5000円分の仮想通貨をもらえる裏ワザはこちら

【不労所得!】BitLending(ビットレンディング)の始め方【BTCを年率8%で資産運用】

ビットレンディング 始め方 BTC レンディング

>>今すぐ年利8%でBTCを貸し出す

仮想通貨をレンディングするサービス「BitLending(ビットレンディング)」使ってみたい。でも、情報がすくない。
やり方が、よくわからないなぁ。誰かくわしいやり方を教えてほしい。

仮想通貨をレンディングしてお金を増やしたい。コインチェックとかだと、申請しても全然できない。他のレンディング方法しらない?

わたしはビットレンディングで、BTCをレンディングして資産運用しています。
年率8%で毎月資産が増えています。
その経験をもとに、BitLending(ビットレンディング)の始め方を、くわしく解説しますね!

この記事は、上記のことでお悩みの「あなた」へ向けて書かれています。

この記事を読んでわかること

①BitLending(ビットレンディング)の始め方・やり方を解説

②BitLending(ビットレンディング)のメリット・デメリット

③BitLending(ビットレンディング)の資産運用シミュレーション

etc

仮想通貨を貸して増やすサービスの「BitLending(ビットレンディング)」。

最近、日本でも話題となりました。

年利8%と高金利で仮想通貨を増やせるので、チャレンジしたい人も多いです。

今回は、「ビットレンディングやってみたい」「仮想通貨で資産運用したい稼ぎたい」という悩みを解決します。

わたしがじっさいにビットレンディングを使った経験をもとに、くわしい始め方について説明しますね。

記事を最後まで読めば、サクッとカンタンに始められますよ。

この記事を書いた人
マオー

Twitter

【仮想通貨の始め方・稼ぎ方を発信中】

✔️仮想通貨歴1年

✔️仮想通貨7桁運用

✔️Twitterフォロワー数2000人以上

✔️仮想通貨投資で最高月収30万円達成

証拠はこちらの記事👉無職が仮想通貨で月収30万円達成した件

✔️月間1万4000PV以上の仮想通貨ブログ運営

>>ビットレンディングでBTCを年利8%で貸し出す

目次
【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所

BitLending(ビットレンディング)の始め方

BitLending(ビットレンディング)の始め方を、下記の5つのステップにわけて解説します。

  1. BitLending(ビットレンディング)に預ける仮想通貨を決める
  2. BitLending(ビットレンディング)の申し込みページへ
  3. ビットレンディングの申し込みフォームを記入
  4. BTC(仮想通貨)を貸し出す
  5. レンディング開始のメールを確認

それぞれチェックしていきましょう。

※申し込みには、本人確認書類が必要です。画像データとして提出するため、事前にスマホやパソコンに用意しておきましょう。

本人確認書類は、下記の5つのどれかでOK。

  • 運転免許証/運転経歴証明書
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 在留カード/特別永住者証明書(外国籍の方)

わたしは運転免許証にしました。

BitLending(ビットレンディング)に預ける仮想通貨を決める

BitLending(ビットレンディング)でレンディングする、仮想通貨と数量を決めましょう。

ビットレンディングには、いろんな仮想通貨のレンディングサービスがあるので、その中からレンディングする仮想通貨を選びます。

これをしないと、ビットレンディングを始められません。

預けられる仮想通貨と最低レンディング枚数は、下記のとおり。

仮想通貨最低取扱枚数
BTC0.01(約3万円、1BTC=約300万円で計算)
ETH0.1(約2万円、1ETH=約20万円で計算)
USDT200(約2万6,000円、1USDT=130円で計算)
USDC200(約2万6,000円、1USDC=130円で計算)
DAI200(約2万6,000円、1DAI=130円で計算)

