注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

【仮想通貨って何?】仮想通貨の基本について解説します

こんにちは、マオーです。

今回は【仮想通貨って何?】について書きました。

 
サトウ君
仮想通貨をはじめようか迷ってるけど何か怖いなぁ…
 
サトウ君
仮想通貨について未だによくわからないから教えて~~
 
マオー
仮想通貨の本を5冊以上読んで実際に投資もしているマオーが説明するね!

この記事を読むと下記のことがわかります。

【仮想通貨のキホン】

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

仮想通貨って何?押さえておくべきポイントは7つ

仮想通貨とはいったい何なのか?

について詳しく説明しますね。

仮想通貨について押さえておくべきポイントは、下記の7つです。

7つのチェックポイント

【はじめに】仮想通貨の説明

ブロックチェーン技術

ホットウォレット・コールドウォレット

仮想通貨の種類

どのようにして仮想通貨を売買するのか?

仮想通貨の安全性は?

仮想通貨はいくらから買えるのか

それぞれについて、次の項から詳しく見ていきましょう。

【はじめに】仮想通貨(暗号通貨)の説明

仮想通貨は、円やドルのような法定通貨と交換&モノを購入するなどができる、「財産的価値をもった電子データ」です。

カンタンに言えば、わたしたちが普段つかっている「スイカ」などの電子マネーのようなモノと言えます。

ちがう点は、「スイカやTポイント」とは違って、株や債券のように金融商品のような価値をもっているところでしょうね。

今も仮想通貨という呼び名が一般的ですが、日本では「暗号通貨」という呼び名に変更されています。

また仮想通貨には、政府や銀行などの中央管理者が存在していません。

管理の方法は、「ブロックチェーン」という技術によって管理されています。

ブロックチェーンについては次の項から見ていきましょう。

ブロックチェーン技術

仮想通貨(暗号資産)を語るうえで外せないのが、「ブロックチェーン技術」です。

「ブロックチェーン技術」は、

『これまでの取引データがすべて記された台帳』

のようなモノです。

仮想通貨の取引はこのシステムをつかって、世界で行われているすべての取引が10分ごとにまとめられて、ひとつのブロックにされていきます。

ブロックを一つずつ、つなげてチェーンのようにして保存するので、ブロックチェーン技術と呼ばれているのです。

この技術によって下記のようなメリットがあります。

  • 数千数万という世界のコンピューターが監視しあっていてセキュリティが高い
  • 管理者がいないのでユーザー同士で直接取引できる

これから先の未来で、ブロックチェーン技術を応用し、インターネットの世界を変えるとも言われています。

ホットウォレット・コールドウォレット

ここでは購入した仮想通貨の保管場所について説明します。

保管場所は、

  • ホットウォレット
  • コールドウォレット

上記二つに分けられます。

ホットウォレット

最初にホットウォレットとは、「インターネットにつないで仮想通貨保管している状態」を言います。

たとえば、仮想通貨を「コインチェック」のような取引所に置いたままの状態のことです。

このホットウォレットに大きな金額を保管したままにしておくと、インターネットに接続した状態なのでハッキングを受ける可能性があります。

ホットウォレットのままにしておくと危険ということです。

コールドウォレット

次にコールドウォレットとは、「インターネットにつないでいない状態の仮想通貨の保管場所をさします。

つまり、ネットにつがっていないオフライン状態の場所に、仮想通貨を保管している状態のことです。

ホットウォレットに大切な資産を預けずに、コールドウォレットに預けるほうが安全度がとても高いと言えるでしょう。

ただ注意点として、ハッキングされなくてもパスワードを忘れて取り出せなくなるということも起こります。

しっかりと、パスワードを管理しておく必要がありますね。

仮想通貨の種類

仮想通貨は、大きく分けると下記の2種類です。

  • ビットコイン(仮想通貨の王様)
  • アルトコイン(ビットコインから派生したコイン)

ビットコインとは?

