注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

【上司に退職することを伝える方法まとめ】上司に退職することをうまく話す術を解説

こんにちは、マオーです。

今回は【上司に退職することをうまく伝える方法】について書きました。

はじめに、わたしはパワハラを受けて会社を、「2回」退職した経験があります。

その時に、下記のようなことを経験しました。

  • パワハラを受けていたから退職の相談するのが怖い
  • 上司や先輩に辞めることを受け入れてもらえない(辞めないよう説得される)
  • 退職の意思を上司に伝えるタイミングをなかなか作れない
  • 辞めづらい状況にある(周りが忙しいなど)

あなたも、このような経験があるのではないでしょうか?

正直、退職することを上司に言うのって、とても勇気がいりますよね

ホントにわかります…

わたしもそうでしたから。

伝えづらいし、怖いし、そもそも退職の意思を伝えても却下されるし…

と…わたしもこんな感じになっていました。

この記事では、わたしと同じような経験をされているあなたへ向けて、

「パワハラを受けたわたしが、上司に退職を伝えるために使った方法」

をくわしく解説します。

下記のような方にむけて書いたので、参考にしてくださいね。

  • 退職の意思を伝えるタイミングが作れない…
  • 辞めることを受け入れもらえない
  • 上司に辞めたいと言うのが怖い

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

会社を辞めたいのに退職しないのは時間の無駄です

はじめに、お伝えしたいことがあります。

あなたが会社を辞めたいのに退職をしないのは、

「時間の無駄」

と言えます。

なぜなら、退職しない間にも、次の会社で成長できる時間が無くなってからです

退職するのが確実の会社にずるずるといても、学べることなどはありませんよね。

最終的にやめるのですから。

人間関係や業務内容も、今後の人生に役立つことは、ほとんどないでしょう。

むしろ、ほかに費やせたはずの時間がなくなるというデメリットが存在します。

はやめに退職して、次の会社で人生につながる経験をした方が良いです。

しかし、無くなっていく時間を、転職した次の職場の時間に使えば、

  • 実務経験
  • スキルアップ
  • 職場の人との新たな信頼関係

を積むことができますから。

といっても、退職を決意しているけど、

「退職しようにも、いろんな事情がある」

「やめることを伝えることができない」

という悩みがあるから、あなたはこの記事を読んでいるんですよね。

ご安心ください。

この記事では、だれでも確実に上司に退職を伝えるor会社を辞める方法を解説します

【結論】上司に退職を伝える方法はいくらでもある

結論から言って、

「上司に退職を伝える方法はいくらでもあります」

正直なはなし、ホントにいくらでもあるのです。

確かに人によっては、いろんな事情もあるでしょう。

  • 上司に退職を伝えるのが怖い
  • 辞めることを伝えるタイミングがつかめない
  • 周りが忙しいからやめると迷惑がかかる

など、多くの理由によって、あなたは上司に退職の話ができないのだと思います。

わたしも、パワハラ上司に、退職を伝えるのが怖かった経験がありました。

しかし、冒頭でも申しあげました。

自分の中で、退職することが決まっている会社に、いくらいても時間のムダです。

付け加えるなら、

  • 自分の人生なのに会社に縛られるのはもったいない
  • そもそも退職したら前の会社は人生に関係がなくなる

とわたしは考えています。

自分の人生以上に重要なことってないですよね。

今いる会社を退職したら、自分の人生と前に働いていた企業との関係は切れます

100%付き合いはなくなるのです。

それなら、どんな方法を使ってでも、退職してよいとは思いませんか?

わたしは、良いと断言します。

自分が生きているのは、自分の時間なのですから。

といっても、上司に退職をうまく伝える方法って、なかなか思いつかないですよね。

次からは、上司に退職の意思を伝える、うまい方法を説明していきますね。

上司に退職の意思を伝える方法を5つご紹介

上司にうまく退職の意思を伝える方法は、下記の5つです。

  • 上司が一人のタイミングを狙って会議室に呼んで伝える
  • 同僚が見ていない場所(家や社用車など)で電話でアポを取る
  • メールで時間と場所を指定して退職を伝える
  • 退職代行を使う
  • 【切札】休日に会社に出社し上司の机の上に退職願を置く