この中からレンディングする枚数と仮想通貨を、事前に選んでおくと、あとあとスムーズです。

また後述予定ですが、BTCを送金する仮想通貨取引所も決めておきましょう。

仮想通貨取引所によって、最低送金額がちがうので、その点も頭に入れておいてください。

この辺も、記事の中で解説します。

ちなみに今回は、BTCをレンディングする方法で、ビットレンディングの始め方について解説。

※もし最低限のリスクでレンディングしたいなら、おすすめはUSDC・USDTですね。この2つは、ドルと価格の連動したドルステーブルコイン。ビットコインなどより、値動きもはげしくないため、低いリスクでレンディングを始められます。

BitLending(ビットレンディング)の申し込みページへ

BitLending(ビットレンディング)の申し込みページへいきましょう。

下記から、申し込みページへ飛べます。

>>【無料】BitLendingへ行く

BitLending

下記のページに移動したら次です。

会員登録の前に下記の本人確認書類を手元に準備しておきましょう
  • 転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 運転経歴証明書
  • パスポート(2020年2月3日以前に申請した日本発行のものに限る)

ビットレンディングの申し込みフォームを記入

BitLending(ビットレンディング)の申し込みフォームを記入して、「メールアドレス」の登録を行います。

さっそく見ていきましょう。

STEP
ビットレンディングホームのいちばん下までスクロール

現在、下記画面が表示されていると思います。

「お申し込みはこちら」をクリックし、いちばん下まで、スクロールしてください。

STEP
ビットレンディングの申し込みフォームを入力

いちばん下までスクロールできましたか?

スクールすると、「ビットレンディングの申し込みフォーム」画面が表示されてるはず。

それぞれ下記のステップで、ビットレンディングの申し込みフォームを記入してください。

  1. 「メール」:あなたのメールアドレスを入力
  2. 「規約同意 □同意する」:□にチェックをいれる
  3. 「送信」をクリック

これでOK。

※メールアドレスは、わたしの場合だと「Gmail」にしました。

下記の画面が表れたら申込完了。

次にいきましょう!

STEP
ビットレンディングからのメールを確認する

申し込みフォームに記入したメールアドレスに、ビットレンディングからメールが届いてます。

メールが来てるため、確認してください。

メールの「URL」をクリック。

「会員申込」ページへ移動します。

STEP
「会員申込」の登録フォームの入力

「会員申込」の登録フォームに、必要事項を記入していきましょう。

各項目を入力してください。

  • 生年月日
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 番地
  • 建物名・部屋番号(ないなら記入なしでOK)

申込フォームの続きです。

  • 携帯番号
  • 国籍
  • パスワード

すべての項目を入力したら、「入力内容確認」をクリック

パスワードは、ハッキングのリスク対策として、他のサービスとは違うものにしましょう。

STEP
会員申込の内容を確認

あなたの情報に間違いがないか確認しましょう。

問題なければ、「この内容で申し込む」をクリック。

STEP
本人確認書類(運転免許証/ 運転経歴証明書)を提出

「本人確認書類の提出」を行います。

下記のページが表示されているはず。

いちばん下までスクロールです。

本人確認書類のの提出は本人確認のために利用。犯罪などに使われることはありません。安心してください。

パソコンで会員登録していた方は、下記のページが表示されているでしょう。
その場合は、QRコードを読み込んでください。

ご利用規約が表示されます。

下にスクロールです。

「同意して次へ進む」をクリック。

「ご本人確認書類を選択」の画面に移動します。

下記のステップで、本人確認ページへ移動しましょう。

  1. 「○運転免許証」をクリック
  2. 「□」にチェックを入れる
  3. 「次へ進む」をクリック

わたしは本人確認書類を「運転免許証」にしました!

本人確認書類の撮影に入りましょう。

あとは、アナウンス従って、本人確認を完了させてください。

これで、申込フォームの記入が完了しました。
本人確認書類の審査が完了したら、記入したメールアドレスにメールが来ます。確認を忘れないようにしまましょう!

