5000円分の仮想通貨をもらえる裏ワザはこちら

【OpenSea版】ポリゴンを用いてNFTを無料で販売する方法

OpenSea 無料 NFT 販売 ポリゴン

こんにちは、マオーです。

OpenSeaでイーサリアムからNFTを発行するとガス代(手数料)高すぎて困る!
無料で発行する方法ってあるの?

ポリゴンならNFTアートをタダで販売できるって聞いたけど、よくわからない!
やり方を教えて!!

この記事は、上記のことでお悩みの「あなた」に向けて書かれています。

じっさいに、NFTアートの売買経験をもとに、くわしく解説しますね!

今回の内容!

①OpenSeaから無料でNFTを販売するのにチェーンについて解説

②ポリゴンを使ってNFTをタダで発行する「5つ」の手順を解説

③ポリゴンチェーンでNFTを発行する際の注意点

わたしはじっさいにNFTクリエイターとして、NFTアートを作っています。

この記事では、NFTアートを作った経験をもとに解説するので、最後まで記事を読めば「無料のNFT販売方法」が理解できますよ。

目次
【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所

ポリゴンチェーンならOpenSeaから無料でNFT販売可能

はじめに、OpenSeaから無料でNFTを販売する方法を、ご紹介しますね。

※「そもそもNFTの始め方がよくわからない!」という方は、先に下記の記事を参考にしてください。

「NFTの始め方」について詳しく解説しています。

>>>【NFTの始め方まとめ】NFTのやり方・売買方法・儲ける方法

結論から言うと、「ポリゴンチェーン」を使ってNFTを発行する方法です。

Polygon(ポリゴン)/Matic とは?
Polygon(ポリゴン)/Maticとは、仮想通貨のイーサリアム(ETH)の「スケーラビリティ問題を解決」することを目的として始まったプロジェクト。そこから提供されているブロックチェーン。

「いや、どういうことなのか分からない」

という方のために少し解説しますね。

現在NFTマーケットプレイスの「OpenSea」では、2つのブロックチェーンからNFTを発行できます。

その2つのブロックチェーンが、下記です。

  • イーサリアム
  • ポリゴン

イーサリアムのチェーンではNFTの発行のさいに、「ガス代(手数料)」が必要です。

よって、イーサリアムチェーンは有料になります。

※イーサリアムチェーンでは、さまざまなタイミングでガス代(手数料)が必要になります。初心者のうちはオススメしません。

しかし、「ポリゴンチェーン」では、NFTの発行にガス代(手数料)はいりません。

つまりポリゴンチェーンを使えば、無料でNFTの作成ができます。

※ポリゴンチェーンでは、基本的にすべてのタイミングでガス代(手数料)を必要としません。ただし、場合によっては手数料がかかることがあります。その場合もイーサリアムよりは低い金額です。

このブロックチェーンの特性のちがいから、ポリゴンチェーンを使用します。

では次の項から、ポリゴンチェーンを使ったNFTの発行方法について、くわしく解説していきましょう。

OpenSeaからNFTをポリゴンチェーンで販売する方法 5ステップ

OpenSeaでポリゴンチェーンを使って、タダでNFTを出品する方法を解説します。

下記の「5つ」のステップです。

  1. OpenSeaのアカウントを作成しよう
  2. メタマスクにポリゴンネットワークを接続する
  3. OpenSeaでポリゴンチェーンのコレクションを制作
  4. ポリゴンチェーンのコレクションにNFTを発行
  5. NFTに値段を設定し販売しよう

それぞれくわしく見ていきましょう。

OpenSeaのアカウントを作成

OpenSeaで無料のポリゴンチェーン版NFTを販売するために、OpenSeaのアカウント登録します。

アカウントの作成方法は、下記の記事で解説しています。

>>>【初心者向け】OpenSeaの始め方/登録方法やプロフィール設定まで解説

OpenSeaのアカウントが作れたら、「ログイン」しましょう

また、OpenSeaのアカウントを作成には、仮想通貨ウォレットのメタマスクが必要です。

この辺についても、先ほどご紹介した記事で、くわしく解説しています。

メタマスクにポリゴンネットワークを接続する

OpenSeaで無料のポリゴンチェーン版NFTを販売するために仮想通貨ウォレットのメタマスクへ、ポリゴンネットワークを接続します。

これをしないとOpenSeaで、ポリゴンチェーンを使ったNFTの売買などができません。

また、NFTで稼いだ仮想通貨の換金作業のさいにも、ポリゴンネットワークの接続は必要です。

メタマスクにポリゴンネットワークを接続する方法は、下記の記事で詳しく解説しています。

>>>MetaMask(メタマスク)にPolygon(Matic)ネットワークを接続する方法

OpenSeaでポリゴンチェーンのコレクションを作成

OpenSeaで無料のポリゴンチェーン版NFTを販売するためにポリゴンチェーンのNFTコレクションを作成します。

NFTコレクションはNFTを入れる箱です。

パソコンのフォルダを、イメージしてもらえると。わかりやすいと思います。

下記画像の「人形」のアイコンに、カーソルを合わせてください。

カーソルを合わせると、「5つ」のメニューが表示されます。

「5つ」のメニューの中から、「My Collections」をクリックです。

「My Collecyions」のページに移ったら、「Create a collection」をクリックします。

「Create your collection」ページに移ります。

「Create your collection」 ページで、各項目を入力していきましょう。

各項目を入力したら、NFTを発行する「ブロックチェーンと通貨」を決めます。

下記画像の「イーサリアム」の部分に、カーソルを合わしてクリックです。

イーサリアムをクリックすると、「Polygon(ポリゴン)」の項目がでてきます。

「ポリゴン」をクリックです。

これで、ポリゴンチェーンのコレクションを作れます。

下記の画像では、NFTが売れたときにもらる仮想通貨を決めます。

通貨は問題がなければ、そのままで大丈夫です。

チェーンを選び、各項目の入力も終わったら、「Create」をクリックです。

画面右上に仮想通貨ウォレットのメタマスクが現れ、「署名」を求められます。

「署名」をクリックです。

これで、NFTを発行するための「コレクション」を作ることができました!

