5000円分の仮想通貨をもらえる裏ワザはこちら

【NFTの始め方まとめ】NFTのやり方・売買方法・稼ぐ方法

NFT 始め方 儲け方

こんにちは、マオーです。

NFTってどうやって始めるの?
NFTの始め方がよくわからない!

上記のことでお悩みの「あなた」へ向けて記事を書きました。

NFTの始める方法って、むずかしいですよね?

  • 仮想通貨の口座を開設したり
  • 仮想通貨ウォレットを作ったり
  • NFT公式マーケットと仮想通貨ウォレットを連携したり

いろいろな作業があって、「わけわからん!」となる方もいます。

ご安心ください。

記事を最後まで読めば、NFTの始め方の悩みが解決しますよ。

じっさいにNFTの販売実績もある、わたしの経験をもとに解説します。

また、NFTについての詳しい解説は、下記の記事に書いています。

「そもそもNFTって何?」

という方は、参考にしてくださいね。

>>>NFTとは?仮想通貨から生まれたNFTの基本情報や仕組みなどを徹底解説!

ちなみに、NFTを始めるには、仮想通貨取引所の口座は必須です。

NFTを始める準備として、仮想通貨を1000円ほどで買え、各種手数料もタダの「GMOコイン」の無料登録しBTCなどを買っておきましょう。

無料でGMOコインの口座を作る

>>GMOコインは最短10分で口座開設完了<<

目次
【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所

【NFTの始め方】7つのステップで解説

NFTの始め方を、下記「7つ」のステップでご紹介します。

  1. NFT公式マーケットを選ぶ【OpenSeaがオススメ
  2. 仮想通貨(暗号資産)取引所の口座を作る
  3. 仮想通貨取引所で仮想通貨イーサリアム(ETH)を購入
  4. 仮想通貨ウォレット「メタマスク」に登録
  5. メタマスクにイーサリアム(ETH)を送る
  6. NFT公式マーケット(OpenSea)とメタマスクを連携
  7. NFTの売買を始める