BTC(仮想通貨)を貸し出す

BitLending(ビットレンディング)から、申込完了(本人確認完了)メールが来ます。

下記は例です。

本人確認完了メールに、ビットレンディング会員ページへのリンクがあります。

メールが来たらマイページへログインし、仮想通貨の貸し出し(レンディング)の開始のために、仮想通貨取引所からBTC(ビットコイン)を送金しましょう。

まずは、ビットレンディングの会員ページへログイン。

>>ビットレンディングへ行く

STEP
ビットレンディングの会員ページへログイン

画面右上の「ログイン」をクリック。

下記のステップでログインしましょう。

  1. メールアドレス:会員登録時のメールアドレス
  2. パスワード:会員登録時のパスワード
  3. 「ログイン」をクリック

メールアドレスに2段階認証メールが届きます。

空欄に「認証コード」を入力しましょう。

会員ページへログインできたらOK。

STEP
仮想通貨(暗号資産)を貸し出す

あなたがレンディングする予定の仮想通貨を送金します。

「暗号資産を貸し出す」をクリック。

貸し出し申込です。

今回はBTCを貸し出しましょう。

BTCの項に、あなたが貸し出す予定の枚数を入力です。

貸し出す仮想通貨には、最低枚数があります。その点を気をつけましょう。例:BTC:0.01(約3万円)

「入力内容確認」をクリック。

「この内容で申し込む」をクリック。

「入金アドレスを確認する」をクリック。

貸し出し用のBTCの入金アドレスが表示されます。

「アドレスのコピー or QRコード読み取り」し、仮想通貨取引所からBTCを送金しましょう。

送金の際には、仮想通貨取引所に導入されてる、トラベルルールむけの情報記載する必要があります。

トラベルルールむけの情報は、下記を参考にしてください。

ちなみに、ビットレンディングの「よくある質問ページ」にも記載があります。

>>よくある質問ページへ行く

ビットレンディングへの仮想通貨の送金方法は、下記のステップです。

  1. 仮想通貨取引所の口座をつくる
  2. 仮想通貨取引所の送金ページへ移動
  3. BitLending(ビットレンディング)記載のアドレスをコピー
  4. 仮想通貨取引所の送金ページへアドレスを入力
  5. 仮想通貨を送金

イメージは上記のような感じ。

この辺については、別の項でくわしく解説します。

というのも仮想通貨取引所には「送金手数料・送金方法」が違います。

ここで解説すると、こんがらがるので、別の項で、その辺も踏まえて解説します。

下記から、送金方法の項へ飛べます。

>>仮想通貨の送金方法の解説へ移動する

レンディング開始のメールを確認

BitLending(ビットレンディング)から、レンディング開始のメールが届きます。

メールの到着にかかる期間は、送金後の3営業日以内。

申し込みの際に入力した、メールアドレスからメールを確認してください。

下記のメールを確認できればOK。

画像は例。

BitLending(ビットレンディング)に仮想通貨を送金する方法

BitLending(ビットレンディング)に仮想通貨を送金する方法について解説します。

下記の3ステップです。

  1. 仮想通貨の送金に使う仮想通貨取引所を選ぶ
  2. 仮想通貨取引所から仮想通貨を送金
  3. ビットレンディングからの入金完了メールを確認

それぞれチェックしていきましょう。

仮想通貨の送金に使う仮想通貨取引所を選ぶ

BitLending(ビットレンディング)に貸し出すまえに、仮想通貨の送金につかう仮想通貨取引所の口座をつくりましょう。

ビットレンディングでは、仮想通貨を買えないので、仮想通貨取引所で仮想通貨を用意します。

ちなみに、すでにあなたが口座をつくってる仮想通貨取引所でも良いですが、この機会に新しい口座をつくるのもアリです。

なぜなら、仮想通貨取引所によっては、あなたが損してる可能性があるから。

じつは仮想通貨取引所は、下記のように仮想通貨を送金するサービスの特徴がちがいます。

たとえば、下記のような部分が異なります。

  • 送金手数料が無料 or 有料
  • 最低送金額(例:GMOコイン 0.02BTC)