それぞれ、くわしく見ていきましょう。

上司が一人のタイミングを狙って会議室に呼んで伝える

上司がひとりのタイミングを狙って、会議室などに呼んで退職を伝えましょう

もっともオーソドックスな方法です。

この方法は上司がひとりのタイミングが、うまくつかめないというデメリットがあります。

上司が一人にならないタイプの職場では、とてもむずかしいです。

ただでさえ退職の意思を伝えにくいのに、さらに難易度が高くなります。

しかし、対策も存在します。

上司が下記のような状況のときに、伝えましょう。

  • 帰宅のときを見計らう
  • タバコ休憩に行くタイミング
  • お昼休憩のときにご飯に誘うついでに

この3つのパターンのどれかでいけば、周りの目を気にせずに退職の話ができます。

わたしのオススメは帰宅のときを見計らうです

上司も帰るつもりになっていて、気が緩んでいるので狙い目と言えます。

あなたが、どうしても今日聞いてほしいと言えば、基本的に話をしてくれますよ

注意点は、あなたが上司にパワハラを受けている場合は、どのパターンもむずかしいです。

そもそも、パワハラ上司は100%あなたの退職の意思を聞いてはくれませんから。

この場合は、別の項の方法を使ってくださいね。

同僚が見ていない場所(家からなど)から電話で伝える

同僚の目が気になって、なかなか上司に退職の意思を伝えるタイミングが作れないことってありますよね。

上司がひとりにならないなんてことは、ザラですから。

その場合は、

「同僚の目がない、家から上司に電話して相談しましょう」

仕事場で、直接伝えにくいのであれば電話です。

上司は、ほとんど会社の携帯を持っていると思います。

その会社携帯に電話をかけて、

  • どうしても話したいことがある旨
  • 退職をしようと思っていること

この2つについて話しましょう。

家から電話すれば同僚に視られることはありません

家から電話して、その流れで退職することを伝えれば、職場の人に見られる心配もないです。

また、直接だとうまく話せなくても、顔を合わせない電話ならうまく話せます。

わたしも、1社目の会社では、この方法でアポを取って退職することを告げました。

もちろん、電話代はかかってしまいますが、そこは退職のためなので我慢してくださいね。

問題は、退職を電話で伝えた次の日に、直接はなす機会をもうける必要がでてきます。

というより、上司から一度はなす機会を作ろうと、言われるパターンになるでしょうね。

最終的には、退職願いを出さないといけないので、ここは我慢して話しましょう。

話すときには、もう退職の意思を曲げるつまりはないとしっかりと伝えてくださいね。

あなたの意思が固いとわかれば、上司もつよくは引き止めません。

ただ、注意点として、上司が会社携帯を支給されていない場合があるのです。

しかし、プライベート携帯に電話するのは、むずかしいと思います。

その場合は、別の方法があるので、次の項をご覧ください。

メールで退職することを伝える

上司に退職を伝えるときに、対面や電話で直接話すのもむずかしい…イヤだなぁ…

と思われる人も、もちろんいるでしょう。

その場合は、

「メールで退職の意思を伝えましょう」

電話や対面だと、声のやりとりがあってニガテ…

と感じるのはふつうですよ。

わたしも口下手なので、うまく話せるか心配でしたから。

正直、別にメールで話しても問題ありませんよ。

退職してしまえば、職場の人との縁はほぼきれるのですから、へんに気にしなくて大丈夫です

電話や対面で話すのが、ニガテな人にオススメの方法と言えます。

しかし、結局のところ退職届けの提出などで、相談の機会を設けなくてはならないのが難点です。

物わかりの良い上司であれば、大丈夫ですが、ときにはメールはダメだという方もいます。

どちらにしても、直接話すときには、しっかりと自分の意思をつらぬきましょう。

すでに、メールで退職の意思を伝えた時点で、あなたは一歩進んでいます!

大丈夫ですよ!

ちゃんと話せば、退職できます!

