入れ物のような場所です。

パソコンの「フォルダ」を、イメージしてもらえると分かりやすいと思います。

このコレクションに自分の制作したNFTを投稿していきます。

OpenSeaにログインしたら、「人形」のアイコンにカーソルを合わせてください。

人形にカーソルを合わせると「5つの項目」が表示されます。

「My Collections」をクリックです。

「My Collections」ページが開くので、「Create a Collection」をクリックです。

画面右上にメタマスクが表れて、「署名」を求められます。

「署名」をクリックしましょう。

「Create your Collection」ページに飛べたら「OK」です。

あなたのコレクション情報を入力

NFTをOpeaSeaから販売するために「 Create your Collection 」のコレクション情報を入力していきましょう。

まずは、下記の画像の各項目を埋めていきます。

それぞれの項目の内容は下記です。

  • Logo image:コレクションのロゴ
  • Fetured image:コレクションのアイキャッチ(OpenSeaの紹介ページで使用される)
  • Banner image:コレクションのヘッダー

ここは、自分のコレクションのブランディングために重要です。

しっかりと考えて作りましょう。

※後から変更することも可能です。お試しで作る場合は適当でもOK。ただし、お試しの場合は「ポリゴン(マティック)ベース」で作りましょう。イーサリアムベースだと、ガス代(手数料)が必要な作業がありますので。

次に下記の画像の各項目を埋めていきましょう。

それぞれの意味をカンタンに解説しますね。

  • Name:あなたのコレクションの名前
  • URL:あなたのコレクションのURL(SNSやブログに貼れる)
  • Description:あなたのコレクションの紹介文(NFTの解説など)

注意点として、下記3つがあります。

  • コレクションの名前とURLは同じ文字列にする
  • すでに存在しているコレクションの名前とURLは入力できない
  • コレクションの紹介文はあなたのNFT作品のコンセプトを伝える

あなたのNFTコレクションのカテゴリーを決めていきましょう。

「Category」と「Links」を入力します。

「Category」は、あなたの作品の種類に合うモノにすると良いです。

たとえば、下記のような感じで決めるのことをオススメします。

  • アートよりなら「Art」
  • 似たような画像を何枚も販売する場合は「Collectibles」

「Links」 は、あなたのNFT作品をPR(シェア)できる、SNS(Twitter)などの媒体があれば入力しましょう。

OpneSeaページに訪れた方は、NFTを購入する差に、この辺をかなり重要視しています。

SNSなどNFT作品をPRする媒体は、作りこんでおいてくださいね。

つづいて「Royaltieas」の設定を行います。

OpenSeaでは、自分の作品が二次流通(あなたの作品が転売されること)したときに、設定したパーセンテージ分がもらえます。

※ロイヤリティ設定をしないと二次流通の際に稼げないので損です。「ロイヤリティはいらいない」という場合だけ「0」にしましょう。

「Your payout wallet address」の項を入力します。

ここには仮想通貨ウォレット「メタマスク」の「ウォレットアドレス」を入れます。

メタマスクを開いてください。

メタマスク

メタマスクの「Account1」と書かれた場所の下にある「Ox××」がウォレットアドレスです。

「Ox××」の部分をクリックです。

クリックするとウォレットアドレスがコピーされます。

注意点

あなたのNFTを販売するチェーンによって、メインネットワークを変更しましょう。

イーサリアムなら「イーサリアムメインネットワーク」

✔ ポリゴン(マティック)なら「マティックメインネットワーク」

上記の2つのどちらかのネットワークに変更し、メタマスクのウォレットアドレスをコピーです。

メインネットワークの変更方法は下記です。

①メタマスクのキツネマーク横にある「○○メインネット」をクリックする

②○○メインネットの中から対象のネットワークを選択(たとえば、イーサリアムメインネット)