上記をふまえて、あなたにあった仮想通貨取引所を利用しましょう。

「でも、仮想通貨取引所って、たくさんあるしわからない」ってなりますよね。

大丈夫!ちゃんと解説しますね。

まずは下記の国内の主要な仮想通貨取引所の「送金手数料・最低送金額」を、確認してください。

※今回は、BTCを例に解説します。仮想通貨によって、最低送金額はちがいます。また、今回は国内の仮想通貨取引所についての説明です。海外は入れてません。

スクロールできます
仮想通貨取引所/BTCビットポイントGMOコインコインチェック
送金手数料無料無料有料:0.0005
最低送金額0.0050.020.00000001

コインチェックはBTCを送金する場合、手数料として約1500円(BTC:300万円で計算)かかります。

それに対して、GMOコインやビットポイントなら無料ですね。

でもGMOコインやビットポイントだと、最低送金額1万円以上(BTC:300万円で計算)なので、少額でお試しのレンディングをしたい方に向かないですね。

その代わり、「コインチェック」は、最低送金額はひくいですね。少額から送金可能。

さらにビットレンディングのBTCの最低レンディング額を「0.001BTC」を考慮すると。

条件別のBTC(仮想通貨)の送金に利用する、オススメ仮想通貨取引所こんな感じ。

この中から、ビットレンディングでレンディングしたい額にあった、仮想通貨取引所を選ぶと良いでしょう。

※GMOコインは、ビットレンディングで取り扱いもあるDAIも取り扱ってます。DAIは、アメリカのドルと価格の連動した仮想通貨なので、BTCと比べても値動きのリスクは少ないです。こちらを検討するものアリかと。

それぞれの仮想通貨取引所の口座の作り方は、下記の記事でくわしく解説してます。

>>【サクッと10分】コインチェックの口座開設方法を5ステップで解説

>>【10分で完了】ビットポイントの口座開設方法を2ステップで解説

>>【最短10分】GMOコインの口座開設方法を5ステップで解説

仮想通貨取引所から仮想通貨を送金

仮想通貨取引所から仮想通貨を送金します。

今回は、GMOコインからBTCを送金する方法を例にして解説しましょう。

STEP
GMOコインへログイン

GMOコインへログインします。

下記からGMOコインのホームページへ行けます。

>>GMOコインのへ行く

GMOコインへログインしたら次です。

まだ口座を持ってない方は、この機会に作りましょう。

STEP
GMOコインの暗号資産(仮想通貨)の入出金ページへ移動

GMOコインの暗号資産(仮想通貨)の入出金ページへ移動します。

「入出:暗号資産」をクリック。

送金する銘柄(仮想通貨)を選択します。

今回はBTCにしましょう。

「BTC(ビットコイン)」をクリック。

「送付」をクリック。

これでGMOコインの送金ページへ移動しました。

STEP
GMOコインにビットレンディングの受取アドレスを登録

GMOコインにビットレンディングのBTCの受取アドレスを入力します。

「送付→新しい宛先を追加する」をクリック。

「宛先情報を登録します」の画面に移ります。

「GMOコイン以外」をクリック。

「宛先情報を登録します」の画面に変わります。

「プライベートウォレット(MetaMaskなど)」をクリック。

「ご本人様以外」をクリック。

受取人種別は「法人」をクリック。

「宛先情報の登録」に移ります。

  1. 宛先名称:ビットレンディング
  2. ビットコインアドレス:ビットレンディングのメール記載のアドレス
  3. 受取人名称:株式会社J-CAM
  4. 受取人名称(フリガナ):カブシキガイシャジェイカム

