5000円分の仮想通貨をもらえる裏ワザはこちら

【JPYCの購入方法をご紹介】 メタマスクにJPYCを入金ってどうやるの?「Polygon(Matic) 版」

JPYC 購入方法 メタマスク 入金

こんにちは、マオーです。

JPYCってカンタンに買えるの?
購入方法を教えて!

この記事は上記のことでお悩みの「あなた」に向けて書きました。

JPYCの購入って、ちょっと難しいですよね。

わたしの場合は、JPYC公式サイトにたどりつくだけでも、かなり苦労しました。

JPYCなんて、まったく聞いたことのないモノでしたから。

というわけで今回は、わたしのようにJPYCの購入方法で悩んでいる方に向けて解説します!

記事を最後まで読めば、JPYCを買うことができますよ。

今回の内容!

①JPYCの購入方法

②JPYCが表示されない場合の対処方法

じっさいに、わたしはJPYCを購入しています。

その経験をもとに、詳しく解説しますね。

目次
【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所

JPYCの購入方法を5つのステップで解説

JPYCの購入方法を、下記「5つ」のステップで解説します。

  1. メタマスクの作成(必要に応じてネットワークを追加)
  2. JPYC公式ページに移動し購入方法を選択
  3. フォームを入力する
  4. JPYCの支払い
  5. メタマスクにJPYCが届いているか確認

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メタマスクの作成(必要に応じてネットワークを追加)

仮想通貨ウォレットのメタマスクを作成します。

メタマスクは、JPYCの保管に必要なモノなので、必ず作りましょう。

下記の記事で作成方法を詳しく解説しています。

>>>MetaMask(メタマスク)の登録方法を7つのステップで解説/画像を15枚使って徹底解説

また必要に応じてメタマスクに、「ポリゴンネットワーク」を追加しておくと良いでしょう。

※ここは、どのネットワーク(チェーン)でも問題ありません。今回は、ポリゴンで解説します。

メタマスクとポリゴンネットワークの接続方法は、下記の記事をご覧ください。

>>>MetaMask(メタマスク)にPolygon(Matic)ネットワークを接続する方法

JPYCをポリゴンネットワークで受け取ると、手数料用に「0.1MATIC」もらえるキャンペーンが実施されています。

JPYC公式ページに移動し購入方法を選択

JPYCの公式ページに移動しましょう。

下記から公式ページに行くことができます。

>>>JPYC公式ホームページへ行く

JPYCの公式ページに入ったら、「銀行振込で購入」を選択します。

※今回は一般的な申し込み方法の「銀行振込」でJPYCを購入します。ちなみに、JPYCの公式ホームページに移ると、銀行振込がデフォルトで選ばれています。

次の項からフォームの入力をしていきましょう。

フォームを入力する

JPYCを購入するために、購入情報を入力していきます。

まずは、下記の2つを入力です。

  • 購入金額:例 10,000
  • ネットワーク:polygon

購入金額は、10,000円からです。

ネットワークは、6種類の中から自由に選んでください。

今回は、polygonで解説します。

送金先のアドレスを入力します。

メタマスクのウォレットから、ポリゴンネットワークのアドレスを持ってきましょう。

メタマスクにログインしてください。

ログインしたら、ネットワークを変更します。

画面右上の「イーサリアムメインネット」を、「ポリゴンネットワーク」に変えましょう。

「イーサリアムメインネット」と書かれた場所を、クリックします。

「Matic Mainnet」をクリックです。

※ここは人によって、polygon Mainnetと表示されている場合があります。意味は同じです。

ポリゴンネットワークに変更したら、Account01下部にある「O✖️✖️✖️」をクリックです。

Account01下部にある「O✖️✖️✖️」をクリックすると、クリップボードにメタマスクのアドレスがコピーされます。

メタマスクのアドレスがコピーできたら、JPYCの公式ページに戻りましょう。

送信先アドレス欄にコピー&ペーストします。

※この時、必ずコピー&ペーストでアドレスを貼り付けてください。

購入者の情報を入力していきましょう。

あなたの「名前とメールアドレス」を入力です。

※わたしの場合だと、メールアドレスはGメールを使いました。

最後に下記の□にチェックを入れて、「確認画面へ」をクリック。

また、支払い方法は「銀行振込」のままでOKです。

入金内容を確認してください。

「支払いへ進む」をクリック。

JPYCの支払い

JPYCの支払いを行います

今回は銀行振込です。

下記画像に書かれた銀行口座に振込をしましょう。

※この時、同時にメールも届きます。

振込が完了したら、下記のメールがJPYCから届きます。

  • 着金確認お知らせ:振込完了の報告

JPYCの着金には、当日〜翌日まで掛かります。

また申し込みの混雑度により、遅くなることもあるので注意してください。

メタマスクにJPYCが届いているか確認

メタマスクに、JPYCが入金しているか確認しましょう。

はじめに、JPYC申し込み時に登録した、メールアドレスを確認します。

メールを開くと、下記のメールがJPYCから届いているはずです。

  • 送信完了のお知らせ:JPYCがメタマスクに入金された報告

JPYC送金までの時間は、銀行振込完了後の当日から翌日までに完了します。

送信完了のお知らせがきたら、あなたのメタマスクにログインし、「ポリゴンネットワーク」を確認してください。

メタマスクに、購入した分のJPYCが、入金されていれば終わりです。

メタマスクにJPYCが表示されないときの対処方法

メタマスクにJPYCが、表示されないときの対処方法をご紹介します。

基本的に、JPYCトークンをメタマスクに追加しておかないと、反映されません。

ここでは、トークン追加の手順をカンタンに解説します。

最初に、メタマスクにログインしましょう。

ログインしたら画面下部の「import tokens」をクリックです。

「import tokens」ページに移ったら、「カスタムトークン」を選択しましょう。

「カスタムトークンページ」へ移動します。

「トークンコントラクトアドレス」の項目に、JPYCのアドレスを入力します。

JPYCのアドレスを入手します。

下記からJPYCの公式サイトへ移動です。

>>>JPYC公式サイトへGo

JPYC公式サイトの最下部までスクロールすると、下記のコントラクトアドレス項目があります。

対応するネットワークのJPYCコントラクトアドレスをコピーしましょう。

JPYCのコントラクトアドレスをコピーしたら、メタマスクに戻ります。

「トークンコントラクトアドレス」に、コピーしたJPYCコントラクトアドレスを「ペースト」しましょう。

JPYCのコントラクトアドレスを「コピー&ペースト」すると、トークンシンボル等が表示されます。

あとは、「Add Custom Token」をクリックです。

下記の画面に移ります。

「Import Tokens」をクリックです。

すると下記の画面が表示されます。

これでJPYCが、メタマスクに反映されます。

まとめ(JPYCの購入方法を解説)

JPYCの購入方法でした。

最後にカンタンにまとめていきましょう。

  1. メタマスクの作成(必要に応じてネットワークを追加)
  2. JPYC公式ページに移動し購入方法を選択
  3. フォームを入力する
  4. JPYCの支払い
  5. メタマスクにJPYCが届いているか確認

これでJPYCを購入できましたね!

【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所
JPYC 購入方法 メタマスク 入金

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次