注目キーワード
  1. 仮想通貨(暗号資産)
  2. NFT
  3. GameFi

OpenSeaでNFTアートを買う方法【7つのステップで解説】

NFT OpenSea NFTアート 買う方法 購入 

こんにちは、マオーです。

 
マオー

OpenSeaでNFTを買いたい…
けど方法がよくわからないなぁ
買う方法を教えてほしい!

この記事は、上記のことでお悩みの「あなた」に向けて書かれています。

今回の内容はこちら!

  • OpenSeaでNFTを買う方法まとめ
  • OpenSeaでNFTを買うまえの準備
  • OpenSeaとNFTのカンタンな解説

わたしはNFTクリエイターとして、NFTの購入・販売を経験しています。

この経験をふまえて、初心者にもわかりやすく、「NFTの買い方」を解説しますね!

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

【はじめに】OpenSeaとNFTについて解説

はじめに、「OpneSea」と「NFT」について、初心者向けに解説します。

「もうどっちともカンペキ!」

という方はスキップしてOKです!

では、それぞれ解説していきましょう。

OpenSeaについて】
OpenSeaは、世界最大のNFT公式マーケットプレイスです。
NFTの流通量はOpenSeaだけで、「9割」を占めています。

多くのNFTクリエイターが、ここでNFTを販売してます。
【NFTについて】
NFTは、「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略です。
シリアルナンバーを入れた画像データをイメージしてください。

データをNFT化することで、コピーされた画像の中から、ある一つの画像データが本物であることを証明できます。

さらにNFTの詳しい解説はこちら>>>NFTとは?仮想通貨から生まれたNFTの基本情報や仕組みなどを徹底解説!

OpenSeaでNFTアートを買うまえの準備

OpenSeaでNFTを買うまえに、準備するものが下記の「5つ」あります。

  • 仮想通貨(暗号資産)取引所の口座をつくる
  • 仮想通貨のイーサリアム(ETH)を購入
  • 仮想通貨ウォレット(メタマスク)を作成
  • イーサリアムをメタマスクに送金
  • NFT公式マーケットプレイスOpenSeaのアカウント登録

これらを準備しないと、NFTを購入できません。

用意しておきましょう。

この辺の詳しい解説は、下記の記事に書いているので参考にしてくださいね。

>>>【NFTの始め方まとめ】NFTのやり方・売買方法・儲ける方法

OpenSeaでNFTアートを購入する「7つ」のステップ

OpenSeaでNFTを購入する方法を、下記の「7つ」のステップで解説します。

  1. OpenSeaにメタマスクでログイン
  2. 買うNFT作品を見つける
  3. NFTの販売方式やイーサリアムの表記を確認しよう
  4. 欲しいNFT作品のページに行く
  5. NFTアートが本物か確認しよう
  6. NFT作品を購入する
  7. NFTアートを買えたか確認する

それぞれ、くわしく見ていきましょう。

OpenSeaにメタマスクでログイン

最初に、OpenSeaにメタマスクでログインします。

※OpenSea指定の仮想通貨ウォレットであれば、メタマスクでなくてもOKです。

まだ「OpenSea」と「メタマスク」のアカウントを持ってない方は、この機会に作りましょう。

それぞれのアカウント作成方法は、下記の記事で詳しく解説しています。

>>>MetaMask(メタマスク)の登録方法を7つのステップで解説/画像を15枚使って徹底解説

>>>【初心者向け】OpenSeaの始め方/登録方法やプロフィール設定まで解説

買うNFTアートを見つける

買いたいNFTアートを見つけましょう。

下記の検索窓からNFTアート名を入れると、探すことができます。

また、下記のような条件をつけて検索することも可能です。

  • Status
  • Price
  • Collection
  • Chains
  • Categorois
  • On Sale in

国内のNFTアートが欲しい場合は、「miinさん」が運営している「NFTランキング」を参考にすると見つけやすいですよ。

また、TwitterなどのSNSでも自分のNFTアートをツイートしてる方は、たくさんいらっしゃいます。

検索してみると良いでしょう。

NFTアートの販売方式やイーサリアムの表記を確認しよう

買いたいNFTが見つかったら、「NFTの販売方式(イーサリアムの表記)」を確認してください。

OpenSeaでは、イーサリアムの表記を確認することで、販売方式がわかります。

イーサリアムの表記とは、下記の画像のやじるしのところです。

あなたが見ている、イーサリアムの表記は下記の画像のどれかだと思います。

✔ 通常版のイーサリアム

Polygon版のイーサリアム

✔ オークション形式

このうち、通常版とPolygon版のイーサリアム表記は、OpenSeaでもっとも一般的なNFTの買い方です。

今回は、この一般的な買い方について解説しています。

「うーん、何を言ってるのか、よくわからない…」

となっている方もいらっしゃると思います。

ご安心くださいね。

  • どういうモノなのか
  • 何がちがうのか

上記のこともふまえて、次からそれぞれ解説します。

通常版のイーサリアム

通常版のイーサリアムとは、そのままの意味です。

何も手を加えていない、ふつうのイーサリアムになります。

この場合は、とくに何もする必要はありません。

仮想通貨ウォレットのメタマスクに、イーサリアム(ETH)を入金しておけば、NFTを買えます。

Polygon版のイーサリアム

Polygon版のイーサリアムとは、Polygonウォレットに入金したイーサリアムのことです。

ポリゴンとは?
Polygonというプラットフォームのことを意味する。仮想通貨のMATICの提供・プラットフォーム内で仮想通貨の交換などができる。Polygonウォレットとは、ポリゴンのプラットフォーム内で使用できるWebウォレット。