それぞれを入力しましょう。

各種項目は、ビットレンディングから届いた、下記のメールに記載してあります。

各種項目をコピペすればOK。

続いて、各種項目を入力します。

  • 受取人居住地:日本
  • 受取人との関係:投資先を選択
  • 実質的支配者情報:「個人」を選択
  • 受取人の実質的支配者名:「姓→新津」「名→ 俊之」
  • 受取人の実質的支配者名(フリガナ):「姓→ニイツ」「名→ トシユキ」 
  • 「確認画面へ」をクリック

受取人との関係は、選択部分をクリックすれば選択画面が表示されます。選択画面から「投資先」を選べばOK。

確認画面へ移動します。

記入内容が問題なければ、一番下までスクロール。

「□2つにチェック」を入れて、「登録する」をクリック。

「確認メール」が送信されます。

GMOコインに登録したメールアドレスに、メールが届いてるため、確認しましょう。

下記のメールに記載のURLをクリック。

下記の最終確認画面に移動します。

いちばん下までスクロール。

「認証を完了する」をクリック。

下記の画面が表示されたらOK。

「ログイン画面へ」をクリックし、再度ログインしましょう。

STEP
仮想通貨を送金する

ここまで来れば、あとちょっとです!がんばりましょう!

GMOコインにログインしたら、「入出金:暗号資産」をクリック。

登録した「ビットレンディング」をクリック。

この時、ビットレンディングが反映されてないことがあります。5分ほど待って、ページを更新すると表示されます。

宛先情報の確認です。

確認して問題なければ、いちばん下までスクロール。

「□にチェック」を入れて、「次へ」をクリック。

下記のステップでビットコインを送金します。

  1. 送付数量:例 0.02 BTC(最小送付数量は0.02BTC)
  2. 「SMSで2段階認証コードを受け取る」をクリック
  3. 指定の場所に2段階認証コードを入力
  4. □2つにチェックを入れる
  5. 「確認画面へ」をクリック

あとはアナウンスに従って、BTCを送金すればOK!

これでビットレンディングに仮想通貨を送金できましね!

ビットレンディングからの入金完了メールを確認

ビットレンディングに仮想通貨(BTC)を送金すると、翌日に下記の入金完了メールが届きます。

メールの到着は最短で翌日です。状況によって、数日かかることもあります。(記事執筆時点)

このメールが来たら、ビットレンディングで仮想通貨(BTC)のレンディングは完了。

貸し出し状況は、会員ページにも表示されます。

あとは毎月25日にくる、レポートメールを確認しましょう。

BitLending(ビットレンディング)とは?

BitLending(ビットレンディング)とは」、日本発の仮想通貨のレンディング会社です。

下記にビットレンディングの情報をまとめました。

サービス名BitLending(ビットレンディング)
運営会社株式会社J-CAM
会社の設立年月日2020年5月
ビットレンディングのサービス開始日2022年2月10日
代表者代表取締役 新津 俊之
サービス内容暗号資産(仮想通貨)レンディングサービス
レンディング可能な仮想通貨・BTC
・ETH
・USDT
・USDC
・DAI
レンディングの年率8%
仮想通貨の運用開始仮想通貨の受理後翌日