それぞれチェックしていきましょう。

NFT公式マーケットを選ぶ【OpenSeaがオススメ】

NFT始めるためにNFT公式マーケットを選びましょう。

NFT公式マーケットは、国内や海外など、さまざまなモノが存在しています。

マーケットによっては、下記のような違いがあります。

  • 売買につかう通貨がちがう
  • 日本語情報の少ないところもある

そのため、あなたがNFTを売買する「NFT公式マーケット」を、決める必要があるのです。

これは、マーケットによって、用意する仮想通貨などが変わるためですね。

今回は世界最大のNFT公式マーケット、「OpenSea」をオススメします。

「OpenSea」は、下記のような特徴があり、NFT初心者でも始めやすいです。

  • 日本語の情報サイトが多い
  • 取引量が多く流動性がある
  • 世界最大のNFT公式マーケット

わたしも「OpenSea」からNFTを始めました。

OpenSeaの公式サイトは下記から行けます。

>>>OpenSea公式サイトへGo

仮想通貨(暗号資産)取引所の口座を作る

NFTを始めるには、仮想通貨取引所が必要です。

理由は下記の2つ。

  • 仮想通貨がないとNFTの売買不可能
  • NFTの収益を日本円にするために仮想通貨取引所が必要

NFTを売買するには、仮想通貨が必要です。

ただ、国内で「仮想通貨」を入手するには、仮想通貨取引所の口座を作らなくてはいけません。

つまり、NFTを始めるために、仮想通貨取引所の口座が必要なのです。

「仮想通貨取引所ってたくさんあるよね?」

「どこの仮想通貨取引所がオススメなの?」

と言う疑問もあるでしょう。

ここでは、わたしがオススメする仮想通貨取引所をご紹介します。

オススメは、「GMOコイン」です。

  • 送金手数料無料
  • 大手企業のGMOが運営
  • 仮想通貨取り扱い数「22種類」

初心者の方はGMOコインの口座を、作っておけば安心・安全です。

仮想通貨取引所の口座は「無料」で作れるので、この機会に作っておくのをオススメします。

GMOコインの口座は、下記から開設可能です。

無料でGMOコインの口座を作る

GMOコインの口座の作り方は、下記の記事でくわしく解説してます

>>【最短10分】GMOコインの口座開設方法を5ステップで解説 /

サクッと10分で終わりますよ。

GMOコインの口座を作ったら日本円を入金しよう

仮想通貨取引所の口座を作ったら、日本円を入金しておきましょう。

なぜならNFTの売買に必要な仮想通貨を買うには、日本円がいるからです。

日本円を入金しておけば、いつでも仮想通貨を買えるので便利ですよ。

仮想通貨取引所で仮想通貨イーサリアム(ETH)を購入

NFTを始めるために、仮想通貨のイーサリアムを買いましょう。

イーサリアムを買う理由は、下記です

  • NFTを売買にはイーサリアムが必要
  • NFT公式マーケットの「OpenSea」ではイーサリアムが使われる
  • イーサリアムはNFTの販売等するときのガス代(手数料)として使用

NFT公式マーケットの「OpenSea」の基軸通貨は、イーサリアムです。

そのため、イーサリアムを仮想通貨取引所で購入しないと、NFTを始められません。

下記の流れで仮想通貨を手に入れられます。

  1. 仮想通貨取引所へログイン
  2. GMOコインに日本円を入金
  3. 日本円を使って仮想通貨を購入

詳しい解説は、下記の記事を参考にしてくださいね。

>>>GMOコインでイーサリアムを買う方法【3つのステップで解説 】

仮想通貨ウォレット「メタマスク」に登録

NFTを始めるために、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のアカウントを作らないといけません。

なぜなら、イーサリアムを手に入れても、それだけではNFTの売買ができないからです。

NFTの売買をするためには、買ったイーサリアムを仮想通貨ウォレットの「メタマスク」に、移動させる必要があります。

カンタンに言えばメタマスクは、仮想通貨世界のお財布です。

現実の世界でも、お財布を忘れるとショップで何も買えませんよね?

これと同じで仮想通貨では、メタマスクがないとNFTの売買はできません。

メタマスクのアカウントは、下記から登録できます。

>>>メタマスクの公式ホームページ

詳しいメタマスクの登録方法は下記の記事で解説しています。

>>MetaMask(メタマスク)の登録方法を7つのステップで解説

※メタマスクは偽物が存在しています。偽物を作ると大事な資産がなくなるので気をつけましょう。上記のURLは安全なのでご安心ください。

※メタマスクのシードフレーズやパスワードは絶対に第三者に教えてはいけません。シードフレーズやパスワードは紙などに書いて保管しましょう。

メタマスクにイーサリアム(ETH)を送る

NFTを始めるために、イーサリアム(ETH)をメタマスクへ移動させましょう。

メタマスクにイーサイアムを送る手順は下記です。

  1. メタマスクにログイン
  2. メタマスクのアドレスをコピー
  3. 仮想通貨取引所にログイン
  4. 取引所の送付先アドレスにメタマスクのアドレスをペースト
  5. 取引所からメタマスクへイーサリアムを送る
  6. 数分したらメタマスクを確認