コピーしたメタマスクのウォレットアドレスを、「 Your payout wallet address」にコピペしてください。

使うブロックチェーンを決めます。

  • 「イーサリアムのブロックチェーン」なら『Blockchain』から『Ethereum』
  • 「ポリゴンのブロックチェーン」なら『Blockchain』から『Polygon』

使用する暗号資産(仮想通貨)を指定します。

「この通貨じゃないとイヤだ」ということがなければ、「ETH・WETH」で大丈夫ですよ

最後に、作品の表示方法を決めます。

『Explicit & sensitive content』は、NFT作品が過激な方以外は「Off」でOKです。

※基本的にいじる必要はありません。

すべての入力が終わったら「 Create 」ボタンをクリックです。

仮想通貨ウォレットのメタマスクから「署名」を求められます。

署名ボタンをクリックです。

これであなたのNFT作品を入れる「コレクション」が作れました。

OpneSeaに自分のNFTにしたい作品を登録

NFTをOpeaSeaから販売するために、NFTを投稿します。

画面右上にある項目から「Create」をクリックです。

「Create new item」ページが開きます。

あなたのNFT作品の情報を入れていきましょう。

それぞれの項目の意味は下記です。

  • Image, Video, Audio, or 3D Model:あなたの作品をアップロード
  • Name:あなたの作品の名前
  • External Link:あなたの作品をくわしく解説しているWebページがあるならURLを入力
  • Description:あなたの作品の説明

※あなたのNFT作品の世界観や込められた想いなどを、しっかりと記入しましょう。

上記の作業がおわったら、どのコレクションであなたのNFTを販売したいかを決めます。

「Select collection」の右側にある下矢印をクリックして、前項で作成したコレクションを選びましょう。

NFT作品のさらに詳細なデータを記入していきます。

それぞれ、下記の意味があります。

  • Properties:グループ分けする
  • Levels:ステータスを設定
  • Stats:統計情報
  • Unlockable Content:ロック解除の可否
  • Explicit & Sensitive Content:刺激的な作品か否か

この中で『Stats』『Unlockable Content』『Explicit &Sensitive Content』は、ほぼ変えなくても大丈夫です。

※わたしはほとんどイジってません。

NFTの売買につかう設定を決めていきます。

  • Supply:NFTの販売枚数
  • Blockchain:売買に使うブロックチェーンを決める「イーサリアム or ポリゴン」
  • Freeze metadata:データ凍結の可否

