注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

【公務員試験】筆記試験のオススメの勉強方法|合格したい人だけ読んでください

こんにちは、マオーです。

今回は【公務員試験の筆記を突破する勉強方法】について書きました。

最初にお願いがあります。

この記事は、公務員試験の筆記をとっぱした人だけ読んでください。

「公務員試験の筆記を必ず突破したいから勉強方法を教えてほしい」

このようなことでお悩みのあなたにむけて、3つの官庁の筆記試験をとっぱした経験のある私が実践した勉強方法をご紹介します。

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

公務員の筆記試験突破のための勉強方法

さっそく、わたしが公務員の筆記試験を合格した勉強方法を紹介します。

まずお伝えしておきたいのが、今回の勉強方法は予備校にかようのが前提です。

独学で試験を受けようと思っている方には参考にならない可能性があります。

しかし、この勉強方法は独学でも再現性はとれると思います。

良かったら参考にしてください。

それでは、実際に勉強方法について見ていきましょう。

公務試験に必要な勉強期間はどくれらいか

公務員試験に必要な勉強期間は、その人の状況や勉強を始める時期にもよりますが、

「1年~1年半」

をオススメします。

すべての試験種を受ける予定の方は、たくさんの科目を勉強することになるので早めに勉強をはじめる必要があるという点でも1年以上はみておいたほうがいいです。

例をあげると、あなたが大学3年生4月に公務員試験を始めれば、受ける試験は来年の4~6月ごろに始める公務員試験を受けることになります。

なので、だいたい1年半くらいの勉強をすることになるという感じです。

※だいたい公務員試験は4~6月に集中して行われます。例外もありますが。この辺は別の記事で書きます。

また学生であれば、大学2年生から教養科目の勉強だけでも始めておきましょう。

あなたが確実に公務員試験に合格したいなら、勉強期間を多めにとっておくことをおすすめします。

試験の点数は面接時にも影響を及ぼすことが多いので高得点を目指しましょう

勉強スケジュール

予備校にかよっていれば、どの時期にどの科目を勉強するかは気にする必要はないです

予備校では、勉強のカリキュラムが組まれているので、それにしたがえば間違いありません。

勉強時間

公務員試験の受験性の総勉強時間は平均1000時間と言われています。

本当に平均1000時間を公務員試験の受験生が勉強しているのなら、あなたはそれ以上の勉強が必要です。

これは、当然です。

きついことを言うようですが、他人と同じ勉強量をしていては受かるわけありません。

もし、勉強の質も頭のレベルも同じならば、優劣を分けるのは他ならない努力の量です。

面接はともかく、筆記試験は勉強の質を高めて量をこなせば突破する可能性はどんな人でもあります。

では私の期間別の勉強時間を公開します。

私の場合は、こんな感じで勉強しました。

  • 2~5月 一日約8時間  朝8時起床 夜10時半就寝 一科目50分 10分休憩
  • 6~10月 一日約10時間  朝7時半起床 夜10時半就寝 一科目50分 10分休憩
  • 11~12月 一日約12時間  朝6時半起床 夜10時50分就寝 一科目55分 5分休憩
  • 1月~試験当日 一日約15時間 朝6時起床 夜11時就寝  一科目55分 5分休憩

すこしずつ勉強時間を増やし、体と心を勉強に慣れさせていきました。

 いきなり長時間勉強すると次の日に疲れすぎてやる気がなくなったり、勉強がイヤになってしまうので少しずつ体と心を慣らし、勉強を習慣化させました。

筆記試験を突破するための勉強方法

ここからは、勉強方法に入っていきたいと思います。

最初に、今回は予備校の授業を受けるのが前提の勉強方法です。

予備校の授業は各科目でスケジュールが組まれています。

勉強初期は、授業にそって勉強をすすめます。

また予備校の過去問題集も科目別でスケジュールに沿って構成されています。

たとえば、憲法という科目の1回目の授業には対応する過去問題集の範囲があります。

なので、一回目の授業を終えたら一回目に対応する過去問題集の範囲を勉強するという形です。

一回目の過去問題集範囲がつぎの授業までにおわれば、最初にもどって一回目の過去問題集の範囲を解くか授業の復習をします。

対象の科目の2回目が終われば、そこに対応する2回目の過去問題集の範囲を解く、また次も、、、という感じです。

これを繰り返すと科目ごとの授業がおわるまでに、各回の過去問題集の範囲を3周くらいしてます。(私の体験だとですが)

