注目キーワード
  1. 仮想通貨
  2. 転職
  3. PLT

【ビットコイン(仮想通貨)投資のメリット・デメリットを徹底解説】仮想通貨に存在するリスクは?

こんにちは、マオーです。

今回は【ビットコイン(仮想通貨)投資のメリット・デメリット】について書きました。

 
サトウ君
ビットコイン(仮想通貨)って今からでも稼げるの?
 
サトウ君
ビットコインのトレード始めるからメリットとか教えてくれ~~
 
サトウ君
仮想通貨で億万長者になりたい!
 
マオー
じっさいにビットコイン(仮想通貨)投資をしているマオーが解説します

この記事を読めば、ビットコインなどの仮想通貨に投資する【メリット・デメリット】がわかります。

※注意点
ビットコインは仮想通貨の一種類です。
詳しく言えば、ビットコイン=仮想通貨ではありません。
ただし、ビットコインに言えることは他の仮想通貨にも適用できることがあるので、ビットコイン(仮想通貨)と書いています。

コインチェック/無料のオススメ仮想通貨取引所 \

【ビットコイン(仮想通貨)】投資のメリット・デメリットをご紹介

ここからは、さっそくビットコイン(仮想通貨)投資のメリット・デメリットについてご紹介します。

次の項から、それぞれ詳しく解説していきましょう。

ビットコイン(仮想通貨)投資のデメリット

ここでは、ビットコイン(仮想通貨)投資のデメリットについて書きました。

デメリットは下記の6点です。

  • ボラティリティが大きく資産が減る可能性がある(損失)
  • 日本円などのように価値の保証がない
  • ハッキング被害にあう可能性がある
  • 寝てる間でも値動きがある
  • 取引所がなくなるリスク
  • 取引が承認されると戻ってこない

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

ボラティリティが大きく資産が減る可能性がある(損失可能性が大)