ビットレンディングは、比較的あたらしい会社。

株式会社J-CAMが運営しています。

まだまだ情報もすくないので、不安に思われる方も多いでしょう。

しかし、信頼できるグローバル企業ともパートナーシップを締結しており、安心して資産を預けられることが伺えます。

業界最高峰のレンディング年率をほこっており、とても魅力的なレンディングサービスと言えます。

5つの仮想通貨からレンディングするコインを選べるのもグッド。

「2022/7/28」から正式版とアプリのリリースもあり、注目したいサービスですね。

早めに預ければ、それだけ資産も増えて先行者優位とれるので、使うメリットの方が多いでしょう。

BitLending(ビットレンディング)のデメリット

BitLending(ビットレンディング)のデメリットは下記の3つです。

  1. 資産の返還の際に送金手数料を負担する
  2. 新しい会社のため情報が少ない
  3. 会社の倒産・ハッキングのリスク

それぞれチェックしていきましょう。

資産の返還の際に送金手数料を負担する

BitLending(ビットレンディング)は、あなたの預けた資産を返還するさいに、送金手数料自己負担です。

まず下記を確認してください。

上記のとおり、あなたへ仮想通貨を送金するさいに、「送金手数料」はこちらが払います。

実質的な、返還手数料ですね。

BTCであれば、0.0005BTC(約1500円=BTC300万円)ほど取られます。

割とお高めなのは、高い年率を取るからってことでしょう。

貸出した金額・期間によって、手数料分マイナスになる可能性もあるので気をつけてください。

もちろん、レンディングは長期的に預けて資産を増やすのが一般的です。

長期的に預けるのが前提なら、利回りの収益が手数料を勝るので、それほど大きな負担にはならないでしょう。

新しい会社・サービスのため情報が少ない

BitLending(ビットレンディング)は、新しいサービスです。

そのため、情報が少ないのがデメリット。

ビットレンディングを情報が少ないので、下記のような不安を抱える人が出てくるでしょう。

  • 使って安全なの?
  • 本当に資産は増えるの?
  • 預けたお金はちゃんと返ってくる?

不安な方は、わたしのブログを読んでくれると嬉しいです!

当ブログでは、じっさいに体験してみた内容を記事にしているので!

会社の倒産・ハッキングのリスク

BitLending(ビットレンディング)には、会社の倒産やハッキングのリスクがあります。

ただし!これは、どの会社でも言えることですね。

レンディングサービスだけでなく、仮想通貨取引所にも起こりえることでしょう。

ビットレンディングは下記のように、具体的な3つのハッキング対策を行なっており、強固なセキュリティを築いてます。

あなたの資産を守るためのセキュリティ対策もも万全なので、信頼できますね。。

またビットレンディングを運営している「J-CAM」は、「月間暗号資産」とう専門メディアを運営していた実績があります。

そのため、安心と信頼感のある企業と言えるでしょう。

上記のことから、いきなり会社が倒産するリスクも低いです。

BitLending(ビットレンディング)のメリット

BitLending(ビットレンディング)のメリットは、下記の5つです。

  1. 国内最高峰の年率(8%)
  2. 途中で貸し出しを中断できる
  3. 少ない資金で資産運用できる
  4. 自動で複利運用して資産を増やせる
  5. 貸出を待たなくてOK(即レンディング可能)

それぞれチェックしていきましょう。

国内最高峰の年率(8%)

BitLending(ビットレンディング)は、国内のレンディングサービス中で、最高峰の年率を誇ります。

下記に、国内のレンディングサービスの年率をまとめました。

会社/サービス名年率
ビットレンディング8%
GMOコイン最大5%
コインチェック最大5%
HashHubレンディング3%
ビットバンク最大5%

このように、ビットレンディングで仮想通貨をレンディングすれば、他のサービスよりも資産が増えることがわかりますね。

途中で貸し出しを中断できる

BitLending(ビットレンディング)は、途中で貸し出しを中断できます。

ビットレンディングの返還は、「申請してから翌7日間以内」

7日間って長いように思いますが、そんなことはありません。

同じレンディング業者のHashHubレンディングは、返還申請したから30日かかります。

ぜんぜん違いますよね!

