5000円分の仮想通貨をもらえる裏ワザはこちら

【Amazon Audible(オーディブル)徹底レビュー】メリット・デメリットをご紹介

Amazonオーディブル レビュー メリット デメリット

こんにちは、マオーです!

今回は【Amazon Audible(オーディブル)をつかってみたレビュー】を書きました。

ずっと前から気になっていたサービスなのですが、登録がめんどくさくて逃げてました(笑)

しかし最近になって、音声学習のメリットがとても高いことに気づきました。

さっそく行動して、Amazonオーディブルの無料体験登録しました。

この記事では、Amazonオーディブルをつかってオーディオブック聞いてみた、レビューをします。

この記事を読むと、下記のことがわかります。

  • Amazonオーディブルはどのようなサービスか
  • オーディオブックのメリット・デメリット
  • オーディブルは使えるのか使えないのか

Amazonオーディブルとは?基本情報

Amazonオーディブルとは、Amazonが提供する本を音声で読むことができるサービスです。

主に下記のようなサービスを提供しています。

  • 毎月1冊自由に本を選らんで聞ける
  • 毎月1冊ボーナスタイトルを無料で聞ける
  • アマゾン限定のポッドキャスト好きなだけ聞き放題

Amazonオーディブルは、月額会員制で毎月1500円」かかります。

代わりにサービスのひとつ「毎月1冊自由に本を選らんで聞ける」により、1500円分以上のビジネス書などが音声で読めます。

毎月コインというものが1つ付与されるのですが、コインをつかってAmazonオーディブルの本を一冊無料で買うことができるシステムによるサービスです。

つまり、月額費用で本を毎月1冊買っているようなものですね。

ちなみに、無料体験登録をすることで、1冊分の無料コインをタダもらえるのでお得でした。

Amazonオーディブルのデメリット

まずは、Amazonのデメリットをご紹介しましょう。

Amazonオーディブルのデメリットは、

  • 月額料金が高い
  • 毎月最大でも2冊しか読めない(本をお金で買うなら別)
  • 音声なので字を見返せない

この3つでした。

それぞれについてもう少し詳しく見ていきましょう。

月額料金が高い

Amazonオーディブルは、ほかのオーディオブックを提供しているサービスに比べると値段が高いです。

たとえば、

audiobook.jp聴き放題プラン 750円/月」

です。

Amazonオーディブルと比べると、半額くらいのお値段になります。

しかし、

「Amazonオーディブルは退会後も買った本が聞ける」

というシステムになっています。

そのため、解約したいと思ったときには、Amazonのほうが優れているように感じました。

毎月最大でも2冊しか読めない(本をお金で買うなら別)

Amazonオーディブルは、毎月最大でも2冊までしか月額料金分で読めません。

買える本は2種類で、

  • 毎月付与されるコインで1冊自由に選べる
  • 毎月ボーナスタイトルをランダムに読める

この2つでした。

前項でも出た、「audiobook.jp聴き放題プラン」なら何冊も本を読めます。

多くの本を大量には読めないという点では劣と思いました。

しかし、Amazonオーディブルは返品・交換ができるので、そういったサービスを使えば多少はデメリットの穴埋めができそうです。

また、コイン以外にも追加でお金を払えば本を新たに購入できます。

といっても、大量に本を読みたいなら読み放題サービスでも良いかもしれません。

音声なので字を見返せない

音声で聞くということ自体は良いのですが、個人的な意見を言わせてもらうと、活字で読み返したりできないのがイヤでした。

これは、音声で本をきくこと全般にいえますね。

音声をまき戻して聞き直せばよいと言われればそれまでですが…

字で見ると見返しやすのですが、音声で聞き返すのってすこしだけ手間のように感じます。

また、本の内容のメモをとるときも音声だとむずかしいです。

メモを書きそびれたら、まるで学校の授業の先生の大切なはなしを聞き逃したような気分になります

しかし、現物の本と音声の同時読みをすると、このデメリットは超メリットとなると考えました。

本を買う料金は増えますが、音声で聞きつつ活字でも字を追うことで相乗効果が働きます。

このような方法を使えば、デメリットではなくなるでしょう。

Amazonオーディブルのメリット

Amazonオーディブルのメリットは、

  • 電車などのスキマ時間にインプットできる
  • 読める本が多い
  • 活字がニガテでも本が読める

この3点です。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

電車などのスキマ時間にインプットできる

電車などのスキマ時間って、なんだかんだスマホ見たりで時間をつぶしてしましますよね。

本をカバンに入れているのに、読まないなんてこともあると思います。

しかし、Amazonオーディブルならイヤホンさして音声を流すだけなので、スキマ時間を活用して本が読めるのです。

日本の大人の読書率はめっちゃ低いので、これだけでの周りに差をつけられるのが良いと思います。

読める本が多い

Amazonオーディブルは、

「日本語約1万冊」

の本を買うことができます。

しかも、ジャンルも豊富かつ新作も多くありました。

たとえば、「1分で話せ」

【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所
Amazonオーディブル レビュー メリット デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次