ビットコインなどの仮想通貨はボラティリティが大きいので、資産が減る可能性がたかいです。

ボラティリティとは、値動きをさします。

つまり、ビットコインなどの仮想通貨は値動きがはげしいということですね。

上記の画像をご覧ください。

画像はビットコインの1時間足のチャートです。

株などでは、これほどはげしい値動きはほとんどありません。

しかし、ボラティリティが大きいということは、逆に言えば大きく稼げる可能性も高いことを意味します。

メリット・デメリットは裏表ということですね。

日本円などのように価値の保証がない

ビットコインなどの仮想通貨は、日本円や米ドルなどのように価値の保証がありません。

なぜなら、ビットコインは発行主体が存在しないからです。

発行主体というのは、日本で言うところの国(政府)や日本銀行などのようなものなります。

つまり、

「国などが作ったお金ではないので価値は保証しませんよ」

ということです。

ハッキング被害にあう可能性がある

ビットコインなどの仮想通貨は、ハッキング被害にあう可能性があります。

仮想通貨はデジタル通貨であるため、ネット上に存在しているのが原因です。

国や大企業がハッキング被害にあうのと同様に、ビットコインもハッキングされて盗まれます。

たとえば有名なのが、「コインチェック」という仮想通貨の取引所を運営する会社がビットコインを盗まれた事件がありました。

ハッキング被害の原因は、ネット上にビットコインが保存されていたのが原因でした。

ネット上に保存しておくことをホットウォレットと言います。

じゃあ、危ないのでは…

と思うのも無理はありません。

しかし、ご安心ください。

コインチェックなどの取引所はこの経験を活かして、ネット上ではなくオフラインの場所にビットコインを保存しています。

オフラインの場所のことを、コールドウォレットと言います。

つまり、ハッキング被害はコールドウォレットにビットコインを保存しておけば、ある程度の対策ができるのです。

寝てる間でも値動きがある

ビットコインなどの仮想通貨は、24時間トレードができます

24時間トレードができるということは、相場が寝てる間も動いているということです。

つまり、寝てる間にビットコインの値段が下がることがあります。

「寝て起きたら、買ったビットコインが半分の値段になっていた…」

なんてことも起こりえるでしょう。

損切り注文も合わせて行っておくなどのリスクマネジメントが重要です。

しかし、24時間トレードできるということは、何時でも稼げるタイミングをつかめるということでもあります。

メリット・デメリットは表裏一体ですね。

取引所がなくなるリスク

ビットコインなどの仮想通貨は、基本的に取引所と呼ばれる場所をつかって取引します。

たとえば、有名なところだと『コインチェック』などです。

自分の持つビットコインを預けているコインチェックなどがなくなると、預けているコインも消滅します。

理由は、コインチェックなどの取引所は、会社が運営しているからと言えるでしょう。

つまり、運営している会社が、

「倒産」

「仮想通貨分野の事業撤退」

などの理由で取引所がなくなる可能性があるのです。

今はまだ仮想通貨の分野が成長途上ですし、ほとんどなくなることはありません。

しかし、ないともいえません。

対策としては、

「自分のハードウェアウォレットなどのコールドウォレット買い、そこにビットコインなどを入れて管理する」

などがあります。

取引が承認されると戻ってこない

ビットコインなどの仮想通貨は、取引が承認されると戻ってきません。

仮想通貨の取引は、取り消すことができないからです。

不正アクセスや送付ミスなどをしてしまうと、大事な資産がかえってこないということがおきます。

ビットコインを誰かに送付するときなどは、アドレスの確認をしっかり行い、ますは少額から送付するなどしましょう。

コインチェック

ビットコイン(仮想通貨)投資のメリット

ここでは、ビットコイン(仮想通貨)投資のメリットについて書きました。

メリットは下記の6点あります。

  • 初心者投資家がトレードしやすい(100円単位など少額投資可能)
  • ボラティリティが大きく稼ぎやすい
  • その他のコインと比べて信頼性が高い(特にビットコイン)
  • お店でお金として使える(決済通貨)
  • 国(日本の政府)に認めれている
  • 将来性がある
  • 24時間トレードできる

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

初心者投資家がトレードしやすい(100円単位など少額投資可能)

ビットコイン(仮想通貨)は初心者投資家がトレードしやすいです。

理由は、投資するときの金額もっとも小さくて数百円で買えるからになります。

たとえば、ビットコイン(BTC)は取引所にもよりますが、

『0.0001BTC』

から買うことができます。

つまり『1BTC=300万円』だとしたら、

300万円×0.0001=300円

でビットコインに投資できる計算です。

株などは100株単位でしかトレードできないので、一度の投資に数万円以上かかります。

初心者投資家は、大きく資産がなくなるのが怖くてなかなか投資できないのではないでしょうか?

数万円が一気になくなるリスクを負うことになるので、怖いですよね…

しかし、ビットコインも含む仮想通貨は100円単位でトレードできます。

100円くらいなら練習料として払ったと思えば、それほど痛くありませんね。

先行者優位を取ることができる

ビットコイン(仮想通貨)投資は、先行者優位を取ることができます

仮想通貨は、まだまだ金融資産として日が浅いです。

株やFXと比べても、登場してきてまだまだ5年ほどの年数しかたっていません。

仮想通貨投資を長年している人でも、5年ほどの経験しかない投資家がほとんどということです。

よって、株やFXに存在している機関投資家のようなプロが、ほぼいないことになります。

つまり、できるだけ早く仮想通貨投資をしておけば周りと差をつけられるのです。

『ビットコインの値動きのパターンや稼げるタイミングなどを先行して経験』

しておけば、周りを追い抜いて稼ぐことができるのは間違いありません。

ボラティリティが大きく稼ぎやすい

ビットコインなどは、ボラティリティが大きいので稼ぎやすいです。

これはデメリットのところでもお話しました。

ボラティリティについてもう一度カンタンに説明すると、値動きのことです。

この値動きが大きいので、上昇トレンドをうまくつかむと大きく稼げます。

しかし、その分だけ資産を失う可能性も高いことをアタマに入れておく必要がありますね。

その他のコインと比べて信頼性が高い(特にビットコイン)