ビットコインは、はじめてこの世界に生まれた仮想通貨(暗号通貨)です。

「サトシ・ナカモト」と呼ばれる、個人なのかグループなのかわからない人物?がネット上に公開した論文をもとに作られました。

ビットコインは仮想通貨の中でも、もっとも知名度が高く取引量も多いです。

ブロックチェーン技術をつかったプログラムを確立させたのもビットコインでした。

このコインが生まれたことによって、仮想通貨の市場の基礎ができたと言えますね。

アルトコインとは?

アルトコインとは、ビットコイン以外のコインのことを言います。

ほとんどのコインがビットコインのプログラムを改良することで作られました。

アルトコインは「代わり」という意味です。

ほとんどアルトコインは、ビットコインの代替コインという立ち位置と言えるでしょう。

有名でないコインも含めて、2000種類以上存在しています。

メジャーなものだと下記のような通貨があります。

  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • ネム

とくに有名なのが、「イーサリアム」です。

イーサリアムは、ビットコインに代わる通貨として期待されています。

どのようにして仮想通貨を売買するのか?

仮想通貨(暗号通貨)を買うためには、「取引所」を開設する必要があります。

取引所は、国内・海外を含めてたんさんありますが、初心者であれば日本の取引所から投資するのがオススメです。

日本の有名な取引所としては、

  • ビットフライヤー
  • DMMビットコイン
  • GMOコイン
  • コインチェック
  • ビットポイント

などがあります。

また、取引所によって手数料や仮想通貨の値段がちがうので、いくつかの取引所を開設しておきましょう。

わたしも3つ以上開設しています。

仮想通貨の安全性は?

仮想通貨の安全性は現在、株やFXと同じぐらいのレベルです。

つまり、安全である」と言えます。

昔はコインの流出事件などによって問題になったこともありますが、今は取引所などの整備もかなり進んでいるので安全ですよ。

もちろん、きちんと自分でもセキュリティ対策をする必要がありますが、数年前に比べれば格段に投資しやすくなりました。

仮想通貨はいくらから買えるのか

仮想通貨は、少額から投資可能です。

たとえば、ビットコインであれば購入する取引所とその時の値段にもよりますが、「数百円」から投資できますよ。

ビットコインであれば、0.0001ビットコイン(BTC)くらいで投資できますから、

【1BTC=400万円】

とすれば、

400万円×0.0001=約400円

ですね。

相場の状況にもよりますが、数百円で投資できるのは魅力的と思います。

株やFXなら数万円からが普通なので。

少額からカンタンに投資できるのは、素晴らしいです。

仮想通貨は未来に普及するお金である

おそらく仮想通貨は、これからさらに普及が加速していくことでしょう。

最終的には。わたしたちがモノを買うお金が仮想通貨になる可能性が高いです。

そうなるころには、ビットコインやイーサリアムなどの通貨が、今以上に値上がりしていると思います。

もし、値上がりしていたときに投資しておくことができたら、億万長者も夢ではないですね。

だからこそ、今から仮想通貨に投資しておくことは、とても重要なように感じます。

少額からでも投資できるので、この機会にぜひ初めてみてくださいね。

まとめ(仮想通貨って何?)

仮想通貨についてのキホンについてでした。

この記事を読んだあなたが、すこしでも仮想通貨について理解できているとうれしいです!

仮想通貨は、いまやどんどん普及が進んでいるモノなので、これから投資するのもアリだと思います。

ただ、しっかりと自分で調べることは重要です。

投資を怖いものですから(;’∀’)

仮想通貨をはじめるなら取引所に登録※10分で無料登録

この記事を読んで仮想通貨をはじめたいという方にむけて、わたしがオススメする取引所をご紹介します。

取引所を開設するだけなら無料なので、この機会に登録しましょう。

仮想通貨の盛り上がりをつかみ損ねると、せっかくお金を大きく稼げる機会をなくしてしまって損です。

そのような損をしないためにも、はやめに取引所だけでも開設しておくと、損失の回避につながりますよ。

下記から「コインチェック」に無料で登録できるので、損失回避のためにも登録してしまいましょう

\ コインチェックなら5分で口座開設 /コインチェック

>>コインチェック<<

最後まで読んでくれてありがとうございます。

それでは、またね。


コインチェック
BITPOINT
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
仮想通貨とは 基本を徹底解説
最新情報をチェックしよう!