メタマスクに仮想通貨のイーサリアムを送金する方法の、詳しい解説は下記の記事を参考にしてくださいね。

>>>【GMOコイン版】メタマスクへイーサリアムを送金する手順【5ステップで解説】

OpenSeaとメタマスクを連携させてログイン

NFTを始めるために、「OpenSea」と「メタマスク」を連携させてログインしましょう。

まずは、下記からOpenSeaの公式ホームページに向かってください。

>>>OpenSea公式サイト Go

OpenSeaの公式ホームページについたら下記の手順で、メタマスクと連携しログインします。

  1. OpenSeaの公式ホームページの作成ボタンをクリック
  2. 画面右上にメタマスクの画面が出てくるのを確認
  3. メタマスクから署名を求められる
  4. 署名をクリック
  5. 連携完了

この連携が終了したら、OpenSeaにログインできます。

OpenSeaのアカウント連携方法については、下記の記事で詳しく解説しています。

>>>【初心者向け】OpenSeaの始め方/登録方法やプロフィール設定まで解説

NFTの売買を始める

NFTを始める最後の手順です。

OpenSeaが使えるようになったら、NFTの売買を初めてみましょう。

メタマスクに預けたイーサリアム(ETH)を使って、NFTの売り買いできます。

自分の欲しいNFTを見つけてみてください。

NFTの買い方を下記の記事で、解説しているので参考にしてくださいね。

>>>OpenSeaでNFTアートを買う方法【7つのステップで解説】

また、あなたが作ったNFTを売ってみましょう。

NFTを出品する方法は下記の記事で詳しく解説しています。

>>>OpenSeaでNFTアートを販売する方法 /NFTの出品のやり方を解説

>>>【OpenSea版】ポリゴンを用いてNFTを無料で販売する方法

また、売買の際には、ガス代と呼ばれる手数料が必要になります。

時期によって手数料が、高くなることもあるので気を付けましょう。

余談

※余談ですが、NFT公式マーケットのOpenSeaでは、下記の2つ方法でNFTを取引できます。

イーサリアムで取り引きする

ポリゴンで取り引きする

これは、国よって通貨がちがうことをイメージしてもらえると分かりやすいです。

日本では日本円を、アメリカでは米ドルというように、NFTの公式マーケットOpenSeaにも国によって使える通貨がちがいます。

ポリゴン版だと、手数料が無料で取引可能です。

ただし、取引量はイーサリアムの方が多いので、ポリゴン版は初心者向けと言えます。

NFTで稼ぐ方法

ここでは、NFT始めるために気になるのが、稼ぎ方ですよね。

稼ぐ方法を、下記「3つ」に分けて紹介します。

  1. NFTを作って売る
  2. 買ったNFTの値上がり益を狙う
  3. NFT関連の仮想通貨を買う

それぞれチェックしていきましょう。

NFTを作って売る

NFTで儲ける方法のひとつ目は、

「NFTを作って売る」

です。

NFTで稼ぐ方法の中で、もっともポピュラーな方法と言えます。

自分で売るNFTを作り、NFT公式マーケットで販売します。

NFTの価格を決めて、自分の売りたい値段で取引しましょう。

決めた値段で売買が成立すれば、その金額分だけ稼ぐことができます。

買ったNFTの値上がり益を狙う

NFTは、仮想通貨・株・FXのように、値上がり益を得ることができます。

自分の買ったNFTの最初の値段と、時間がたって値上がりした値段との差が収益となるのです。

たとえば、

  • NFT購入時の値段:1000円
  • NFT購入後の値段:1200円

こんな感じで、NFTは購入後に値上がりすることがあります。

上記の時にNFTを売却すれば、「200円」の収益ですね。

ただし、買ったNFTが100%値上がりするわけではありません。

値段が下がることも起きえます。

どのようなNFTを買うか、しっかりと考えましょう。

NFT関連の仮想通貨を買う

NFT関連の仮想通貨を買うのもアリです。

仮想通貨には、NFTに関係するプロジェクトが存在します。

NFTにかかわる仮想通貨は、NFTの盛り上がりと同時に値上がりする可能性があるのです。

もし、値上がりしたNFT関連の仮想通貨を持っていれば、収益を得ることができます。

つまり、NFTに関係する仮想通貨を買って、「値上がり益を期待する」ということです。

NFTを始める時の注意点

NFTをはじめる際に知っておくべき、注意点を下記「5つ」ご紹介します。

  1. 詐欺やハッキング被害に注意
  2. イーサリアムの送金は必ず少額で試してから
  3. NFTの売買によって得られた収益は税金の対象となる
  4. NFTの発行や購入の際にかかるガス代(手数料)の料金に注意
  5. NFTの売買の際にETHをポリゴン版ETHに変える必要が出てくることも