科目ごとの授業スケジュールが終わったら次は過去問題集を何度も解きます

たとえば憲法の科目のすべての授業が終わったとします。

ここまでくれば、1回目、2回目という区切りは気にせず過去問題集を1周することを意識し、その科目の勉強時間いっぱいを使って問題集を解きます。

ざっと、説明するとこんな感じで私は勉強していました。

詳細に説明すると、次の項のようになります。

 『各科目共通の勉強方法』

(1)予備校の授業を受けた後のルーティン

最初に予備校の授業を受けた後は、授業の復習と過去問題集を解きます。

また、過去問題集には難易度と出題確率の高い問題が表記されています。

たとえば、

    難易度の簡単な問題をA、普通をB、難しい問題をC

    出題率の高い問題をA、普通をB、低い問題をC

のような感じです。

わたしは勉強初期に難易度及び出題率のA,Bを中心に解きました。

A,Bの正解がおおくなればCに取り組んで行くような感じです。

では、本題に移って実際の勉強方法を見ていきましょう。

今回は憲法という科目の授業を受けている場合の例にあげます。

例:憲法

①予備校の憲法の科目の授業を受ける

②授業の復習をする(レジュメや講義ノートを復習)

③講義で取り上げられた問題などを解き答え合わせ

④予備校の過去問題集を解く(一回目の授業ならば、対応する過去問題集の範囲の問題)

⑤1問解いたら答え合わせ

⑥間違えた場合は問題集に✖と解いた日を書く

※合っていてかつ解けた根拠が明確かつ理解ができているなら〇、微妙なら△を書く

⑦解答を蛍光ペンで線を引きながら読む

⑧その授業に対応する範囲部分の過去問題集の範囲をすべて解けたら②⇒⑥までを次の授業まで繰り返す

⑨憲法の授業スケジュールが終わるまで、⑧までを繰り返す(①は一回だけ)

 全科目共通で、授業が終わったら、次の授業までにこのルーティンをずっとやっていました。

※②や⑤の授業の復習や過去問題集の答え合わせをするときなどには、音読をおすすめします。

(2)(1)が終わったら

 (1)の段階が完了したときには憲法の授業がすべて終わっているので、次は過去問題集を主に取り組んでいきます。この時には、過去問題集を一周することを意識します。

たとえば、こんな感じです。

例:憲法

①憲法の授業スケジュールが終了

②予備校の過去問題集を解く(一周することを意識する)

③1問解いたら答え合わせ

④間違えた場合は問題集に✖と解いた日を書く

※合っていてかつ解けた根拠が明確かつ理解ができているなら〇、微妙なら△を書く

⑤解答を蛍光ペンで線を引きながら音読

⑥過去問題集は一周するまで続ける

⑦過去問題集を一周したら、また最初から解く

⑧②⇒⑦を何度も繰り返す

この勉強方法を繰り返していきます。また、過去問題集を解いて間違えたときに、間違えた理由や原因がわかるなら解答の方に赤ペンでメモと日付を書くとその時のことを思い出しやすく、次は間違えにくくなります。

この勉強方法で過去問題集3~5回すると、それぞれの問題の〇が多くなっていきました。

公務試験の筆記を合格に導いた勉強道具まとめ

下記にわたしが筆記試験の勉強のつかった道具をまとめた記事を書いているので参考にしていただければ幸いです。

記事はこちら↓

【受験勉強にオススメの勉強道具まとめ】大学や高校受験・公務員受験に使える勉強道具「勉強術についての本についても記載」 – マオーのブログ (maomaoooblog.com)

まとめ

資格試験の勉強のほとんどに言えるのですが、過去問題集を何度も解くことが合格の近道です。

そして予備校の過去問題集は、長年のノウハウと経験の詰まったものなので質のよい勉強ができます。

予備校の過去問題集をなんどもなんども、すりきれるまで繰り返し説けば受かることは間違いないでしょう。

また最後に、私の頭は良くありません。

公務員の筆記受かるなら頭良いでしょ、嘘でしょ?と思われる方もいると思います。

しかし、残念なことに嘘ではないです(;’∀’)

中学・高校の通知表は下の方でした…

大学でも成績は中間くらいです。

しかも、大学は推薦なので受験戦争も経験していません。

そんな私でも、この勉強方法で公務員の筆記を突破してます。

私よりも頭の良いあなたなら大丈夫です!

そして、予備校には再三申し上げますがかよった方が良いです

就職活動においてお金を気にしていたら人生を棒に振ります。

その数十万円で一生を安泰に暮らせるのであればお金をかける価値はあります。

ぜひ、検討してみることをおすすめします。

下記の公務員予備校がオススメなので、資料請求してみましょう。

おすすめオススメの公務員予備校はこちら↓

LEC東京リーガルマインド

最後まで読んでくれてありがとうございます。

それでは、またね。

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
公務員試験 筆記 勉強方法
最新情報をチェックしよう!