注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

NFT関連の仮想通貨を7つご紹介/NFTに関わる注目の仮想通貨を解説!

NFT NFT 関連 仮想通貨 

こんにちは、マオーです。

 
マオー
NFT関連の仮想通貨(暗号資産)を知りたい!

上記のことでお悩みの「あなたへ」むけて記事を書きました。

NFT関連の仮想通貨とは言葉通りの意味で、

  • NFT事業に関わる仮想通貨
  • NFT公式マーケットで使われている仮想通貨

などを指します。

今回は、NFTに関わる仮想通貨について、詳しく解説します。

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)とは?「基本情報」

はじめに、NFT関連の仮想通貨(暗号資産)について、カンタンに解説します。

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)とは、NFTと呼ばれる「非代替トークン」に関連する仮想通貨のことです。

もっと詳しく言えば、

  • NFTゲームなどで利用されている
  • さまざまなNFTプロジェクトに関連している
  • NFT公式マーケットのブロックチェーン上で使用されている

などの特徴をもった仮想通貨のことですね。

NFTとは?

NFTについてカンタンに解説します。

NFTとは、「非代替トークン」を意味する言葉です。

この技術の登場によって、

「デジタルコンテンツに唯一無二の価値を与えることが可能」

なりました。

たとえば、イチローのサイン色紙は、この世で唯一つの価値を持つモノですよね?

これと同じように、NFT技術によって、イチローのサイン色紙と同じ価値をデジタルコンテンツに付与できます。

NFTの例は、

  • アイドルのトレカ
  • Twitterのツイート
  • アート作品(イラスト・絵)

などです。

他にもさまざななデジタルコンテンツが、NFT化されています。

NFTについて、さらに詳しく解説は下記記事に書いているので、参考にしてくださいね。

>>>NFTとは?

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)まとめ

NFTに関連した仮想通貨(暗号資産)を、下記「7つ」ご紹介します。

  • ETH(イーサリアム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • SAND/The Sandbox(ザ・サンドボックス)
  • XTZ(テゾス)
  • FLOW(フロー)
  • RARI
  • AXS/SLP

ETH(イーサリアム)

仮想通貨の名前イーサリアム
シンボルETH
特徴NFT公式マーケットなどで利用される
対応する取引所コインチェック,GMOコイン,ビットフライヤー等

はじめに言っておくと、NFTのプロジェクトに「イーサリアム」が、大きく絡んでいるわけではありません。

しかし、NFTにおいてイーサリアムは、重要な役割を果たしています。

NFTには、イーサリアムという仮想通貨が欠かせません。

というのも、イーサリアムはNFTの公式マーケット等で、通貨として使用されているからです。

そのためNFTの売買には、イーサリアムが必要になります。

またNFTの公式マーケットを構成するブロックチェーンも、イーサリアムをベースにしています。

たとえば、世界的に有名なNFT公式マーケットの「OpenSea」も、イーサリアムのブロックチェーンを利用して作られました。

つまり、NFTのやり取りに「イーサリアム」は、絶対に必要なのです。

ENJ(エンジンコイン)

仮想通貨の名前エンジンコイン
シンボルENJ
特徴プラットフォーム内で使用
対応する取引所コインチェック

ENJ(エンジンコイン)は、「Enjin Network」というプラットフォームで使われるコインです。

エンジンコインのプラットフォームでは、「マインクラフト」等のゲームが運営されています。

このゲーム内では、NFT化したアイテムやキャラクターが存在します。

NFT化したアイテムやキャラクターは、互換性のあるゲームに移動も可能です。

また、ゲーム内のNFTの売買もエンジンコインを使ってできます。

SAND/The Sandbox(ザ・サンドボックス)

仮想通貨の名前ザ・サンドボックス
シンボルSAND
特徴NFTゲーム「ザ・サンドボックス」で使用される
対応する取引所国内取引所はなし

SANd/The・SandBox(ザ・サンドボックス)は、NFTゲーム(GameFi)の「The・SandBox」使用される仮想通貨です

「The・SandBox」 は、仮想空間(メタバース)の中で、ボクセルアートのアバターや建物を作成して遊ぶことができます。

マインクラフトとゲーム性は近いですね。

ちがう点として、

  • ゲーム内の土地や建物がNFT化している
  • NFT化した土地・建物は売買可能

上記2つがあげれられます。

また、ゲーム内で使われる通貨は、仮想通貨「SAND」です。

XTZ(テゾス)