ビットコインは、その他仮想通貨(アルトコイン)に比べて、信頼性が高いです。

理由は、ビットコインは始まりの仮想通貨だからになります。

この世にはじめて誕生した仮想通貨がビットコインなので、人気も根強いと言えるでしょう。

また、時価総額という人気度をあらわす指標でも1位という点でも信頼性が高いです。

わたしが仮想通貨初心者なら、ますはビットコインから投資してみるのが良いと思いました。

お店でお金として使える(決済通貨)

ビットコインは、お店でモノを買うこときの支払いに使えます。

といっても、まだまだ使えるお店は限られていますが…

しかし、年々つかえる店舗数も増えていいるので、普及していくにしたがってビットコインの価値が上がる可能性がありますね。

国(日本の政府)に認めれている

本政府は、仮想通貨を「現金」や「クレジットカード」と同様な決済手段と認めています。

参考までに下記の記事をご覧ください。

ビットコインに関わる仮想通貨法ってどんな法律? – DMMビットコイン

現在は、20以上の取引所が金融庁から正式に「仮想通貨交換業者」として登録されています。

日本もこれからさらに、仮想通貨を利用するための準備が整う可能性がみえてきました。

将来性がある

ビットコインには大きな将来性があります。

その理由は、

  • 総発行枚数が2100万枚と決まっている(希少性が高い)
  • 仮想通貨の基礎(アルトコインにはBTCからしか交換できないモノも存在)
  • 金融不安のある国や地域から注目を受けている

などです。

とくに、総発行枚数が決まっていることがポイントだと思います。

発行枚数が決まっているため、手に入れられる数に限りがあるのです。

金や銀などのように採掘しつくしたら手に入らなくなります

手に入らなくなるということは、希少性があると言えるでしょう。

つまり、金などと同様に希少であるため、価値が上昇する可能性がたかいということになります。

24時間トレードできる

ビットコイン(仮想通貨)は、24時間トレードすることができます

株式投資は投資する時間帯が決まられています。

しかし、ビットコインなどは時間帯を気にせずに、買ったり売ったりすることができるのです。

いつでも投資タイミングがあるのは、素晴らしいと思いました。

コインチェック

ビットコイン(仮想通貨)投資をするなら取引所の口座を作ろう

ビットコインなどの仮想通貨に投資をするためには、「コインチェック」のような取引所に口座を作る必要があります

しかし、取引所はたくさんあるので、どの口座を開設すればよいかわからないこともあるでしょう。

別の記事に仮想通貨の取引所についてまとめているので、参考にしてください。

【まとめ】仮想通貨(ビットコイン)投資のメリット・デメリット

ビットコイン(仮想通貨)投資のメリット・デメリットでした。

仮想通貨はまだまだ株などと比べると怖い部分があります。

だからこそ、メリット・デメリットをしっかりと確認したうえで投資しなければなりません

仮想通貨はボラティリティが大きいので、資産を一瞬で失うこともありますから…

しかしその分、個人投資家が稼ぐことができる可能性も十分あるでしょう。

投資は怖いので、ちゃんと勉強してからトレードすることをオススメします。

【仮想通貨をはじめるなコインチェックに登録※10分で無料登録】

この記事を読んで仮想通貨をはじめたいという方にむけて、わたしがオススメする取引所をご紹介します。

取引所を開設するだけなら無料なので、この機会に登録しましょう。

仮想通貨の盛り上がりをつかみ損ねると、せっかくお金を大きく稼げる機会をなくしてしまって損です。

そのような損をしないためにも、はやめに取引所だけでも開設しておくと、損失の回避につながりますよ。

下記から「コインチェック」に無料で登録できるので、損失回避のためにも登録してしまいましょう

コインチェック

>>コインチェック<<

最後まで読んでくれてありがとうございます。

それでは、またね。

コインチェック
フォビジャパン(Huobi Japan)
/ 無料のオススメ仮想通貨取引所 \
ビットコイン 仮想通貨 投資 メリット デメリット
最新情報をチェックしよう!