注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

NFTアートを販売開始「5日」で売った方法/NFT開始5日で0→1(収益化)達成する方法

NFT NFTアート 売った方法

こんにちは、マオーです。

 
マオー
NFTアートが売れない…どうやったら売れるの?

上記のことでお悩みの「あなた」に向けて記事を書きました。

NFTアートって、初めてみたものの、なかなか売れませんよね。

「いくら投稿しても、全然稼げない…」

という話をよく聞きます。

わたしもNFTアートはじめてから「3日目」まで、そうでした。

しかし、わたしは「ある5つの方法」を使うことで、NFTアートの販売開始「5日」で売ることができました。

もし「あなた」が、NFTアートを売って成果を出したいのであれば、ぜひ参考にしてくださいね。

記事を最後まで読めば、NFTアートが売れる方法がわかります。

わたしがNFTアート売った方法を、すべて無料で公開します。

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

NFTアートとは?NFT技術を付与したデジタルイラスト

最初に、カンタンにNFTアートについて解説します。

「すでに知ってるよ」

という方は、飛ばしていただいて大丈夫です。

NFTアートとは、

「デジタルデータのアート作品(絵やイラスト)をNFT化させたモノ」

を意味します。

NFTは、デジタルデータに唯一無二の価値をを付与する技術です。

これによって、デジタル上のデータが、唯一無二の価値を持っていることを証明できます。

つまりNFTアートとは、唯一無二の価値をもった、デジタル上の「アート作品」の指します。

さらに詳しいNFTアートの解説は、下記を参考にしてくださいね。

>>NFTアートとは?

NFTアートが5日で売れた証拠

ここでは、わたしがNFTアートを「5日」で売った証拠を紹介します。

文章だけだと、

「本当にNFTが売れたのか怪しい?」

「ウソなんじゃないの?」

と思われるのは当然ですから。

下記が、わたしのNFTが売れた証拠です。

わたしのNFTアートは、「10月2日」に2つ売れました。

総額:0.0037ETH

です。

【この記事の注意点】運がよかっただけの可能性もある

わたしのNFTアートが売れたのは、

「運がよかった」

という可能性もおおいにあります。

本当に、運がめちゃくちゃよかったのです。

「ちょうど買ってくれた方が2人いた。」

これだけでしょう。

しかし、ただ運がよかっただけ「ではない」のは確かです。

売れるまでに、いろんな取り組みをしたから、結果を出すに至ったのは間違いありません。

その辺を次の項から、詳しく解説します。

NFTアート開始「5日」で売った方法

わたしが、

「NFTアート開始【5日】で売った方法」

を下記「5つ」からご紹介します。

  • 毎日1回&1作品投稿
  • シリーズ化した作品を作る
  • Twitter(SNS)で継続的に発信(PR)
  • 同じNFTクリエイターとつながる
  • 同じようなコンセプトの絵を投稿する

毎日1回&1作品投稿

わたしは、NFTアートが売れるまで、毎日「1回&1作品」投稿をしていました。

※記事執筆時点。

1作品作ってはNFT公式マーケット(OpenSea)へ投稿、1作品つくっては…

という感じです。

このような方法をとった理由は、

  • 作品の投稿になれるため
  • 自分の作品を知ってもらう機会を増やすため
  • 継続して投稿することでシェアされる作品を理解する

です。

とくに自分の作品を知ってもらうのが、一番の理由ですね。

まずは、

「知ってもらう機会を作る」

ことが基本だと考えました。

知ってもらえないと、購入にもつながりませんから。

シリーズ化した作品を作る

わたしは、「クリプトモンスターズ」というシリーズ化した作品を作っています。

理由は、

他の作品にシリーズ化した作品が多い

からです。

もうこれだけですね。

たとえば、有名なインフルエンサーの「イケハヤさん」の作品が、「クリプト忍者」というシリーズです。

このクリプト忍者シリーズは、めちゃくちゃ売れています。

というけでわたしは、クリプトモンスターズというシリーズを作ることにしました。

つまり、売れてる人のやり方をパクるのです。

もちろん、最初はうまくパクれませんが…

しかし、パクっていくうちに、実力は確実にあがります。

Twitter(SNS)で継続的に発信(PR)

NFTアートを公式マーケットに投稿したら、継続的にTwitter(SNS)で発信しましょう。

SNSで発信する理由は、

「NFTアートのPR活動」

をするためです。

NFTアートは、ただ投稿しただけでは、ほぼ売れません。

めちゃくちゃ有名な方でもない限り、自分でPRしないと見てすらもらえないのです。

ブログなどと、この辺は同じだと思います。

つまり、露出経路を増やすということですね。

また、わたしの場合をお話すると、

1日に「5~10回」ほど投稿しています。

同じNFTクリエイターとつながる

TwitterなどのSNSで、「同じNFTクリエイター」とつながりましょう。

同じNFTクリエイターとつながる理由は、

  • NFTクリエイター同士で情報交換できる
  • ほかのクリエイターの販売方法が分かる
  • 仲良くなったNFTクリエイターさんが自分の作品を買ってくれる

などです。

とくに3番目が重要ですね。

じつは、わたしの売れたNFTアート作品のひとつは、

「仲良くなったNFTクリエイターさん」

が買ってくれました。

NFTクリエイターさんは、NFTアートを作ると同時に、NFTアートを買うこともあるのです。

これは、NFTは投資的な価値をもつため、投資目的で買われるているからですね。

わたしもNFTアートを作ると同時に、投資目的でNFTアートを買います。

つまり、NFTクリエイターさんとつながれば、自分の作品が買われる確率が上がるのです。

同じようなコンセプトの絵を投稿する

わたしは、「同じようなコンセプトの絵を投稿」しました。

なぜなら、売れてる絵がすべて同じようなコンセプトだったからです。

たとえば、下記ツイートの画像をご覧ください。

このツイートにのっている画像は、超有名なNFTアートで、「クリプトパンクス」と言います。

安くても約3000万円以上するNFTアートです。

クリプトパンクスを見てもらえると分かるように、ぜんぶ同じような絵ですよね?

ほかの売れてる作品もほとんどが、同じようなコンセプトとなっています。

このことから、同じようなコンセプトの作品は、売れる可能性が高いことが分かりました。

わたしは、「同じようなコンセプトのNFTアート」を投稿し、売ることに成功しています。

まとめ(NFTをアートを開始5日で売った方法)

NFTアートを開始@「5日」で売った方法でした。

カンタンにまとめると、

  • 毎日1回&1作品投稿
  • シリーズ化した作品を作る
  • Twitter(SNS)で継続的に発信(PR)
  • 同じNFTクリエイターとつながる
  • 同じようなコンセプトの絵を投稿する

という方法で、NFTアートを売ることに成功しました。

ぜひ参考にしてくださいね。

また、これからNFTをはじめようと思ってる方は、仮想通貨取引所の口座を作っておくことをオススメします

  • NFTを売買するにせよ
  • 収益を得るにせよ

仮想通貨取引所は必要なりますので!

仮想通貨取引所のオススメは、「コインチェック」です。

  • 大手証券会社のマネックスグループが運営
  • 仮想通貨取り扱い数No.!
  • アプリダウンロード数300万以上

という実績をもっているので初心者にオススメです。

無料で、下記から口座開設できます⇩

\ 無料でコインチェックの口座を作る /コインチェック

>>コインチェック<<

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
NFTアート 売った方法
最新情報をチェックしよう!