注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

【書評】ファンダメンタル投資の教科書を読んだ感想「ファンダメンタル分析が学べる本」

こんにちは、マオーです。

今回は【ファンダメンタル投資の教科書】の書評です。

この記事では、

「ファンダメンタル分析投資の教科書という投資本のレビューがしりたい」

「ファンダメンタル分析を一から学べる本を紹介してほしい」

このようなことでお悩みのあなたにむけて書きました。

「株を買うなら最低限知っておきたいファンダメンタル投資分析の教科書」

※以下ファンダメンタル投資の教科書と呼称

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

【書評】『ファンダメンタル投資の教科書』を読んだ感想と心にのこった言葉など

ここでは、『ファンダメンタル投資の教科書』の書評を各見出しごとに見ていきましょう。

『ファンダメンタル投資の教科書』を読んだ感想

『ファンダメンタル投資の教科書』を読んだ感想を結論から言うと、

「個人投資家にとってファンダメンタル分析の勉強をするためのバイブル」

だと思いました。

わたしも含めて個人投資家のかたは、ファンダメンタル分析に対して、

「ファンダメンタル分析ってよくわからない」

「どれだけ勉強してもまったく全然儲からない」

「やっても無駄だからテクニカル分析だけで投資をしている」

など、このような考えを持っている人が多いのではないでしょうか?

ちなみにわたしは、投資の勉強をはじめた初期はこんな感じでした(笑)

株式投資をはじめた初期のころに、ネットでオススメの銘柄を適当に選らんで買った結果…

「かなりの損をしました…」

もちろんこれは、テクニカル分析の勉強ができていなかったことも関係してます。

ただ自分で銘柄を選ぶなり、ネットでオススメの銘柄をしっかりと分析するなり、できていればこの損失は避けられたはずです。

このような経験から、ファンダメンタル分析によって自分で銘柄を選ぶ力を身につける必要性を感じました。

必要性に気づきファンダメンタル分析の投資本を探すなかで、非常に分かりやすかったのが、『ファンダメンタル投資の教科書』です。

投資初心者がファンダメンタル分析を勉強するなら、『ファンダメンタル投資の教科書』をまず勧めます!

心にのこった言葉

『ファンダメンタル投資の教科書』を読んで感想にのこった言葉は、

「本書をお読みいただければ。どのような銘柄選びをすればよいかだけでなく、選んだ銘柄についてどのタイミングで売り買いすればよいかまでわかります」

引用元:ファンダメンタル投資の教科書

でした。

なぜなら、ホントに『ファンダメンタル投資の教科書』はこの言葉通りに、

「銘柄選びから、選んだ銘柄の売り買いのタイミング」

まで学ぶことができてからです。

最初はわたしも、

「ホントかなぁ…ファンダメンタル分析難しいしな…」

と思っていました。

しかし、『ファンダメンタル投資の教科書』を読みすすめると、

「あれ!めっちゃわかりやすい!」

「会社四季報や決算書とか、PERとかの意味が分かるようになってる!」

という風に考えが変わっていきました。

『ファンダメンタル投資の教科書』を読んであとは、ファンダメンタル分析における重要な語句説明から、用語の意味や使い方、チャートとファンダメンタルズ分析を組み合わせた売買方法までを網羅的かつカンタンに学べる良書だと感じました。

『ファンダメンタル投資の教科書』で学べたこと

『ファンダメンタル投資の教科書』を読んで学べたことは、

  • ファンダメンタル分析の勉強はどこまですればよいのか
  • ファンダメンタル分析に必要な用語の意味や使い方がわかった
  • ファンダメンタル分析とチャートを組み合わせた売買タイミング

この3点でした。

ファンダメンタル分析をこれから学ぶという方にオススメしたい投資本だと思います。

『ファンダメンタル投資の教科書』は?

『ファンダメンタル投資の教科書』「足立武志さん」が書いているファンダメンタル分析の手法が書かれている本です。

  • 株式投資におけるファンダメンタル分析の基礎知識
  • ファンダメンタル分析の必要性と学ぶべき点
  • 会社四季報や決算書を使った銘柄選び

などが非常にわかりやすく学べる投資本でした。

まさに、ファンダメンタル投資の教科書と言える本だと思います。

また作者の「足立武志さん」は、「足立公認会計士事務所の代表」兼「株式会社マーケットチェッカー代表」であり、公認会計士・税理士・ファイナンシャルプランナーなども資格を有しています。

これだけの経歴を持つ個人投資家ということもあって、本の中身もとても分かりやすい作りになっていました。

ファンダメンタル投資の教科書は、文字の色や図の多様、重要なところだけを読めば理解できる構造になっており、ファンダメンタル分析の勉強初心者がカンタンに理解できるよようになっています。

『ファンダメンタル投資の教科書』の導入部

『ファンダメンタル投資の教科書』は、このような導入で始まります。

はじめに。
株式投資では、まずはどの株投資するか決めなければなりません。
将来の業績の伸びが期待できる企業や、実態価値より株価が割安である企業を探すのに決算書はとても役だちます。

決算書をもちいた銘柄選びや企業分析の方法について書かれた本はいくつかあります。
しかし、それらの多くは個人投資家にとって「難しい」のです。
もちろんそれらの本に書かれている内容は、至極まっとうで正しいものなのですが、決算書の細かい部分まで張り込み過ぎている感があり、会計の知識を持っていないとなかなか理解できません。
どんなに素晴らしい内容であっても、個人投資家が実践で使えるものでないと意味がないのです。

引用元:『ファンダメンタル投資の教科書』

まとめ(ファンダメンタル投資の教科書を読んだ感想)

最後にカンタンにまとめていきましょう。

  • ファンダメンタル投資の教科書は初心者でも理解しやすい良本
  • ファンダメンタル分析を勉強する個人投資家のバイブル
  • ファンダメンタル分析をこれから勉強する初心者にオススメ

『ファンダメンタル投資の教科書』が気になったかたは、下記から購入できます。

追伸:投資をはじめるならSBI証券の口座開設しよう

もし、あなたがこれから投資をはじめようと思っているのであれば、

「SBI証券の口座開設をオススメ」

します。

SBI証券をオススメする理由は。

  • 顧客満足度NO.1
  • 口座開設数600万人
  • 株や投資信託が100円単位で取引できる

という特徴があるからです。

たくさんの人が使っている点からも、投資をする際に困ることがないと思います。

また、投資は口座開設をしないできません。

これは相場が上昇しお金を稼ぐ機会損失にもつながるでしょう。

このようなことからも、この機会に証券口座だけでも開設しておくと損しませんよ

口座を作ることは無料できますし、管理費や手数料もかからないです。

作っておいてもマイナスはありません。

下記から、SBI証券にカンタン10分で無料登録できるので今すぐしてしまいましょう。

【SBI証券の口座を無料開設↓】

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

最後まで読んでくれてありがとうございます。

それでは、またね。

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
書評 ファンダメンタル分析の教科書
最新情報をチェックしよう!