それぞれチェックしていきましょう。

詐欺やハッキング被害に注意

NFTをはじめる際に、詐欺やハッキング被害に気を付けましょう。

NFTの世界でも、ふつうに詐欺やハッキングがあります。

たとえば、「あなたのプロモーターになりますよ?」などという甘い言葉を使って、平気でダマす方がいます。

他にも、「巧妙な手口で仮想通貨ウォレットのパスワードやシードフレーズを聞き出し、すべての資産を奪う」という事例もあります。

詐欺やハッキングにあって、資産を盗まれる事例はあとを絶ちません。

注意しましょう。

  • SNS等からくる変なDMやツイートはムシ
  • 仮想通貨ウォレットのパスワードとシードフレーズは絶対に教えない

等の対策をすると良いですよ。

イーサリアムの送金は必ず少額で試してから

NFTの売買には、仮想通貨のイーサリアム(ETH)を、仮想通貨ウォレットへ送る作業が発生します。

このときに、イーサリアムの送金は、かならず「少額でテストしてから」行いましょう。

なぜなら、いきなり全ての資金を送金したさいに、

「手順のどこかでミスをすると資産が全部なくなる」

からです。

これをセルフGOXと呼びます。

おおくの方が、セルフGOXで資産を無くされているので、気を付けましょう。

対策は先述したように、少額でまずは送金することです。

イーサリアムを少額で仮想通貨ウォレットに送る⇒届いたことを確認⇒すべての資金を送る

上記の流れがオススメです。

NFTの売買によって得られた収益は税金の対象となる

NFTの売買によって得られた収益は、税金の対象となります。

ただ、この項に関しては、わたし自身が税理士でもないので、詳しく話せません。

そのため、税理士さんか税務署に行って、ご自分で相談することをオススメします。

NFTの発行や購入の際にかかるガス代(手数料)料金に注意

NFTの発行や購入の際には、ガス代と呼ばれる手数料がかかります。

ガス代には主にイーサリアムが取られるシステムです。

このガス代はイーサリアムの取引量によって、高騰するという特性あります。

「NFTの購入代金よりもガス代の方が高い」

ということも起きます。

ガス代は、下記ような感じです。

  • 高い時で「1万円以上」
  • 安い時で「3000~5000円」

手数料でお金がなくなるのがもったいないので、ガス代が少額の時に、NFTの取引しましょう。

ガス代の確認は、NFT取引の際に表示されるので、日本円に換算してどれくらいか見ることをオススメします。

NFTの売買の際にETHをポリゴン版ETHに変える必要が出てくることも

先述した通り、NFT公式マーケットのOpenSeaでは、イーサリアムとポリゴンの二つのNFT売買方法があります。

NFTクリエイターの中には、ポリゴン版の作品のみを、出品している方もいます。

そのため、欲しい作品がポリゴン島だった場合、

「イーサリアム(ETH)をポリゴン版イーサリアム(ETH)に変える必要」

があるのです。

よって、ポリゴン版のNFTを買いたい場合は、ポリゴン版イーサリアムを手に入れておきましょう。

方法については下記の記事で解説しています。

>>>MetaMask(メタマスク)にPolygon(Matic)ネットワークを接続する方法

まとめ(NFTの始め方・やり方・売買方法)

NFTの始め方や売買方法、儲けた方についてかきました。

カンタンにNFTの始め方をまとめると、下記7つのステップです。

  1. NFTの売買を行うNFT公式マーケットを選ぶ「OpenSeaがオススメ」
  2. 無料で想通貨取引所の口座を作る
  3. 作った取引所で仮想通貨イーサリアム(ETH)を買う
  4. 仮想通貨ウォレット「メタマスク」に登録
  5. メタマスクにイーサリアム(ETH)を送る
  6. NFT公式マーケット(OpenSea)とメタマスクを連携
  7. NFTの売買を始める

また、NFTをはじめるなら仮想通貨取引所の口座を作っておきましょう。

NFTの世界はスピード感が命です。

いきなり稼げる案件が来たときに動けるようにするのがベスト。

仮想通貨取引所をつくっておけば、あとからスムーズにサクッとNFTを開始できますよ。

オススメの取引所は、「GMOコイン」です。

各種手数料も無料で、初心者でもカンタンに仮想通貨を買えます。

無料でGMOコインの口座を作る

>>最短10分で口座開設完了<<

GMOコインの口座の作り方は、下記の記事でくわしく解説してます

>>【最短10分】GMOコインの口座開設方法を5ステップで解説 / GMOコインアカウント登録方法

サクッと10分で終わりますよ。

【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所
NFT 始め方 儲け方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次