注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

退職できない会社をカンタンに辞める方法まとめ|辞められないなら強行手段もアリな件

こんにちは、マオーです。

今回は【退職できない会社をカンタンに辞める方法】について書きました。

はじめに、お願いがあります。

あなたが、会社を辞めたいのにやめさせてもらいのであれば、最後までよんでください。

この記事を読めば、確実に退職できます。

最後まで読むことで、あなたは明日にでも辞めること可能です。

それでは、次の項からじっさいに解説していきますね。

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

会社を辞められないのは人生の時間をムダにしている

あなたは会社を辞めることができずに、困っていませんか?

たとえば、

  • 退職願を上司が受け取ってくれない
  • 辞めようとしてたら強引な引き留めにあった
  • すぐに辞めたいのに退職までの期間が長い

などなど、このようなことが起きているではないでしょうか?

この状況のままでは、あなたは辞めることができないと断言します。

何かしらの対策を、打たなければなりません。

でなければ、

「あなたの人生の時間がムダになります」

  • 別の企業でのスキルアップ
  • 会社以外の道を目指すこと
  • 資格試験の勉強(簿記や公務員試験など)

上記のようなことに使えるはずだった時間が、どんどんなくなります。

これは、ホントにもったいないことです。

人生の時間は有限ですから。

強引な方法を使えば会社を退職できる

結論から言って、

「強引な方法を使えば会社を退職できます!」

ホントに、辞めることができます。

強引な方法をつかったら、あとで何かあるんじゃ…?

と思われるでしょうが、ご安心くださいね。

  • 報復にくる
  • 転職先の企業に悪い噂を流される

などなど、このようなことは何も起きませんから。

じっさいにわたしは、パワハラを受けていた企業を強引な方法で、退職しました。

ですが、とくに何もされませんでした。

そもそも会社側があなたを強引に辞めさせてくれないのだから、強引な手段を使うのは仕方ないです。

いたくない会社に無理やりいさせられて、自分の貴重な時間を奪われるよりマシでしょう。

ただ、強引にでも辞める方法ってなに?

と思われていると思いますので、次の項からしっかりと紹介しますね。

退職できない会社をカンタンに辞められる3つの方法

退職できない会社をカンタンに辞める方法は下記の3つです。

  1. 上司を飛ばして人事へ退職願いを出し次の日から会社に来ない
  2. 退職代行を利用して退職する※費用がかかる
  3. 休みの日に上司の机にそっと退職願と手紙を置いて辞める

それぞれ詳しく解説していきますね。

上司を飛ばして人事へ退職願いを出し次の日から会社に来ない

退職できない会社を辞める方法ひとつ目は、

「上司を飛ばして人事へ退職願いを出して次の日から会社に来ない」

です。

あなたは、上司が退職願いを受け取ってくれないと悩んでいませんか?

その場合は、上司を無視しましょう。

人事へ、いきなり退職願いを出すのです。

「え?そんなことしていいの?」

「ふつうは上司に認めてもらえないとダメなんじゃ?」

と思われたでしょうが、大丈夫です。

そもそも、最終的に退職願いは人事にいくんですから、問題ありません

先にふつうではない方法で、退職願いを却下していきたのはだれですか?

あなたの上司ですよね。

であれば、こちらでも非常識な手をつかってもよいのです。

「目には目を歯には歯」の理論を使うのです!

会社は、退職願いの提出を受けたら、受理しないといけないルールがあります。

下記に詳しく書かれたサイトがあるので、参考にしてくださいね。

退職届が受理されなくても退職は可能?/転職Q&A ~プロが答えるQ&A(内定・退職・入社)~ |転職ならdoda(デューダ)

つまり、本来は拒否なんてできないんですよ!