ビットレンディングなら、「今すぐ資産を手元に戻したい」といった希望に応えてくれます。

この早い資産の返還は、ビットコインが大きな下落をしたときなどに、すぐに対応できるので、あなたの大事なお金を守ることにつながります。

少ない資金で資産運用できる

BitLending(ビットレンディング)は、少ない資金からレンディングによる資産運用可能。

まずは、下記の画像を見てください。

有名なBTC(ビットコイン)を、0.01BTC(約3,0000円=BTC300万円)から貸し出せます。

これなら、「大金は怖いからお試しの少額でレンディングしてみたい」という方でも、レンディングを始められます。

自動で複利運用して資産を増やせる

BitLending(ビットレンディング)は、自動で複利運用して資産を増やせます。

あなたのレンディングした資産を、運用してくれるので、圧倒的に楽です。

下記の画像の解説のとおり、毎月1日に貸借料を元本に繰り入れ、複利効果で資産を運用します。

先月分の稼いだ資産と預けてる資産を一緒に次の月に入れて、さらに大きなお金でレンディングできるってことですね。

つまり、どんどん資産が増やせるということ!

1年2年と、置いておく期間が長くなればなるほど、あなたの資産が増えていきます。

貸出を待たなくてOK(即レンディング可能)

BitLending(ビットレンディング)は、貸し出しを待たずに、即レンディングを開始可能。

「え?ふつうのことじゃないの?」と思われた方のいるでしょう。

じつはこれ、すごいことなんですよね。

たとえば、コインチェックのレンディングは、めちゃくちゃ待たないと出来ません。

下記を見てください。

最悪の場合、まったく申請が通らずに、数ヶ月たったなんてことも。

せっかくレンディングして資産を増やしたいのに、これだとストレスですよね。

でもビットレンディングなら、申し込みすれば即貸し出し開始可能。

あなたが仮想通貨をレンディングしたい!と思ったときに行動可能。「資産を増やしたい」という希望を叶えられます。

BitLending(ビットレンディング)のよくある質問

BitLending(ビットレンディング)のよくある質問にお答えします。

いくつの仮想通貨をレンディングできますか?

現在、5つの仮想通貨(BTC・ETH・USDT・USDC・DAI)をレンディングできます。

解約手数料はかかりますか?

解約手数料はかかりません。ただし、仮想通貨返還の際の送金手数料は、こちらが負担します。

USDT・USDCを送金する際のネットワークが決まってると聞きました。どのネットワークを使えば良いですか?

「ERC-20」「TRC-20」の2つのネットワークがあります。手数料のやすいTRCを使いましょう

BitLending(ビットレンディング)の資産上昇シミュレーション

BitLending(ビットレンディング)を資産を上昇した場合のシミュレーションをしてみましょう。

BTCを例にすると、下記のようになりました。

10万円分のBTCを年利8%でレンディングし、資産運用したら年間で約8000円ゲット可能。

少ないように感じがますが、これってスゴイことです。

なぜなら、日本の銀行は年利が0.001%だから。(年利が800倍違います)

ビットコインの値上がりも考えると、さらに資産が増えることが予想されます。

毎月8000円が2年なら16000円、3年なら24000円、10年なら80000円になります。
早めにビットレンディングで投資すればするだけ、資産が増えるでしょう。

まとめ(BitLendingビットレンディングのやり方・始め方)

BitLendingビットレンディングのやり方・始め方でした。

さいごにまとめていきましょう。

  1. BitLending(ビットレンディング)に預ける仮想通貨を決める
  2. BitLending(ビットレンディング)の申し込みページへ
  3. ビットレンディングの申し込みフォームを記入
  4. BTC(仮想通貨)を貸し出す
  5. レンディング開始のメールを確認

これでビットレンディングを始められましたね!

年利8%で仮想通貨を運用できるのはスゴイ時代になりました。

日本の銀行は年利0.001%。

日本円を銀行に置いていても、まったく資産は増えません。

でも、ビットレンディングでBTCやUSDTを運用すれば、毎月1000円以上もらえます。

早めに取り組めば、先行者優位を取れますね。

BTCをガチホしてる方は、そのままだともったいないですよ?

ガチホしつつレンディングで増やせば、周りに差をつけられます!

やらなきゃ損です。

>>【無料】まずはお試しでBitLendingを使ってみる

【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所
ビットレンディング 始め方 BTC レンディング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次