それぞれ、設定していきましょう。

注意点「Freeze metadata」について

「Freeze metadata」 を設定の可否によって、NFT作品が下記のような状態になります。

設定する:NFT作品が分散型サーバーにアップされる

設定しない:NFT作品がOpneSeaのサーバーにアップされる

この「Freeze metadata」を設定することで、「NFTを永久的に残す」ことが可能です。

ただしガス代(手数料)が必要になります。

Freeze metadata を設定すると、永久的に編集や削除ができなくなるので注意しましょう。

設定しない場合は、OpneSeaがつぶれてなくなった時に、あなたのOpneSeaにあったNFT作品が消滅します。

すべての項目の入力がおわったら、「Create」をクリックです。

「You created Truth!」と表示されます。

右上の「×」を押してください。

これでNFT作品の投稿完了です。

作成したNFTの値段を決めよう

NFTをOpeaSeaから販売するために作成したNFTの「値段」を決めます。

画面右上の「Sell(売る)」ボタンをクリックです。

「List item for sale」画面が開きます。

  • Type:販売形式
  • price:あなたのNFT作品の値段

上記の2つを入力してください。

「Type」は「Fiexed Price」と「Timed Auction」のどちらかを選らびます。

ここでは通常の販売方法なので、Fiexed PriceでOKです。

※ Timed Auction はオークション形式での販売になります。オークションをしたい方はこちらを選択しましょう。

どちらとも入力できたら「Complete listing」のボタンをクリックです。

Complete your listingが表示されます。

もし「Unlock」が表示された場合は、『Unlock』ボタンをクリックしましょう。

画面右上に「メタマスク」から「署名」を求められます。

「署名」をクリックです。

最後に「Sign」をクリックします。

OpneSeaにNFTを発行

NFTをOpeaSeaから販売するために、一度「初期化」しないといけません。

自分のOpneSeaアカウントの初期化には、ガス代(手数料)がいります

手数料は時期によって、「高いときも安いときもある」ので注意です。

この手数料を払えば、OpneSeaでNFTを発行できるようになります。

注意点

「初期化及び手数料の支払い」は、「イーサリアム」のチェーンを使ったNFTの発行でのみ必要です。

ポリゴンチェーンベースでNFTを発行する場合は、手数料ほぼ無料(0のようなモノ)となっています。

イーサリアムベースでのNFTに発行にかかる手数料は、「1回」のみです。

手数料を1度はらえば、それ以降はかかりません。

画面右上にメタマスクから、必要な手数料(ガス代)が表示されるので、内容(金額)を確かめて「確認」ボタンをクリックです。

次に「トークンを追加」ボタンをクリックします。

ここでは30~60分ほどで処理が終わります。

※ガス代(手数料)を上乗せすると処理がはやくなります。この作業は追加でお金がかかるので、どうしてもする必要があるとき以外はしないほうが良いでしょう。

処理が完了したら、あなたのNFT作品が販売されます。

NFTを販売する際の注意点

NFTをOpeaSeaから販売するためときの注意点を、下記の「3つ」から解説します。

  1. 販売してもすぐに売れるとは限らない
  2. ガス代(手数料)の高騰に気を付けよう
  3. 二次流通の利率設定をしておく

それぞれ、詳しく解説しますね。

販売してもすぐに売れるとは限らない

NFTは、販売してもすぐには売れません。

下記のような方の場合は特にです。

  • 自分の固定ファンがいない
  • SNSのフォロワー数が少ない「1000人以下」
  • イラスト作成などのコンテンツ作成が未経験

この条件に当てはまる方は、きびしい戦いとなるでしょう。

わたしも同じように、この条件に当てはまり、きびしい状況です。

だからと言ってあきらめないでくださいね。

継続していけばファンもできて、売れるようになります。

「じゃあどうやったら売れるの?」

というあなたのために、わたしのNFT作品が売れた時の記事を置いておきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

>>>NFTアートを販売開始「5日」で売った方法/NFT開始5日で0→1(収益化)達成する方法

ガス代(手数料)の高騰に気を付けよう

先述したとおり、NFTの販売には「ガス代(手数料)」が必要です。

手数料は時期によって、安いとき・高いときがあります。

たとえば、下記のような感じです。

  • 高いとき:10000円以上
  • 安いとき:3000~5000円

高いときに払うと損なので、できるだけ安い時に払いましょう。

ただし「このタイミングでないとダメなんだ!」

という場合は、高い手数料を払ってでも、NFTを販売してもよいと思います。

二次流通の利率設定をしておく

NFTの販売方法の説明のなかで、「2次流通の利率設定」の話をしました。

あなたができるだけ稼ぎたいと考えてるなら、利率設定は必要です。

でないと、2次流通したときにお金がもらえないので、最大限の利益をえることができません。

まとめ(OpneSeaでNFTを販売する方法)

OpneSeaでNFTを販売する方法でした。

カンタンに、販売する方法の内容をまとめますね。

  1. OpenSeaのトップページに行く
  2. OpneSeaにメタマスク(仮想通貨ウォレット)でログイン
  3. OpneSeaのコレクションを作成する
  4. コレクションの情報を入力しよう
  5. OpneSeaに自分のNFTにしたい作品を登録
  6. 作成したNFTの値段を決めよう
  7. OpneSeaにNFTを発行

これでNFTを販売できます。

NFTクリエイターとして、どんどん作品を作っていきましょう!

【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次