ポリゴンチェーンのコレクションにNFTを発行

OpenSeaで、無料のポリゴンチェーン版NFTを発行します。

まずは「OpenSeaトップページ」の画面右上にある、「Create」をクリックです。

「Create new item」ページに飛びます。

このページにあるすべての項目を入力してください。

次は下記の項目を入力します。

それぞれの意味は、下記です。

  • Supply:NFTの販売枚数
  • Blockchain:売買に使うブロックチェーンを決める「イーサリアム or ポリゴン」
  • Freeze metadata:データ凍結の可否

「Blockchain」のところの「下矢印」をクリックです。

すると、下記画像の「ポリゴンチェーン」の選択肢が現れます。

今回はポリゴンチェーンでのNFT発行なので、「ポリゴン」を選びましょう。

すべての項目を入力したら「 Create 」をクリックです。

「You created Truth!」と表示されます。

右上の「×」をクリックしましょう。

これで、あなたのコレクションにNFT作品が投稿されました。

NFTに値段を設定し販売しよう

先ほど作成した、ポリンゴンチェーン版のNFT作品に値段をつけて、OpenSeaに販売しましょう。

あなたの画面には、下記の画像が表示されていると思います。

画像の「Sell(売る)」ボタンをクリック です。

「List item for sale」画面があらわれます。

各項目を入力していきましょう。

それぞれの意味は、下記です。

  • price:あなたのNFTの金額
  • Duration:あなたのNFTを売る期間
  • Fees:手数料

入力完了したら、「 Complete listing 」をクリックです。

「Compleate your listing」が表示されます。

「sign」をクリックです。

画面右上にメタマスクがあらわれ、「署名」を求められます。

「署名」をクリックしましょう。

署名をクリックすると、「your NFT is listed」と表示されます。

「×」をクリックしましょう。

これで、あなたのNFT作成を「ポリゴンチェーン」で販売することができました。

【注意点】ポリゴンチェーンのNFTを発行する際の注意事項

ここからはポリゴンチェーンで、OpenSeaにNFTを発行する際の注意点を、「3つ」ご紹介します。

  1. ポリゴンチェーンのNFTは売れにくい
  2. 稼いだイーサリアムを換金する際は注意
  3. ポリゴンチェーンのNFT発行にはガス代(手数料)は必要なし

それぞれ、くわしく見ていきましょう。

ポリゴンチェーンのNFTは売れにくい

ポリゴンチェーンで作ったNFT、売れにくいです。

なぜなら、「OpenSeaではポリゴンチェーンの使用者が少ないから」です。

というのも、OpenSeaユーザーのほとんどが、NFT売買に「イーサリアムチェーン」を使っています。

そのため、ポリゴンチェーンで売買をしているユーザーは、多くはありません。

ポリゴンチェーンには、このような特徴があるため、NFTが売れにくいのです。

と言っても、まったく売れないわけでないので、ご安心ください。

稼いだイーサリアムを換金する際は注意

稼いだ「ポリゴンチェーンのイーサリアム」を換金する際は、国内の仮想通貨取引所にそのまま送金してはいけません。

もし、そのまま送金すると、せっかく稼いだイーサリアムがなくなります(セルフGOXする)。

理由は、ポリゴンチェーンのイーサリアムになっているからです。

たとえば、アメリカのドルを日本の銀行に送金できませんよね?

これと同じように、ポリゴンチェーンのイーサリアムは別の国の通貨だということです。

よってポリゴンチェーンのイーサリアムを、日本の取引所に送ると、資産が送れずになくなります。

ポリゴンチェーンのイーサリアムは、ポリゴンウォレットで通常のイーサリアムに変換すれば送金可能になります。

※ポリゴンウォレットでイーサリアムを変換する際は、ガス代(手数料)が必要です。ガス代にかかる通貨はMATICです。

ポリゴンチェーンのNFT発行にはガス代(手数料)は必要なし

OpenSeaからポリゴンチェーンでNFTを発行する際には、ガス代(手数料)が必要ありません。

他にも、NFTにかかわる様々なことで、手数料を払わなくて大丈夫です。

この手数料がいらない点が、ポリゴンチェーンを使ういちばんのメリットと言えますね。

イーサリアムチェーンではNFTの発行や購入など、その他もろもろでガス代(手数料)がいります。

しかもイーサリアムの手数料は、「高額(1万円以上)」になることあります。

つまり、ポリゴンチェーンを使えば、手数料を気にせずにOpenSeaでNFTを売買できるのです。

お金の心配をしなくて良いので、NFT初心者はとりあえずポリゴンチェーンから始めると良いでしょう。

まとめ(OpenSeaから無料でNFTを発行するやり方)

「OpenSeaから無料でNFTを発行する方法」でした。

最後に、カンタンに今回の内容をまとめていきましょう。

  1. OpenSeaのアカウントを作成しよう
  2. メタマスクにポリゴンネットワークを接続する
  3. OpenSeaでポリゴンチェーンのコレクションを制作
  4. ポリゴンチェーンのコレクションにNFTを発行
  5. NFTに値段を設定し販売しよう

これであなたのNFT作品を、お金をかけずに販売することができますね!

【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所
OpenSea 無料 NFT 販売 ポリゴン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次