あなたの上司が、受け取らないことに問題があります。

よって、強硬手段として退職願いを人事に直接だして、次の日から会社に来ないという手段をオススメします。

あとの手続きは、人事の担当者とするようにして、職場の上司とはお別れしましょう

退職代行を利用して退職する※費用がかかる

退職できない会社を辞める方法ふたつ目は、

「退職代行を利用して退職する」

です。

このサービスはデメリットとして、費用がかかります。

一回の利用で約4万円くらいするので、慎重に使いましょうね。

退職代行は、さいきんよく使われているサービスです。

  • 退職を伝えることが性格的にむずかしい
  • 上司が辞めさせてくれない

という悩みを解決してくれます。

退職にかかわるすべてのことを、業者がしくれるので楽です。

自分は何もしなくて済みますし、会社の人と話すというめんどくさいこともなくなります。

引き止めの説得や退職願いを受け取ってくれない、といったこともおきません。

弁護士が退職サービスを実施しているところもあるので、会社側も下手に手を出せないのです。

一応、弁護士さんが行っている退職代行サービスを、下記に置いておくので参考にしてください。

【退職代行サービス⇩】

どうしても退職ができなくて時間をムダするなら、お金を払った方がマシですね!

休みの日に上司の机にそっと退職願と手紙を置いて辞める

退職できない会社を辞める方法みっつ目は、

「休みの日に上司の机にそっと退職願と手紙を置いて辞める」

です。

超強行手段になります。

しかし正直なはなし、退職できないならこれくらいしてもよいです。

上司も退職願いを、受け取ってくれなかったりするわけなので。

ちなみに、わたしは一度この方法をつかって会社を辞めました。

パワハラや退職日の先の伸ばしにあっていたので(笑)

この手段のポイントは、

  • 有休を計画的に消化する
  • 計画的に行う(休日出勤者のいない日の確認など)
  • 人事へメールで退職する旨とやり取り用メールアドレスを伝える

などです。

とくに、計画的に行うこと&人事への連絡をしっかりしておきましょう。

せっかく退職願を置きに来たのに、だれかにみられるイヤですよね。

引き止められたり、めんどくさい話をされるのは避けたいと思います。

また、人事への根回しはしておく方が楽です。

雇用保険の手続きなどで、あとあとやり取りしないといけなくなりますから。

会社が辞めさせてくれないなら強行手段もアリ

最後にあなたへ、

「会社を辞めさせてくれないなら強行手段もアリ」

だと伝えたいです。

退職したい会社を上司などのせいで、辞められないのはホントに辛いことでしょう。

あなたの人生の時間は、どんどん過ぎていきます。

スキルアップや転職先での経験、夢を追うことに使えた時間が無くなっていくのです。

上司や会社のせいで、貴重な人生がなくなっていきます。

これは、もったいないことです。

会社を辞めれば2度と会わない訪れない場所のせいで、人生の時間がなくなるのはありえません。

だからこそ、強行手段をとることは、間違っていないことだと伝えたいのです。

自分の人生を浪費させてくる会社なんて、今すぐにでも辞めてしまいましょう。

この記事でご紹介した方法を使えば、100%退職可能です。

ぜひ、つかってくださいね。

まとめ( 会社をカンタンに辞める方法 )

【退職できない会社をカンタンに辞める方法】についてでした。

会社を辞めたいのに、退職できないという話をわたしもよく聞きます。

わたしも、強引な引き留めや退職日の引き延ばしにあった経験がありました。

そのため、あなたの気持ちはよくわかります。

はやく、辞めてしまいたいですよね。

安心してください。

この記事を読んだあなたは、もう退職できます。

あなたが自分の人生を、楽しく生きるためにも、はやく辞めれることを祈りっていますね。

【転職を考えているあなたへ】

最後にこの記事を読んでくれたあなたへ、特別にもっともオススメする転職エージェントをご紹介します。

もっともオススメの転職エージェントは、【DUDA】です。

わたしが転職した企業も【DUDA】を使ったのが決めてでした。

とりあえず、DUDAに登録しておけば、できる限りはやく内定がもらえると思います。

登録は無料なので、今すぐに利用するとライバルに差をつけられますよ。

\登録はこちら↓※無料&5分で登録できます/

>>転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス<<

最後まで読んでくれてありがとうございます。

それでは、またね。

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
退職 できない会社 辞める方法
最新情報をチェックしよう!