「イヤ…意味わかんない」

と思っていると思います。

詳しくかつカンタンに解説しますね。

「国ごとの通貨の違い」をイメージしてください。

日本とアメリカでは、モノを買うための通貨がちがいますよね?

これと同じで、NFT公式マーケットプレイスの「OpneSea」には、通貨のちがう「2つ」の「国」が存在しています。

2つの国とは、下記です。

  • イーサリアム国
  • ポリゴン国

現実世界で国ごとに通貨がちがうように、OpneSea内でも国ごとに通貨が異なります。

たとえば、こんな感じです。

  • イーサリアム国は通常のイーサリアム「黒色で表示される」
  • ポリゴン国はポリゴン版のイーサリアム「ピンク色で表示される」

上記の2つは「色」によって、ちがいが示されています。

つまり、ポリゴン国でNFTを買うには、ポリゴン版のイーサリアムが必要なので

このPolygon版のイーサリアムというのが、「Polygonウォレットに入金した状態のイーサリアム」になります。

ポリゴン国にあるNFTは、Polygon版のイーサリアムを用意しないといけません。

  1. メタマスクにPolygonネットワークを接続
  2. Polygonウォレットにイーサリアムを入金

などの作業がいります。

この辺は、下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてくださいね。

>>>MetaMask(メタマスク)にPolygon(Matic)ネットワークを接続する方法

オークション形式

NFTの販売方法には、オークション形式があります。

ヤフーオークションのNFT版を、イメージしてもらえるとわかりやすいでしょう。

オークション形式は、下記の流れで出品され落札されます。

  1. NFTをオークション形式で出品(最低価格なども記入できる)
  2. オーディエンスが自分の買いたい金額で入札する
  3. 落札される

※入札する際にガス代(手数料)がかかるので注意

欲しいNFT作品のページに行く

買いたいNFTアートの販売方式を確認したら、作品のページに行きましょう。

NFTアートをクリックすると、作品の購入ページに飛べます。

※下記の画像はイメージです。

「Buy Now」のボタンをクリックです。

NFTアートが本物か確認しよう

購入するNFTアートの、詳細なデータが表示されます。

NFTアートのコレクション名やクリエイター名を、しっかりと確認してください。

できれば、出品者のSNS等も見ておくとよいです。

確認したら、画像下部にチェックを入れましょう。

※Twitterで検索するのもアリです。本物の出品者が自分のニセモノを、Twitterで流して注意喚起のアナウンスをしていることがあります。

NFTアートを価格を確認して購入する

NFTアートを価格を確認して購入しましょう。

「Confirm Chekout」が表示されます。

問題がないか確認したら、「チェックアウト」ボタンをクリックです。

NFTを買うときに、ガス代(手数料)が発生します。

ポリゴン版のイーサリアムでは、ガス代(手数料)を必要ありません。

画面右上に「メタマスク」が表れ、手数料の金額が表れます。

手数料は時間帯によって変わるので、もっともやすいときに買いましょう。

ガス代(手数料)の時間帯別料金(ざっくり)

安いときの相場:2000~3000円

高いときの相場:10000円以上

※時期によってとんでもない金額になることもあるので注意

手数料を確認して、問題なければ「確認」ボタンをクリックです。

『Your purchase is processing!』と表示された場合は、処理中なので待ちます。

『Your purchase has processed!』の画面がでてきたら、処理完了です。

NFTアートを買えたか確認する

最後に、NFTをちゃんと買えたか確認しましょう。

あなたのOpenSeaのプロフィール画面を開きます。

プロフィール画面の『Collected』をクリックです。

『Collected』 に購入したNFTアートがあれば、大丈夫です。

まとめ(OpneSeaでNFTアートを買うための手順)

NFTアートを買うための手順を、「7つ」のステップに分けて解説しました。

最後にカンタンにまとめましょう。

  1. OpneSeaにメタマスクでログイン
  2. 買うNFT作品を見つける
  3. NFTの販売方式やイーサリアムの表記を確認しよう
  4. 欲しいNFT作品のページに行く
  5. NFTアートが本物か確認しよう
  6. NFT作品を購入する
  7. NFTアートを買えたか確認する

これでNFTアートを買うことができます。

欲しいNFTアートをたくさん集めちゃいましょう!

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
OpenSea NFTアート 買う方法 購入 
最新情報をチェックしよう!