5000円分の仮想通貨をもらえる裏ワザはこちら

NFTアートをiPad Airで作った感想 / iPad Airを使った感想も踏まえて解説

nft-ipadair-used-impressions

こんにちは、マオーです。

まおー
まおー

iPad AirでNFTアートを作ろう(描こう)と思ってる。

でも、10万円くらいして高いし悩む。

他の人の使った感想を先に知りたい!

この記事は、上記のことでお悩みの「あなた」に向けて書かれています。

今回の内容!

①NFTアートのためにiPad Airを買った証拠と感想

②iPad AirでNFTアートを作って分かったメリット・デメリット

③iPad Airを買った理由

目次
【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所

無職がNFTアートのために約10万円の iPad air 購入した件

どうも、無職こと「マオー」です。

わたしはNFTアートのために、約10万円のiPad Airを買いました。

この記事は、iPad AirでNFTアートを作ったレビュー記事です。

ですが、感想の前に、まずは証拠を見せます。

本当であることを見せないと、「こいつ本当のこと言ってるのか?」と思われる方もいらっしゃると思います。

だからこそ、実際に「買っている。作っている。」その証拠をお見せしましょう。

下記が、NFTアート作成のために、iPad Airを買った証拠です。

ちなみに、iPad Airで作ったNFTアートが下記です。

上記のことから、わたしがiPad Air を購入し、NFTアートを始めていることが証明できたと思います。

ちなみに、買ったiPad Airのスペックは、下記です。

iPad Airのスペック
2020 Apple iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 64GB) – スカイブルー (第4世代)

ちなみにわたしは、iPad Airに加えて、ペンシルと画面フィルターも購入しています。

この3つは、iPad Airでイラスト書くなら必須のセットですね。

iPad AirでNFTアートを始める必須セット
>>2020 Apple iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 64GB) – スカイブルー (第4世代)

>>Apple Pencil(第2世代)

>>iPad Air 10.9 (第5世代 2022年/ 第4世代 2020年)専用 保護フィルム 紙のような描き心地

購入したiPad Airのスペックを解説

ここでは、NFTアート用に買った、iPad Airのスペックを紹介します。

iPad Airのスペックは、下記です。

>>2020 Apple iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 64GB) – スペースグレイ (第4世代)

  • サイズ:10.9インチ
  • モデル:Wi-Fi
  • 色:スペースグレイ
  • 容量:64GB
  • 世代:第4世代

とくに気になるのが、容量だと思います。

容量は256GBと64GBの2つがあります。

絵を描くだけなら64GBで十分でしょう。

イラストデータは、それほど容量を取らないですから。

NFTにする際に、パソコンにデータを移すこともあり、それほど容量を気にする必要もありません。

「あとあと動画編集に取り組みたい」など、ほかの目的があるのなら、256GBでも良いでしょう。

では、次の項からiPad AirでNFTアートを作った感想を解説します。

【結論】iPad AirでNFTアートを作った感想

iPad AirでNFTアートを作った感想について話します。

結論から言って、「初心者でもNFTアートを作りやすい」と感じました。

なぜなら、プログラミングや3Dアートなど、難しいスキルを必要としないからです。

「シンプルにイラストを描くだけ」なので、NFTアート初心者でも取り組みやすいですね。

また、イラスト初心者にとっても、iPad Airは使いやすいです。

iPad Airは、紙や鉛筆を必要としません。

消耗品の補充がないので、お金の心配せずに絵を練習できます。

もちろん、初期費用の10万円は入りますが、消耗品に払うお金にくらべればマシかと。

加えて、デジタルで絵を描くので、イラストの加工もしやすく、ふつうにイラストで勝負する以外の方法も取れるのです。

デジタルでないと出来ない表現も可能になります。

ちなみに、イラストを描くさいの線の表示速度は、現実の紙に描くのと、ほぼ同じ速度で表示されます。

そのため、まるで紙に絵を描いてるかのように、イラスト作成ができますよ。

iPad Airなら、イラスト初心者でも、さまざまなアプローチでNFTアートに挑戦可能ですね。

さらに詳しい感想を、メリット・デメリットに分けて、次の項で解説します。

NFTアートをiPad Airで作って感じたデメリット

NFTアートをiPad Airで作って分かった、「デメリット」について下記の2つから解説します。

  1. 長時間の作業は目が疲れる
  2. 重いのでもって描くと腕が疲れる

どれだけ良いのものでもメリットもあれば、デメリットも存在します。

あなたがiPad Airを購入したあとに後悔しないよう、しっかりとデメリットをお伝します。

では、それぞれチェックしていきましょう。

長時間の作業は目が疲れる

iPad AirでNFTアートを作って思ったのが、「目が疲れる」という点です。

とくに、3〜5時間くらい続けてイラストを描いてると、目がショボショボしてきますね。

これは仕方ない点だとおもいます。

iPad Airはタブレットなので、ブルーライトを出しており、スマホを見ているのと同じくらい目が疲れます。

そのため、長時間の作業はオススメしません。

もちろん、合間に休憩をとれば良いので、それほど大きなデメリットじゃないですね。

ちゃんと休めば、それほど目の疲れは気になりません。

また、ブルーライトカットメガネなどをつかえば、目の疲れを軽減できますよ。

持って描くと重いから腕が疲れる

NFTアートのイラストを、iPad Airで描いてると腕が疲れました。

というのもiPad Airは、それなりに大きくて重いので、もっているだけで腕に負担がかかります。

持ちながらイラストを描いていると、腕が痺れてきますね。

ふつうに描いてただけなのに、次の日に筋肉痛になりました。

もちろん、机に置いたりして描けば、ぜんぜん問題ありません。

iPad Airを持って描く時くらいですね。

iPad Airでイラストを描くときに、場所の調整ができる道具をつかうのも良いでしょう。

下記のような道具もあります。

>>タブレット スタンド アルミ

【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所
nft-ipadair-used-impressions

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次