仮想通貨の名前テゾス
シンボルXTZ
特徴テゾスのプラットフォームでNFT発行可能
対応する取引所GMOコイン,ビットフライヤー

XTZ(テゾス)は、

  • スマートコントラクト
  • ステーキング報酬をもらえる
  • 分散型アプリケーションで利用

などの特徴を備えたプラットフォーム/仮想通貨です。

NFTプラットフォーム「Hic et Nunc」ベースに、テゾスのブロックチェーンが使われています。

また、音楽専用NFTプラットフォームの「ワン・オブ(OneOf)」にもテゾスのブロックチェーンをベースとしています。

FLOW(フロー)

仮想通貨の名前フロー
シンボルFLOW
特徴クリプトキッティーズのゲーム内で使用される
対応する取引所国内取引所はなし

FLOW(フロー)は、NFTゲーム(GameFi)の「クリプトキッティーズ」で使用されます。

国内の大手仮想通貨取引所「コインチェック」とも提携している仮想通貨です。

フローのブロックチェーンでは、

  • ゲーム
  • アプリケーション
  • デジタルシステム

などの開発ができます。

RARI(ラリ)

仮想通貨の名前ラリ
シンボルRARI
特徴NFT公式マーケットRaribleで使用される
対応する取引所国内取引所はなし

RARI(ラリ)は、NFT公式マーケットの「Rarible」で使用されます。

RariBleでは、NFTの作成・売買を行うことができます。

OpenSeaと同じくらい有名な、NFT公式マーケットです。

AXS/SLP

仮想通貨の名前AXS/SLP
シンボルAXS/SLP
特徴アクシーインフィニティのゲーム内で使う仮想通貨
対応する取引所国内取引所はなし

AXS/SLPは、NFTゲーム(GameFI)の「アクシーインフィニティ」で使用される仮想通貨です。

アクシーインフィニティは、遊んで稼ぐことができることで有名なゲームですね。

そのゲーム内のイベントやストーリーをこなすことで、AXS/SLPが手に入ります。

アクシーインフィニティは、キャラクターやアイテムがNFT化しています。

NFT公式マーケットで、NFT化したキャラクターやアイテムを売ることも可能です。

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)に投資できる取引所

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)に投資できる取引所をご紹介します。

下記「2つ」の取引所がオススメです。

  • コインチェック
  • バイナンス

それぞれ詳しく見ていきましょう。

コインチェック

コインチェックは、国内最大手の仮想通貨取引所です。

  • トレードアプリダウンロード数NO.1
  • 17種類の仮想通貨を取り扱っている
  • 大手証券会社のマネックスグループが運営

という特徴を持っています。

とくに下記のような方にオススメです。

  • 仮想通貨投資したことがない初心者
  • とりあえず日本の仮想通貨取引所で投資したい

無料で登録できるので、下記から口座を開設してみましょう。

\ 無料で口座開設 /コインチェック

>>コインチェック<<

バイナンス

バイナンスは、海外の大手仮想通貨取引所です。

世界でもっとも有名な取引所で、口座を作っておけば、ほとんどの仮想通貨に投資できます。

注意点として、

  • 文字が英語(日本語にできる)
  • 日本での使用はグレーゾーン
  • 仮想通貨初心者には使いにくい

上記があげられます。

海外ということで敬遠されている方は、まずは国内の口座から作りましょう。

ただし今後、本気で仮想通貨投資をするのならば、最終的にはバイナンス口座が必要です。

アルトコイン投資やDeFiなどをするには、バイナンスがいりますので。

バイナンスの口座は下記から無料で作れます。

\ 無料でバイナンスの口座を開設 /

>>バイナンス<<

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)を選ぶ時のポイント

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)を選ぶ時のポイントをご紹介します。

  • NFT関連の仮想通貨のプロジェクト内容を調べる
  • 仮想通貨の人気度・時価総額に注目
  • 海外インフルエンサーの動向を観察する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