【切札】退職代行を使う

退職代行を使うのは、切り札です。

  • 電話やメールを無視される
  • いくら相談しても取り合ってくれない
  • パワハラを受けていてどうしても上司に言えない

など、あなたが退職の意思を伝えるために動いても、上司が対応してくれないときに使いましょう。

といっても、個人的にはいきなり退職代行をつかってもいいと思います。

退職の手続きを、すべてしてくれて楽ですし。

上司と直接話さなくて済むので、わたしのような口下手にはうれしいサービスでした。

デメリットとして、お金がかかるので切り札的なあつかいにしました

それなりの金額を取られるので、注意してください。

しかし、使えば確実に退職することができるというメリットもあります。

  • 退職の意思が100%固まっているのに辞められない…
  • どうしても退職の意思を伝える勇気がでない

と悩んでいるときに使うのをオススメします。

性格的にむずかしかったり、上司がひどい人だと、むりやりの方法しかとれないこともありますから。

一応、退職代行サービスをひとつ置いておくので検討してみてくださいね。

【最終手段】休日に会社に出社し上司の机の上に退職願を置く

最後は、最終手段です!

退職代行以外の方法で、会社を辞められず、ホントにどうしようもないときに使ってください。

ただ、あなたがいっぱいいっぱいで、今の会社にいるのがどうしても辛い場合はべつです。

今すぐにでも、この方法で辞めてしまいましょう!

その手段とは、

「休日に会社に出社して上司の机の上に退職願いを置く」

です。

わたしは、この方法で会社を辞めたことがありました。

これを使えば100%の確率で辞めることができます

なぜなら、退職願いを出した人の手続きをしないと、会社が労基に目を付けられたりするからです。

あなた自身が労基に相談にいけば、さらに企業のイメージも悪くなります。

企業にとってはデメリットしかないので、退職願いを受理せざるえないのです。

注意点として、先に人事には話を通しておきましょう。

雇用保険被保険者証の発行など、いろんな手続きがあるためです。

また、計画的に行うことをオススメします。

休日出勤の人がすくなく、会社に人がほとんどいない時間帯を見図りましょう。

職場の人にも、できるだけ会わないように気をつけてください。

呼び止められたりすると、自分がイヤなおもいをしますからね。

退職したいのに辞めさせてもらえないのあれば、強硬手段もやむなしの姿勢でいきましょう

退職を伝えるときに色々考えすぎるのはNG

最後に、

「退職を伝えるときに色々考えすぎるのはNG」

とあなたに伝えたいです。

たとえば、

  • 退職した後に何か言われないか心配
  • 上司に受理してもらえなかったらどうしよう
  • 職場の同僚が忙しくて自分が辞めていいんだろうか

など、上記のようなことを考えてもどうしようもありません。

ムダです。

このようなことを考える余裕があるなら、すぐに退職願いを上司に出しましょう

でないと何もはじまりませんよ。

それに、自分の人生を生きているのはあなたです。

退職して別の人生を歩みたいのではないでしょうか?

ならば、周りのことなど気にせずに、自分のことを考えましょう。

いたくないない会社を辞めて、あなたの人生を一歩を進めることをオススメします。

他のことなど考えずに、会社を辞めるための前進をするのがベストですよ。

まとめ【上司に退職することを伝える方法】

【上司に退職することを伝える方法まとめ】でした。

会社を辞めると決意したものの、なかなか話を切り出せないことってありますよね。

わたしもそうでした…。

あの手この手をつかって、上司を会議室に呼び出しました(笑)

今回は、その時につかってうまくいった方法をご紹介しました。

上司に退職の話をするための道のりも、人によってはたいへん勇気のいることです。

なかなか、タイミングが作れないという方もいるでしょう。

そういった方が、この記事を読むことで、うまく退職を伝えることができるとうれしいです。

転職を考えているあなたへ

最後にこの記事を読んでくれたあなたへ、特別にもっともオススメする転職エージェントをご紹介します。

もっともオススメの転職エージェントは、【DUDA】です。

わたしが転職した企業も【DUDA】を使ったのでが決めてでした。

とりあえず、DUDAに登録しておけば、できる限りはやく内定がもらえると思います。

登録は無料なので、今すぐに利用するとライバルに差をつけられますよ。

【登録はこちら↓※無料&5分で登録できます】

\ 転職エージェントならDODA!無料登録可能 />>転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス<<

最後まで読んでくれてありがとうございます。

それでは、またね。

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
最新情報をチェックしよう!