NFT関連の仮想通貨のプロジェクト内容を調べる

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)のプロジェクト内容を調べましょう。

とくに、仮想通貨のホワイトペーパー(白書)は、読むことをオススメします。

「ホワイトペーパー(白書)」は、仮想通貨の設計図です。

これを確認することで、

  • 開発者
  • 仮想通貨の特徴
  • 仮想通貨のプロジェクト内容

などを知ることができます。

上記を知る目的は、その仮想通貨がNFT事業で、「どれくらい魅力的なプロジェクトを行っているのか」を確認することです。

仮想通貨の人気度・時価総額に注目

NFT関連の仮想通貨の「人気度・時価総額」に注目しましょう。

人気度・時価総額を確認すれば、

「NFT関連の仮想通貨の価値上昇可能性が分かる」

のです。

NFT関連の仮想通貨に投資するときには、必ずチェックしておきましょう。

海外インフルエンサーの動向を観察する

海外のインフルエンサーの動向の観察は重要です。

これは、海外の流れが日本にやってくることが多いからと言えます。

たとえば、NFTも海外のインフルエンサー等が注目してから、人気が爆発しました。

このことからも、海外の影響力の高い人を観察しておけば、値上がりの上昇のはじめを見抜くことができます。

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)の将来性・今後の重要ポイント

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)の、将来性・今後の重要ポイントを下記3つから解説します。

  • NFT市場の拡大・成長
  • NFT関連の仮想通貨を取り扱う取引所の増加
  • NFTの取引が増大する

NFT市場の拡大・成長

NFT市場の拡大・成長が起きれば、仮想通貨(暗号資産)の将来性が高まります。

NFTは、まだまだ成長途上です。

成長途上なので、この先に伸びる可能性があります。

NFT市場の成長と同時に、NFT関連の仮想通貨の値上がりも期待できます。

NFT関連の仮想通貨を取り扱う取引所の増加

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)を、取り扱う仮想通貨取引所が増加すれば、価格の上昇や将来性が見込めます。

今までにも国内の仮想通貨取引所へ、新しい仮想通貨が上場した際に、価格の上昇が起きているのです。

そのため、国内にNFT関連の仮想通貨が上場すれば、値上がりが期待できます。

国内の仮想通貨取引所では、まだまだNFT関連の仮想通貨は少ないです。

今後、さらに増えること可能はあると言えます。

NFTの取引が増大する

NFTの取引が増大すれば、さらにNFT関連の仮想通貨の価値上昇が起きえます。

なぜなら、

「NFTの取引が増大=NFT関連の仮想通貨の取引が増える」

という図式がなりたつからです。

たとえば、NFT公式マーケットのOpenSeaで取引が増えれば、イーサリアムが必要になります。

つまり、「NFT取引に必要な仮想通貨の需要が増す」ということですね。

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)を買うときの注意点

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)を買う時の注意点を下記3つご紹介します。

  • 手数料(ガス代)に注意する
  • 仮想通貨(暗号資産)の価格が急騰いるときは買わない
  • プロジェクトを理解していない仮想通貨に投資しない

手数料(ガス代)に注意する

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)は、NFTの売買の際に手数料(ガス代)として使用されます。

その際に、NFTの取引などが多くなると、手数料が高騰するのです。

NFTを買おうと思ったら、

「手数料をたくさん取られて仮想通貨がなくなった」

ということも起きえます。

手数料が高騰しているときには、保有中の仮想通貨の残高に注意しましょう。

仮想通貨(暗号資産)の価格が急騰しているときは買わない

仮想通貨の(暗号資産)の価格が、急騰しているときは買わないようにしましょう。

価格が急騰しているときに買ってしまうと、

「含み損を抱える」

という自体になります。

こうなると、値上がり益も得られません。

価格が落ちついてきてから投資することをオススメします。

プロジェクトを理解していない仮想通貨に投資しない

仮想通貨(暗号資産)には、それぞれにプロジェクトがあります。

そのプロジェクトを理解せずに、適当に投資することはオススメしません。

なぜなら、

「プロジェクトを理解していない=上がるかわからない仮想通貨へ投資している」

という図式が成り立つからです。

上がるか分からない仮想通貨に投資することは、間違いなく不利に働きます。

最悪、投資したお金がなくなることもあるでしょう。

しっかりと投資対象の仮想通貨を調べることをオススメします。

【まとめ】NFT関連の仮想通貨(暗号資産)

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)の解説でした。

主要なモノを、「7つ」ご紹介しました。

国内で投資できるのは、

  • ENJ(エンジンコイン)
  • XTZ(テゾス)
  • ETH(イーサリアム)

などですね。

とくにオススメは、イーサリアムです。

イーサリアムは、NFT公式マーケットでも基軸通貨になっていますから。

NFTに売買にも使われているので、投資しておくのは全然ありですね。

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
NFT 関連 仮想通貨 
最新情報をチェックしよう!